ロムルス・アウグストゥス級巡洋潜水艦

出撃
Romulus-Augustus Class Cruiser Nuclear Submarine

【概要】
民主連邦海軍が開発した大型原子力潜水艦。
戦略型原潜という至極まっとうな兵器の一方、三連装砲といったかなりのロマン兵器的な要素も多分に含んでいる。
いわば多用な任務に従って運用できるようにした潜水艦である。よく言えば万能、悪く言えば器用貧乏。

世界でも屈指の大型潜水艦であるが、この大きさで船型というのも珍しい。そして三連砲がついているのはこれだけである。
ちなみに艦名のロムルス・アウグストゥスとは西ローマ帝国最後の皇帝の名前である。


【開発経緯】
民主連邦海軍にはかねてより超大型潜水艦を建造する計画があった。

それはロマンと空想の産物であった。
潜水艦から水上機が発進でき、砲撃戦でも戦艦に引けを取らないような「潜水戦艦空母」計画であった。
また、大型潜水艦の周りに中型潜水艦を並べて「潜水艦隊」を作るという計画もあった。
現在海軍にて採用されている『ペトロ二クス・マクシムス級潜水艦』はそのための中型潜水艦として建造されたのである。

一時期海軍の兵器局は本気でこの計画を実現しようとしていた。
多くの設計図が兵器局に持ち込まれていたのである。

設計図
〈設計図の一つ。水上機が描かれていることがわかるだろう。〉

結局この計画は技術、そして何よりも予算の都合上によっていつの間にか忘れ去られていた。

時は流れて2年後。民主連邦海軍は窮地に立たされていた。
頼みの駆逐艦2隻は旧式化し、最早極東における海軍力の主導権は喪失していたのである。
そこで切り札として核ミサイルが搭載できる戦略兵器、原子力潜水艦を建造することに決定したのだ。
予算は幸い何とか確保できた。

建造は困難を極めた。
民主連邦にとってこの大きさの潜水艦は今まで建造したことがなかった。
中型潜水艦でさえ何度も浸水事故を起こしたのである。
当然今回も多発し、30回の浸水事故と25回の爆発事故を起こした。
造船所の周りでは漁礁が大量生産された。

しかしもっとも心配されたのは原子炉である。
民主連邦にとって兵器用の原子炉は未知の領域であり、着手しようがなかった。
それに一発でも事故が起こった場合さすがに洒落にならない被害が出る危険性もある。
更には潜水艦用の核ミサイルも作るのである。
周辺諸国も「これはまずいのでは」と事態を深刻に捉えた。

そこで技術力に名高いアストメリア共和国(以下AMR)から技官を招聘し、原子炉と核ミサイルを作ってもらうことにした。
何故かAMRには原子炉や核兵器がないものの技官は製造方法を熟知していたのである。
結局核関連のみならずいろいろな技術面においてAMR技術陣を頼る事となった。
AMRは内陸国なのだが。

P1010480.jpg
〈建造中の様子。〉

そして建造から3ヶ月後、その巨大な図体はタラント軍港に姿を現した。
それはまさしく戦略兵器と言う名にふさわしいものであった。
海軍は単なる潜水艦に止まらないということで「巡洋潜水艦」という名前を与えたのである。

P1010483.jpg
【武装:28cm三連装砲*1 VLS*6 80cm魚雷*2 48cm魚雷*8 乗員:10名】

P1010487.jpg
潜水艦としてはありえない主砲28cm三連装砲。浮上から発砲まで時間がかなりかかる。

P1010488.jpg
水上用レーダーと水中用レーダー。潜望鏡は折りたためる。主砲のために測距儀が艦橋横に見える。

P1010489.jpg
VLSはいろいろと浸水が怖いので浮上したからじゃないと撃てない。後部のハッチはVLSではなく人員用である。

P1010490.jpg
前部魚雷発射管。攻撃型原潜にもなろうと欲張った結果の重武装である。
必殺の80cm魚雷発射管が2基、48cm魚雷発射管が4基。

P1010491.jpg
後部から。後部にも48cm魚雷発射管を4基装備している。

P1010492.jpg
後部機銃。対空戦闘はいろいろとあきらめている。

P1010493.jpg
原子炉はアストメリア共和国の力を借りて作成された。

P1010494.jpg
船内の様子。二段ベッドやガスコンロといった生活面にも一応の配慮が繰り広げられている。

BkOgq6ACcAABFvz.jpg
船内前部。80cm魚雷は内部から装填するためにハッチが開く。

Bk_7sASCUAAKzqS.jpg
進水式の様子。大統領が視察し、水兵たちを激励した。

この潜水艦がはたして役に立つのかは不明である。多分役に立たないと思う。
それでも核兵器を含んだSSBMが撃てることには変わりなく、民主連邦が大国としての矜持を保ち続けるささやかなアイテムの一つなのである。



【開発後記】

ついにできました。原子力潜水艦です。
作ろう作ろうと思ってから2年、ようやく製作することができました。
といっても一気呵成に創り上げたので実際の製作期間は3ヶ月ほどなんですが。

思うままに作ってみましたが意外と船型の再現が楽に行きました。
僕の脳内の潜水艦と言えば葉巻型ではなく船形なのです。

今回はかなりギミックをつけてみました。いろんなところが開いたり閉じたりします。
傍らに置いてぱかぱか遊びたいですからね!

ユリアヌス級特等駆逐艦 

BimOIZOCEAAARxO.jpg
Julianus Class Super Heavy Destroyer


【概要】
民主連邦海軍が鳴り物入りで建造した新鋭駆逐艦。
駆逐艦とは思えない頭が悪い超火力を誇る。
そのために「特等駆逐艦」という新しいクラスに分類された。
なおレゴシティ合衆国から設計図をいただき一部改造を施している経緯を持つ。



【開発経緯】
大艦巨砲主義。

なんて素晴らしい響きであろうか。

そう常に考えている民主連邦海軍は駆逐艦に重巡並みの砲火力を編み出すことを考え付いた。
彼らにとって砲火力こそがすべてでありミサイルやCIWSなどは眼中にもなかった。
結果的に民主連邦海軍の艦艇はガラパゴス的独自進化を遂げていたのである。
役に立つかどうかは別として。

その要望にうまく乗っかったのがレゴシティ合衆国である。
合衆国はちょうど艦艇の売り出しを進めており、民主連邦は極めて魅力的な市場であった。
そこで船体に連邦特別仕様の装備をつけて売り出したのである。
さすがである。

その武装はまさに夢のようであった。
重巡並みの28cm三連装主砲を二門も搭載し、副砲、高角砲、機銃と武装は満載であった。
駆逐艦としては異次元の火力を持っていた。
その代りVLSやCIWSはすべて省かれていた。
民主連邦海軍は設計図を購入した。

建造は御用企業、銀星重工によって驚くほど順調に進み
(といっても28回の浸水事故と7回の爆発事故はあったがいつもの事であるので「順調」である)
その姿は海軍の主要軍港タラントに表した。

ユリアヌス
【武装:28cm三連装砲*2 5インチ砲*1 12.7cm連装高角砲*2 13mm機関砲*2】

後面
〈後部から。副砲はLEGO連合王国の5インチ砲をライセンス生産したものである。〉

P1010469.jpg
ユリアヌス自慢のレーダー。LEGO大国からのライセンス生産。
民主連邦海軍の中では一番の性能を持つ。

P1010471.jpg
側舷から。連装高角砲(USLC製)がみえる。

進水式
〈ユリアヌス級の進水式。大統領と補佐官が中央に。〉

ユリアヌス級は世界各国に衝撃をもたらした。
21世紀にこの船をよく建造したな、という点でである。
各国からは「ないよりまし」という極めて高い評価を与えられている。



【開発後記】
ついにできました!新鋭艦です。
大艦巨砲主義はロマンですよねぇ。
いろんな国からいろんな技術をくっつけています。自国製がない。
レゴシティ合衆国、LEGO連合王国、LEGO大国には多謝です!

十四式重攻撃機シンマクス

P1010422.jpg
Type 14 Heavy Attack Plane Symmchus


【概要】
民主連邦海軍が主導で開発された四発攻撃機。
極めて高い搭載量を誇り、敵主力艦の一撃轟沈を狙う。
レシプロの四発機が敵艦に近づけるかどうかは謎である。
ブリック共和国からライセンスされた『ニューニ』を参考に大型化された。


【開発経緯】
民主連邦海軍は戦略として主力艦同士の戦闘により制海権を握るというものを想定していた。
そのためには敵艦より優勢な戦力を整えておくというのは当然である。
敵艦隊より長射程・高火力の艦艇を持つという事に海軍は全力を振り向けていた。

海軍力に関しては以前より自信を持っていた。
民主連邦海軍には大型の駆逐艦『ホノリウス』級が2隻も配備されていたからである。
また新鋭駆逐艦も進水予定であった。
「我が海は一カイリたりとも侵させはしない。」海軍大臣はこう明言していた。

しかし近年の諸外国の急速な軍拡はこの甘い想定を容赦なく粉砕した。
数年前と比べて明らかに民主連邦海軍の相対的な戦力は低下していた。
このままでは主力艦同士の決戦では勝てない。
頭の弱い海軍高官たちでも現実を理解し始めていた。

そこで海軍は新たに「漸減邀撃戦法」を考えた。
これは敵艦隊と主力艦同士で決戦する前に補助戦力で相手の戦力を低下させるというものである。
例えば潜水艦、魚雷艇、そして攻撃機・爆撃機などである。
今回紹介する『シンマクス重攻撃機』もこの考えから開発された。

「どうせ作るなら敵艦を一撃で屠れる武装にしようぜ」
この意見の結果莫大な搭載量を持った重攻撃機は生まれた。
以前に導入された『ニューニ』を大型化して、発動機をそのまま四発にしたのである。
ついでに機銃もたくさんつけた。

敵艦を一撃で沈める武装として巨大な対艦ミサイルが考案された。
そしてそれを乗せるために搭載量も比例して増大していった。
結果的にニューニの8倍の搭載量となったのである。

シンマクス重攻撃機
【乗員:2名 武装:5t対艦ミサイル「テンタクル」もしくは1000kg爆弾*8 20mm機関砲*2 30mm機関砲*1】

四発のレシプロ攻撃機ではたして敵艦に当てれるかどうかは謎である。
少なくとも満載状態では絶望的な機動力しかない。

翼
両翼には20mm機関砲が備えてある。
エンジンは『ニューニ』と同じ型である。


後部
〈後部には30mm機関砲が搭載されている。ただし気休めである。〉

テンタクル対艦ミサイル
一撃必殺の兵器『テンタクル』対艦ミサイル。
重量は驚きの5t。当たれば大抵の船は轟沈するだろう。
もちろん当たればだが。

運搬
『テンタクル』対艦ミサイルは特注で作らせたため専用の運搬車が必要である。
とにかく重い。


P1010421.jpg
参考にした十三式重戦闘機ベリサリウスと本機。
一回り大きさが違う。


【性能】
ペイロードは民主連邦が擁する航空機の中で屈指の性能である。
対艦ミサイルを装備する場合は少なく、むしろ通常爆弾がよく装備された。
匪賊ゲリラ反政府勢力には爆撃が一番だということで華南共和国西部の敵対軍閥へ爆弾の雨を降らしたこともある。
航続距離ももともと洋上を飛行する想定がなされていたため長く、かなり好評だった。

しかしとにかく重く機動力が絶望的であり、対空砲火に捕まった場合容易に喪われた。
ろくな航空戦力を持たなかった反政府勢力でさえかなり苦労したため、敵戦闘機が出現した場合さらに厳しくなると想定されている。多分後部遠隔機銃はあんまり役に立たない。




【開発後記】
巨大なミサイルを発射したい!
その考えだけで作られたのがこれです。
なかなかうまく行きましたけど脚が完全にしまえないという酷い欠点があります。大丈夫か。



プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR