十二年式重機関銃

CgkR2o9UgAAbfhl.jpg
12th Year Type Heavy Machine Gun


【概要】
民主連邦軍が配備する制式重機関銃。誉れある国産兵器である。
口径は7.7mm。既に配備されていた七年式歩兵銃改と同じ弾薬を使用する特徴を持つ。
歩兵部隊の頼れる相棒であり、万年火力が足りない軍を支える存在である。
ただしとてもとても重い。弾薬も含めると更に重い。


【開発経緯】
民主連邦軍の根幹を通底する思想は精神主義、そして銃剣主義であった。
例えどのような防御陣地であろうと、精兵による鋭い銃剣による突撃は万難を排すと考えられていたのである。
諸外国から見れば顧みられもしない遅れた発想であったが、当の本人達は極めて真面目であった。
勿論そこには末端の一兵士の居場所は存在しないのであった。

しかし数度に渡る華南共和国内での戦闘は理想を打ち砕き、19世紀的ロマンを粉砕した。
そこは現実が支配する戦場であったのである。
劣った戦略を持つ民主連邦派遣兵達は泥の中にのたうち、銃弾になぎ倒され、骸を晒した。

敵対する軍閥勢力の中で最も猛威を振るったのは機関銃であった。
特に口径12mm相当の西方の国から輸入された重機関銃は破壊的な性能を持ち、唸る作動音を聞くだけで民主連邦兵を震え上がらせた。
この恐ろしい重機関銃は歩兵突撃を粉砕するだけでなく、貫徹力の高さにより装甲車両さえ葬ることができたのである。

P1010627.jpg
〈重機関銃により破壊された民主連邦陸軍装甲車両。背面ならば十分に撃破することができた。〉

以上の散々たる結果を鑑み、民主連邦兵器局は歩兵部隊が使用する機関銃の配備を大慌てで決定することにした。
そして早急に大量に数が要り、恒久的な整備が必要なことから、国産にすることも併せて決められたのである。
いつものように陸戦兵器に定評のある銀星重工に出された「新型機関銃」の要望書の大枠は次のようであった。

・補給上の観点から歩兵銃と同様の弾薬を使用すること
・銃身の長寿命化を狙い水冷式にすること
・安定した射撃を可能とするため三脚式にすること
・2~5名の歩兵で運用できるよう三脚を折り畳み式にし、重量を抑えること

この要望は特に精密技術に劣る民主連邦工業力ではなかなかに野心的なものであった。
つまりはコンパクトな機関銃が出来ない訳であったため、必然的に重機関銃となった。
そして工作精度も全体的にあまりよくなかったので、量産しても不良が出にくいように余裕を持たせて設計し、更に重くなったのであった。
様々な他国の様々な機関銃を参考にし、場合によってはパクリつつ、銀星重工開発部は何とか半年後に試作品を兵器局に提出したのであった。
兵器局は満足し正式に量産を開始、兵士の受難はここから始まったのである。


【性能】
本機関銃は量産性と整備性に振り切って設計されたため、信頼性は極めて高かった。
本国の熱帯雨林、華南共和国の峻険な山岳地帯や極寒の戦場、どのような場所に運び据え付け射撃しても滅多に故障しなかったという。もちろん他の兵器は頻繁に故障したが。
前線の兵士達はその無故障性に喜び、「唯一の友人」「戦友が動かなくなってもこれだけは動く」等と絶賛された。
また、歩兵銃の弾薬を使用する設計も好評であり、兵站上の問題を劇的に解決した。

CgkR6J0U0AAx7w7.jpg
〈射撃を敢行する民主連邦兵。本機関銃は2名ないし3名で運用された。〉

十二年式機関銃最大の問題はやたらと重量過多なことであった。
重量の主な要因は銃身であった。巨大な外筒が纏わりついていたためである。
外筒には銃身を冷やすために水がたっぷり入っており、それがさらに取り回しを低下させた。
民主連邦の未熟な工業力は熱に耐える特殊鋼の量産もままならなかったのである。
結果としてなるべく負担を与えないように外筒が巨大化したのであった。

CgkR73LU4AAtf1D.jpg
〈3名で運搬することができた。どのパーツも30kg程度あって足腰を効率よく痛めることができる。〉

CgkR4dvUYAAhv1z.jpg
〈射撃状態の様子。本機関銃はベルト式給弾が主であった。〉

他にも射撃手が照準で狙うと左手で引き金を操作せざるを得なくなる、でかくて目立つ等細かい欠点はたくさんあった。
初の国産機関銃上いろいろと致し方ないことであったのである。


【運用】
十二年式機関銃は急ピッチで量産され、歩兵20名につき1挺という割合で配備された。
これにより、民主連邦陸軍歩兵は飛躍的に火力が高まったといえよう。
歩兵火力だけはやたらと高い軍隊だったのである。

一個大隊
〈歩兵20名で重機関銃が1挺配備された。この数が民主連邦陸軍の基本単位である。〉

一方で派生型は多くなく、ほとんどが歩兵部隊によって使用された。
装甲車や飛行機の防御機銃にする案もあったが、とにかく重く取り回しが良くなかったので敬遠されたのである。
ただし、即席でたびたび本機関銃が輸送車両や貨車に取り付けられている例はしばしばみられる光景である。

CkEazIqWkAE4mHe.jpg
〈四輪自動車に備え付けられた十二年式機関銃の例。取り回しは凄く悪いはずである。〉




【開発後記】
たった数パーツだと製作したとは微妙ですが重機関銃です。
兵員に一定割り当てる感じがいいです。やはり近代軍隊の基本ですからね!



殄Ⅰ型重戦闘機ピルム

CxEGbk7VIAIx_Hs.jpg
Type Ⅰ Heavy Fighter Plane Pilum


【概要】
民主連邦陸軍が保有する双発重戦闘機。意気揚々な国産機である。
空力的に洗練された流線形でスマートな機体が特徴。
主な任務は制空だが、何と一機で制空・爆撃・偵察と様々な任務ができるように設計されている。
戦闘機としても重武装である。とってもお得だ!
もちろんそんな都合のいいことがなく、重篤な問題を抱えながら本機は今日も元気に民主連邦の空を飛び回っている。
ちなみに「殄」は長距離を飛び、敵地を制圧する制空戦闘機につけられる名称である。

【開発経緯】
撃Ⅰ型戦闘機「グラディウス」の運用に成功した民主連邦陸軍。
グラディウスの量産により民主連邦航空技術の基礎は構築されたことは疑いない。
いよいよ満を持して設計から量産まで国産化する時が来たのであった。
グラディウスは優秀な戦闘機であったが、要撃戦闘機的な色彩が強かった。
大馬力エンジンで小柄な機体は敵地に打って出て、敵戦闘機をあらかた落とし、制空権を奪取するような任務には向いていなかった。特に航続距離が足りなかったのである。


CpP9_1JVMAACyGb.jpg
〈撃Ⅰ型戦闘機「グラディウス」。いろいろと小型なため航続距離はなかった〉


外征を志向した軍隊である民主連邦陸軍兵器局は、それではいかんと長距離戦闘機を国産化することを決定する。
そして遠隔地で重武装を発揮できる余地が多いと判断し、新型戦闘機は双発機とすることにしたのであった。
使用するエンジンは「グラディウス」にも使われた大馬力空冷エンジン「シリウスA型」である。

その一方で民主連邦陸軍は貧乏な軍隊である。
陸軍上層部の幾方面から「どうせ双発機にするなら多用途に使えるようにしよう」という声が上がった。
事実発動機の出力には余裕があった。
そのため陸軍上層部、前線司令官、機甲部隊、歩兵部隊と様々な将官から出る様々な要求をほぼ際限なく仕様書に盛り込んでしまったのであった。
届かないのは最前線に立たされる将兵の声だけである。

こうしてできた要求仕様書「F1/16」に受注メーカーである銀星重工は目を剥いた。
主な要求をまとめると「戦闘機・爆撃機・偵察機として満足に使える双発重戦闘機」というものであった。
律儀な銀星重工設計部はすべて実現しようと躍起になって取り組んだ。

遠隔地を駆け、敵航空機を叩き落す双発重戦闘機としては後方に大口径の機関砲を搭載した。
爆撃機としては速度を稼げるように流線型を志向し、複数個所に防御機銃を搭載した。
そして偵察機としては長時間飛べるように胴体下部に大容量燃料タンクを装備した。
設計は要求に沿おうと極めて総花的なものとなったのである。

製作された試作機は流線形を志向したため双発機としてかなり飛行性能が高い機体となった。
特に高速性は申し分なく、単発単座の撃Ⅰ型戦闘機に匹敵するぐらいであった。
問題点は後方の視界確保のため双垂直尾翼式にした結果安定性が不足していたぐらいで、これも垂直尾翼を一枚付け足すことで解決した。


CxCN3Q8VIAAEgvM.jpg
〈試作翼と武装を公開する銀星重工設計陣の様子。着実にフラグは積み重なる〉


これはいけるぞと陸軍兵器局は早速銀星重工に量産を命じたのである。
主要任務は制空なため戦闘機という名称だが、場合によっては爆撃も偵察もできることを当然見越してのことであった。
これにより複数機種の航空機をわざわざ配備運用することもなくなり、極めて効率よくかつ経済的に大航空部隊を編成できる。
陸軍上層部はそんな(捕らぬ狸の皮)算用を立てていたのである。

こうして生産し順次配備された殄Ⅰ型双発戦闘機は前線将兵から「何か凄い最新鋭の戦闘機が配備されるらしい」と大変な期待を一身に受けたのであった。
その全金属性の近代的でスマートな姿はその期待に全身で応え、歓喜の声で迎えられた。
しかしその声が絶望と怨嗟の声になるまで時間はかからなかったのである。


【性能諸元】
CxEG_RuUkAA7sPP.jpg
【乗員3名 武装20mm機関砲×1 13mm機関砲×3 100kg航空爆弾/焼夷弾×4】

CxszYe0UUAEvFLy.jpg
二基の「シリウス」空冷発動機。
基本的には撃Ⅰ型戦闘機と同じものだが、双発にするため回転方向の調整など小改造を施したためB型と呼称される。

CxENVayUQAAsgg6.jpg
偵察機としての運用を見越して広い視界を確保するため、大型のキャノピーが機首に配置されている。
しかし操縦席は機銃席の後ろにあるため絶妙に見えない。
防御用武装として13mm機関砲が最前方に1挺装備されている。

CxszZNsUAAA_loF.jpg

CxEK_0RUAAAgEEc.jpg
必殺の後部銃座は20mm長機関砲。
後ろから追ってくる戦闘機を追い払うどころか一撃で屠れることを狙い搭載された。
弾数が一弾倉20発、更に交換も含めて80発しか搭載しておらずいろいろと不安が残る銃座である。

Cxsz-VCUcAAogee.jpg
主翼を展示公開した写真。楕円翼が特徴的である。
翼内機銃は13mmが1挺ずつ搭載されている。
小型爆弾(100kg相当)も合わせて4発載せることができる。

CxEKwZlUUAE_hKs.jpg
流線形が美しい本機。
試作型・初期生産型はそれに合わせて引き込み脚だが、後に着陸時やたらと主脚が折れ、以降固定脚になってしまった。
速度はあんまり変わらなかったから気にしないことにしている。


【実戦】
満を持して実戦に投入されたのは民主連邦陸軍の多くの他兵器と同じく華南共和国内の敵対軍閥との争いであった。
ろくな航空戦力を持たない敵勢力に対し爆撃は効果的と考えた軍上層部は、早速本機を爆装させ威風堂々出撃させたのであった。


C0MvUMGUkAEJM4l.jpg
〈前線飛行場でグラディウスと共に待機するピルム。中期生産型なので固定脚である〉


結果はあまりにも惨めなものであった。
まず爆弾搭載量が爆撃機としては僅か100kg×4と到底少ない内容であった(ちなみに撃Ⅰ型戦闘機は100kg×2が搭載できた)。
いくら大編隊を組んで爆撃を仕掛けたとしても打撃力が乏しいことが判明したのである。

また戦闘機としても鈍重で、敵の対空砲火をよけつつ爆撃、そして機銃掃射なんてことは不可能なことが明らかとなった。
単葉戦闘機相手だと容易に後ろをとられてしまうことが判明したのである。

そして最も重要な欠陥として偵察任務用に搭載した胴体下部の大容量燃料タンクは被弾すると容易に漏出し、最悪の場合火だるまになるということがわかってしまった。
意気揚々と爆撃に向かったピルムの少なからぬ数が被弾炎上墜落し、僚機が燃え堕ちる様相を見た他の搭乗員の士気は軒並み下がり、乗機拒否が相次いだという。
結局のところ戦闘・爆撃・偵察に使える多用途機なんてものは全て幻想にすぎなかったのだ。
後に残ったのは中途半端で高価な駄作機なのであった。

CxEKxM7UQAE2yaT.jpg
問題の胴体下部燃料タンク。
大容量だが対空砲火に当たりやすく、簡単に火が付く。


CxEGcYkUUAAK4WW.jpg
〈横から見た本機。後部の長20mm機関砲が目立って印象的である。でも弱い〉


それでもたくさん量産してしまったこともあり、また航続距離だけはそれなりにあるため現在も主要な航空部隊に配備されているという。
将兵からの愛称は「火の鳥」である。



【開発後記】
器用貧乏な万能双発戦闘機、1930年代中ごろにありそうな感じを狙って作ってみたものです。
特に前面キャノピーがいい感じになりました。なかなかスマートでかっこいい!って感じです。
開発方面の参考はフランス軍のBCR計画辺りを基にしています。
グダグダ感も含めてなかなか好きなお話ですね。

撃Ⅰ型戦闘機グラディウス

CpP-BxAUMAAj45q.jpg
Type Ⅰ Interceptor Plane Gradius


【概要】
民主連邦陸軍航空隊の数的主力を務める単座単葉のレシプロ戦闘機である。
同国初の全金属製単葉戦闘機であり、設計から製造に至るまで友好国の航空機メーカーの手厚い支援を要した。
そのため本機が配備された際、その洗練されたデザインから、陸軍は国内外に最新鋭戦闘機として喧伝した経緯を持つ。
ちなみに名称の「撃」は要撃戦闘機として民主連邦陸軍で使われていることを示す。

1000馬力超えの大型空冷エンジンを装備する頑丈な機体であり、優速性と防弾性能に定評がある。
一方で格闘戦は苦手であり、また航続距離も平均して劣る。迎撃戦闘機としての性格が強い。
その無骨で寸胴な姿はまさしく民主連邦陸軍航空隊の象徴であり、現在でも多くの将兵に愛され、今日も連邦中の空を元気に飛び回っている。


【開発経緯】
硬直した組織、そして全般的な機械工学技術不足の結果、諸外国と比較して旧式兵器を運用することに不名誉な定評がある民主連邦軍。
その中でも著しい遅れが指摘されていたのが航空機分野であった。
民主連邦には陸海軍それぞれに航空隊が存在していたが、その何れも型落ちの複葉戦闘機を主力としており、以前から質的不足が指摘されていたのである。

保守的な運用思想にどっぷり染まっていた民主連邦軍上層部達も、さすがに自分の居場所や首都が爆撃に対して無防備である状態は危機感を持って受け入れられ、連邦内の有力軍需企業に新型戦闘機の要望書を送ったのであった。
陸軍は「十五年式試作戦闘機計画要求書」を提示し、各メーカーに協力を呼びかけたが、銀星重工のみの参加となった(当時民主連邦内で航空機が設計可能な会社は他に2社存在したが、海王社は海軍の戦闘機設計で忙しく、また弱小メーカーである赤星発動機は銀星重工による圧力で辞退していた)。

Cqm2HcXUkAACkiE.jpg
〈銀星重工開発部社員たち。青い制服は理工学エリートの証だ。〉

計画要求書では「全金属製」の「単座単葉」戦闘機であることが前提として求められた。
更にまだ影も形もない1000馬力空冷エンジンを搭載することまで指定されている。
いずれの条件も民主連邦ではほとんど未知の領域であり、独力での開発が困難と直感的に悟った銀星重工は海外の優秀な航空機メーカーと提携する方法を選んだ。
提携した海外メーカーもほぼ未開拓といえる民主連邦軍需は魅力的に映ったようであり、かなり前向きに協力した。
その結果製造機械を含む優秀な機材や技術者が民主連邦国内に流れ込み、連邦の航空技術は格段の改善を見せるようになったのである。

ほぼ他人任せとも言える開発チームの奮闘の結果、設計からモックアップ、試作まで極めてスムーズに進んだのであった。
試作機第1号は要求書提示のわずか半年後に姿を現した。
羽布織の複葉機に見慣れていた民主連邦の軍人達が全金属製単座単葉機を見てその近未来的な姿に驚嘆したのはある意味当たり前だったであろう。
ある航空将校は「試作機は光でキラキラと反射しており、その機体は未来を纏っているように見えた」と書き残している。

輝く全金属製であることから、ラテン語で短剣を意味する「グラディウス」と名付けられた本戦闘機は民主連邦航空技術の飛躍であり、マイルストーンとなった。
もっとも殆ど外国の技術を用いて(治具や製造機械も含めて!)造られたという点は民主連邦軍の後進性を示すことでもあったのである。

CpP9_1JVMAACyGb.jpg
〈横から見るとかなり寸胴で特徴的な機体である。右側面には必殺の13mm機関砲が装備されている。〉

CpP9_IKVIAAwb6o.jpg
〈空冷発動機「シリウスA型」は故障が少なく整備も楽なことから百姓エンジンと呼称された。〉


【性能】
本機は以前運用されていたいずれの戦闘機も凌駕する性能であり、また量産性も考慮されていることから、量産からいくばく経たずしてほとんどの一線級航空部隊で運用されることになった
。配備にあたって最優先されたのが首都の防空部隊であり(首脳陣にとって自分の身を守る事が何よりも重要であった)、その後火種を抱える北部の国境地帯へ次々と送られていった。
前線の兵士達はその先進性に驚き、多くは歓迎した。

配備時に戦闘機パイロットや航空参謀を巻き込んで議論されたのが「旧式の複葉機に格闘戦で勝てるのか」というものであった。旧型機を好む一部の軍人達は複葉機の方が旋回性能に秀でているため、格闘戦において本機は旧型機に劣ると主張したのである。
実際に模擬空戦が何度か行われ、その結果確かに複葉機の方が旋回性に優れているものの、格闘戦で決定的に不利になるような差はなく、一撃離脱戦法に徹すれば圧倒的にグラディウスの方に分があることが判明した。
この議論はその後爆撃機が高速化したこともあり、徐々に終息した。
この結果格闘戦主体であった航空戦術が一部見直されることとなった。本機の配備はドクトリンまでも変えたのである。

C0MvLdlUoAAkyCV.jpg
〈前線飛行場で待機するグラディウスの群れ。臙脂色の国籍カラーが映える。〉

C0MvMvIUkAAdhPh.jpg
〈出撃直前の様子。本機は民主連邦陸軍作戦戦闘機の大半を占め、どこの飛行場でも見れる〉

十六年式戦闘機の欠点としては航続距離と飛行時間の短さが上げられる。
小型の機体に大馬力エンジンを積んでいたため、開発時から脚が短くなる事は指摘されていたが、海軍と比べて陸上の飛行場がある陸軍は問題が少ないと考えたのであった。

しかしいざ配備してみると、爆撃機を直衛できない点や頻繁に着陸補給を要求される点に対する不満が随所から起こった。
これは民主連邦北部にある華南地域への干渉紛争が勃発した際、長距離爆撃機隊に本戦闘機がエスコートできず、爆撃機に被害が続出したことから更に不安が高まった。

兵器局はそれに対して燃料搭載量を増やした改良型増槽を泥縄式に開発・運用したが、重い増槽を付けた分燃費が悪化し、抜本的な対策にならなかったのである。
本機は迎撃機的な要素が強く、打って出るような戦闘機の必要性を認識した民主連邦軍は新たな戦闘機を開発することになる。

なお当初の十六年式戦闘機スパタの武装は機首に7.7mm機関銃を2挺装備したのみであった。
しかし運用を重ねるごとに敵爆撃機に対する迎撃が主目的となり、威力不足が指摘されたために、改良型には13mm機関砲が機首の片側に取り付けられている。
13mmには焼夷弾や炸裂弾を搭載することができたため、これにより大型機にも有効なダメージを与えることが可能となった。
その一方で機体の片側に大型の機関砲を載せたことから重量増大並びにバランスが崩れ、空力的にも悪化したことから少なからず速度が低下したのであった。
また13mm機関砲は中軸から少し外れた場所に取り付けざるを得なかったため、小型機に対する命中精度も微妙である。
しかし大型機やソフトスキン車両を屠れる能力を得たため、現地部隊からはおおむね好評であった。

現在戦闘機として民主連邦陸軍航空隊各部隊にて運用されているほか、頑丈な機体と馬力のある発動機を活かして戦闘爆撃機としても重宝されている。
なお搭載武装としては250kg爆弾を2発積むことができ、地上攻撃の際に一役買っているという。




【開発後記】
レシプロ戦闘機に回帰してから初めての作品。
といっても缶詰パスタさんからいただいた設計図を起こして作っています。
とにかく30年代後半の先進機体って雰囲気がかっこいいのです。ありがとうございます!

十六年式重戦車コローニア

P1020902.jpg
Type 16th Heavy Tank Colonia


【概要】
民主連邦陸軍が保有する最大最強最高価な重戦車。
巨大な鉄の塊に砲3門、機銃3挺を備え、さながら要塞のように威圧感を与える外見となっている。当然製造費や整備費も高くつくため、数は少なく、また配備先も限られている。
その目立った外見とロマンあふれる容姿から民主連邦陸軍の象徴的な存在である。
しかし多砲塔戦車という宿命、装甲防御力や生存性はさして高い訳ではなく、稼働率も絶望的に低いため、あまり前線に出されず、前線に出されたとしても目立った戦果は残していないのが実情である。この兵器にとって一番ふさわしい戦場は首都のパレードなのだ。

【開発経緯】
近代戦にとって戦車は戦場の切り札となる重要な兵器である。
極めて保守的な民主連邦軍高官達も、先進的な諸外国の軍隊と、それが投入された戦場の事例を鑑みて朧気ながらようやくそれがわかりはじめていた。
民主連邦陸軍の根幹、精神は歩兵にあった。
陸軍は編成に当たって歩兵火力が重視されたし、極論すれば砲兵や爆撃機は歩兵を支援するための補助的存在に過ぎなかった。当然国産戦車を開発するにあたっても、いかに歩兵に追随し、支援するかというのが念頭におかれた。
こうして完成したのが十三年式戦車「バリスタ」(Type 13th Infantry Tank “Balista”)であった。大口径短砲身の主砲、側面機銃スポンソンなど独特な設計が随所にみられるのは歩兵支援を重視した設計に起因するのである。後にその補助として作られた十五年式軽戦車「サギッタ」(Type 15th Tankette “Sagitta”)も13mm機関砲を僅か1門しか装備していなかったことからも対歩兵を主眼として設計されたことが明白であった。

CdzzoByUkAAm0kt.jpg
〈主力戦車「バリスタ」。鉄の棺桶である〉

CQZqZrrUcAIk13-.jpg
〈軽戦車「サギッタ」。鉄の棺桶である〉

こうした歩兵を主眼に置く民主連邦陸軍の戦車は常に対戦車戦で不利を強いられた。
バリスタが放つ低初速の徹甲弾はことごとく敵戦車の装甲によって弾き返され(そもそも製鉄技術が低い民主連邦の徹甲弾はしばしば硬質な物体に当たると砕けた)、逆に敵戦車が放つ砲弾によって民主連邦陸軍の戦車はことごとく撃破された。
それはまるで「豆腐のようであった」と称された(あながち誇張ではなく、サギッタに至っては装甲があまりにも薄すぎて撃たれた弾丸の信管が不発した事例も存在した)。
将兵の不信感はいやまし、兵器局もさすがに対戦車戦でも対応可能な戦車の開発を決意する。

しかしそこから計画は難航する。
対戦車戦のみ想定した小口径長砲身の戦車では歩兵支援が不十分に終わる危険性が高いと一部の軍高官達が反発したのである。
その一方で長砲身戦車でも高性能の榴弾を使用すれば問題ないと別の高官達が反駁する。
兵器局、参謀本部、陸軍省、将官、果ては前線の将兵達まで巻き込んだ議論は収拾がつかず、結局対戦車戦を主眼に置きつつ、歩兵支援も従来の戦車と同様程度の能力を有す重戦車という極めて玉虫色の要望書が完成してしまったのであった。

これに困ったのが要望書を受け取った軍需企業、銀星重工(Silver Star Arsenal)である。
要望計画書の条件は大変厳しく、また大変不透明であったからだ。例えば主砲に関して、要望書では「高初速・貫通力甚大なる長砲身大口径砲を装備すべし。また対歩兵戦に応じて短砲身の歩兵砲を装備すべし」とあり、いろんな意見を盛り込みすぎた結果、何を目標とするのかよくわからないものとなっていた。
更に詳細を詰めようと兵器局側に問いかけたところ、歩兵戦重視派と戦車戦重視派で口角泡を飛ばす議論が未だに行われている始末である。

打つ手に窮した銀星重工は、唯一規約が緩く、「重戦車」とだけ指定がなされていた重量と寸法に光明を見出す。
超大型の重戦車を作り、そこに多様なバリエーションを持つ大砲や機銃を載せればいいのではないか?
つまりは多砲塔戦車である。
もちろん、銀星重工内にも「諸外国の例を鑑みて、多砲塔戦車は実戦において役に立たない」という至極もっともな反対意見は存在した。
しかし状況は予断を許さない状況であり、要望書を忠実に再現するのであれば数種類の砲塔を乗せることはほぼ確定となった今、あまり実戦で使えるとか戦力に耐えうるとかそういう事は後回しにされた。

こうしてある意味振り切った銀星重工開発チームは、順調な開発速度で要望計画書からわずか半年で試作車完成まで漕ぎつけた。
試作車を見ようと集まった民主連邦軍高官たちは、巨大な肢体を持つ多砲塔重戦車にいろんな意味で圧倒されることになった。
「対戦車派」の軍人達も「対歩兵派」の軍人達も「これは実戦には役に立たないな」と皮肉なことに全く同じことを考えたという。
しかし口出しすると自派の不利益となると確信したことから黙っていたのであった。

ともかく大型多砲塔戦車は威容だけはたっぷり存在した。
一目見て直感的に強そうだと判断した参謀総長並びに陸軍大臣が大いに気に入った(彼等はほとんど実戦において直接麾下の部隊を指揮したことがなかった)ことから、なんとこの戦車は正式に量産体制に移行することになる。
いずれにせよ、現場の声が介在する余地なんてなかったのである。

【性能】
その恵まれた巨体からは驚くほどの使えなさを誇る。
重量は80tを超え、無限履帯を持つ戦車なのにもかかわらず、軟弱な地盤では地面に埋まってしまう事例が多々見られた。
当然ながら機動力も低く、基本的には邪魔な民家や塀等を踏みつぶし進みゆく感じの戦車である。
その巨体を動かすために後部スペースを大分開け、特別に製作したV型12気筒水冷ガソリンエンジンを内蔵したが、やはり速度は大変遅く、巡航速度は時速10km程度であった。
もっとも歩兵の進撃に合わせて進撃する戦車であったためその点についてはあまり問題がなかったが…。
燃費も大変悪く中長距離の行軍には常のその後ろに燃料車が付属しないといけなかったし、兵站・補給担当者のストレッサーとなった。

Cd6Al6tVIAEmswG.jpg
〈コローニアの側面。こんなものが速く走るはずはないのは火を見るより明らかである〉

武装は超重戦車の面目躍如といったところ、88mm戦車砲1門、75mm歩兵砲2門、12.7mm機銃2門、7.7mm機銃1丁を装備していた。
主砲塔は高い貫徹力を持つ長砲身88mm対戦車砲や、正面被弾形式を考慮した防盾など、対戦車戦において優位を保てる設計がなされている。また精密射撃を可能にするためにペリスコープを搭載し、高性能の無線機を積むために大型の鉢巻アンテナを載せる等、新機軸をたくさん盛り込んでいた。
もっともペリスコープは主砲の振動によりすぐにズレが生じてあんまり使い物にならなかった。
大型の無線機は小隊指揮戦車として重宝されるにふさわしい性能であったが、その分目立った大きいため実戦では集中的に弾が飛んできた。

P1020913.jpg
〈鉢巻アンテナが目立つ主砲塔。88mm戦車砲は確かに陸軍の戦車では一番貫徹力が大きかった〉


目を引くのは側面に配置されたスポンソンである。
対歩兵を考慮して左右に備え付けされたこのスポンソンには、機動十五年式七糎半野砲の砲部分がそのまま取り付けられている。
歩兵砲をそのまま取り付けたため、射程は短く、軟目標にしか効果がない。本戦車コローニアの重大な欠点の一つがこれである。
超重戦車とあって他の部分はそれなりに装甲厚を持たせた設計となっているのだが、スポンソン部分は装甲が薄く、乗員用のハッチもあることから脆弱だったのである。
しかも都合が悪いことに側面スポンソンの間には主砲塔基部があり、その下が弾薬庫であった。
この設計の拙さは実戦でいかんなく発揮されることになるのであった。

P1020904.jpg
〈スポンソン部分のアップ。よりによって一番大事な側面にハッチがある憎い設計である〉

乗員は操縦手、機銃手、副砲手2名、主砲手、装填手、無線機手、そして車長の8名である。
少し車体を動かすだけで混乱をきたすこと必至であり、車長は7名の部下を動かしながら、周囲状況を把握するという高いレベルが求められた。
履帯も自重で直ぐに潰れたり、外れたりするので頻繁に修理交換が必要であった。
そのため戦場に本戦車を投入するには入念な準備と根回しが必要であり、あんまり役に立たない兵器のために多くのリソースを投入するという結果に繋がったのである。

【運用】
コローニアは当然ながら調達費が大変高く、量産体制に移ったといってもなかなか予想されていた既定の数に届かなかった。
その調達費は民主連邦陸軍主力戦車である十二年式中戦車バリスタの約3倍にも及んだという。
コローニアは逐次生産され機甲旅団に配備された(余談だが民主連邦陸軍は戦車や装甲車をまとめて旅団化し、歩兵連隊に付属する方式をとっていた)が、首都周辺に展開する部隊を優先・集中的に配備されたという。
首都で定期的に行われる軍事パレードの目玉にとってはこの上なくちょうど良い代物であったのである。
その巨体は首都プノンペンネを貫く大通りを威厳たっぷりでのっそりと走り、見学に来ていた世界中のメディアを驚かせたという(主に否定的に報道されたが)。
なお最初のパレードで大通りの舗装をその重量で思いっきり破壊してしまったことから、次回以降コローニアが走るときは鉄板が敷かれることになったのであった。

実戦に参加したのは多くの新型兵器と同様、民主連邦北部にある傀儡国家、華南共和国内における敵対軍閥との戦闘においてである。
この戦闘において軍閥勢力が繰り出した外国輸入の戦車は民主連邦軍の主力戦車を攻撃防御共に上回る性能であった(そもそも民主連邦軍戦車は対戦車戦をあんまり想定していない造りであった)ため、派遣部隊の損害が増し、苦慮した現地指揮官はコローニアを含む機甲部隊の派遣を要請したのである。
コローニアの88mm対戦車砲ならば対抗できると見越しての要請であった。
こうして民主連邦首都からもっとも前線の駅まで鉄道で密かに(といっても図体が大きいし特注貨車を使用するため沿線住民からはバレバレであった)運ばれたコローニア含む民主連邦陸軍独立機甲旅団は、戦場に送られることになった。
薄々いろんな人々が感じていたように「超重戦車」コローニアは実戦だと絶望的な機動性を発揮した。

そもそも前線に辿り着かないのが問題であった。
最寄りの駅から卸したコローニアのうち、予定された時間内で数十キロ先の前線司令部に到達した車両はわずか20%に過ぎなかった。
多くの車両はエンストしたり、燃料不足に陥ったり、地面に埋まりこんだり、酷い車両だとエンジンが焼き付きそのまま炎上し晴れて全損となった。
コローニアを受け取った前線司令官は頼もしい車両が来たと喜んだが、すぐに物資の消費と兵站計画に頭を悩ませるようになった。

P1020909.jpg
〈コローニア後部。すごく大きく、すごく燃費が悪いエンジンはすぐに廃品となる。灰色箱は石炭を入れて燃料を温める装置〉

それでも戦地に派遣されたコローニアは勇敢に戦った。
時には燃料が切れ立ち往生し、時には前線の石橋を踏み崩し、そして泥濘にストックし放棄されつつも敵軍閥部隊に対して無視できない戦果を挙げた。
前線司令部の目論見通り88mm対戦車砲の威力は目覚ましく、敵軍のトーチカや戦車を一撃で葬り去った。
歩兵部隊の持つ75mm歩兵砲や、主力戦車の47mm速射砲で絶望的な対戦車戦を繰り広げていた前線将兵からは歓喜の声で迎えられた。

しかしコローニアの運用はやはり相当難しく、全損車両のほとんどは戦闘によるものではなく地形的に動けなくなり放棄されたものである(ちなみに放棄する際は敵に利用されないよう弾薬庫に爆発物を取り付け誘爆させ徹底的に破壊した)。
放棄された車両は重く、回収が困難であることも問題であった。
更に先述した側面スポンソン部分の弱点が敵軍に知れ渡るようになり、スポンソンを突き破った敵弾が弾薬庫に誘爆した結果、砲塔・乗員もろとも天高く吹き飛ぶ事例が散見されるようになった。
かくて大きな犠牲を払いながら超重戦車は奮闘したのである。

以上の結果を鑑みて停戦後ほとんどの車両は首都の機甲部隊に戻されることになったのであった。
やはり多砲塔戦車は軍事パレードでもっとも輝いたのである。


【内部図解】
Cfm_fYgUkAAy93a.jpg
巨体を動かす驚異の巨大水冷エンジン。
でもこれでも常に力不足である。

CfnLTR8UIAANOLH.jpg
コローニア内部。8名の乗員とありったけの弾薬を搭載している。
迷路かデパートみたいである。ちなみに砲塔下部弾薬庫が引火すると驚くほど綺麗に爆発するぞ。

CfnLRLZUAAAtbzI.jpg
黒い弾頭が88mm主砲のもの。赤い弾頭が75mm副砲のものである。
見た目より車内は遥かに狭く、命は短い。

CfnLSBLUEAEn242.jpg
スポンソン内部。照準と操作は一人で行う。
乗員は生きた心地がしないという。

CfnNfB-UMAAN3jt.jpg
乗員がいなくなった様相の車内後部。一番後ろには自衛用のSMGがかかっている。
しかし乗員8人に対して武器はこれだけなので多分気休めにもならない。

CfnNgV_UYAARcVG.jpg
操縦手・機銃主席。
射角が異常に狭いことが特徴である。




【開発後記】
究極のロマン兵器を目指した重戦車です。とにかくカッコよさを優先!論理性は後!という感じです。
鉢巻型アンテナとか88mm戦車砲とか要素要素に管理人のロマンを入れています。
概念のモデルはインディージョーンズに出てきた重戦車。英軍マークⅠに砲塔を付けた変な形が特徴ですね。
私が最高に気に入っている作品の一つです。内部までちゃんと作れてよかったなぁ














民主連邦陸軍

DDk9cXrUIAA_2F1.jpg

レゴランド民主主義連邦の国土、権益、そして自軍の予算と権限を護る為に日夜研鑽を欠かさない巨大組織。
それが民主連邦陸軍である。


【民主連邦陸軍について】
・その編成と特徴
・各部隊の配備先とその性格


【小火器・砲】

七年式歩兵銃改二
五式半自動歩槍

八年式携帯対戦車無反動砲
ファンツァーパウスト

十二年式重機関銃
CgkR4dvUYAAhv1z.jpg

その他民主連邦軍の小火器一覧
DSC01206.jpg

十四年式三糎機動対空機関砲
Bzpbm0jCYAIYJ_P.jpg

機動九年式七糎半野砲/対戦車砲
機動九年式野砲

機動九年式七糎半野砲改
P1020673.jpg

機動十五年式七糎半野砲
無題

十四年式七糎半軽量噴進砲
Bwhw-cSCMAIrPBQ.jpg

十三年式十二糎加農砲
十三年式加農砲

十六年式十糎榴弾砲
Ckvgh_cUYAAguNJ.jpg

十二年式十五糎半重榴弾砲
十二年式榴弾砲

十五年式三十六糎超重榴弾砲
P1020412.jpg

十四年式陸上魚雷カタラウヌム
a.jpg

十六年式特殊弾頭迫撃砲
C02GrCgVIAA9PhH.jpg


【車両】

十三年式偵察車/弾薬輸送車ロリカ
CgkU-tpUgAAJm5Y.jpg

十五年式小型乗用車
CwuXj5rVIAAHp00.jpg

十年式中型乗用車
CwuXlDiUoAApxG5.jpg

試製十一年式内火艇
特一式内火艇

十四年式牽引自動車カリカ
P1020007.jpg

十一年式四輪自動貨車
Cj2zEmRVEAEYDps.jpg

十四年式重対空自動貨車フェリクス
P1010668.jpg

十五年式軽装甲車ウェリテス
CiksXpjU4AAhHys.jpg

十二年式重装甲車リクトル
Chx_MugUYAAAXKB.jpg

十四年式突撃榴弾砲スパタ
正面

十四年式特殊散布装甲車ボルジア
P1010621.jpg

十四年式特殊装甲車デュロモイ
P1010473.jpg

十四年式雪上装甲車カタフラクト
P1010743.jpg

十四年式空挺装甲車オナガー
P1020021.jpg

十五年式装甲兵員輸送車スクトゥム
APC1

十三年式主力戦車バリスタ改
CdzzoByUkAAm0kt.jpg

十三年式歩兵戦車プギオ
十三年式歩兵戦車プギオ

十五年式軽戦車サギッタ
CQZqZrrUcAIk13-.jpg

十六年式重戦車コローニア
Cm4UOPLVUAAAfwj.jpg

十七年式軽戦車ピルムバタ
DGPHfMjUQAAfIH8.jpg


【空戦力】

十五年式回転翼機アラウデ
CpFe5CAUsAAMlhQ.jpg

撃Ⅰ型戦闘機グラディウス
CyBFkQ4UoAAqaVL.jpg

撃Ⅱ型戦闘機サウニオン
C6PNtC6U8AIcFri.jpg

殄Ⅰ型戦闘機ピルム
CxEGbk7VIAIx_Hs.jpg


【その他兵器】

地下司令部

CyyV6thVEAA_4Y6.jpg


プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR