十三式重戦闘機ベリサリウス

Type 10 Heavy Fighter Belisarius

【概要】

民主連邦海軍の誇る双発戦闘機。
でも見た目や役割はどう考えても海上爆撃機のそれである。
ブリック共和国からのライセンス。細身な体に異次元の搭載量を誇る。
他にも目いっぱい機銃とか乗せたりしているが所詮はレシプロ双発機である。
さすがに戦闘機としては扱えなかったので爆撃機として使われている。当たり前。

なおマンネリ化する兵器紹介記事を今回は違ったやり方で紹介している。
といってもやっぱり具体的内容はないよう。


〈登場人物〉

スコウ大統領第一秘書
BR補佐官
同盟国であるブリック共和国(以下BR)の官僚兼大統領秘書。今回BRの兵器を民主連邦がライセンス生産するということでお披露目式で招待された。BRの大統領にいろいろ苦労していることから同じ境遇であるエムデン大統領補佐官には不思議な仲間意識が芽生えた模様。
たぶんロリコンではない。

日虎地破綻大統領
大統領
東イージアに君臨する大国、民主連邦を統括する偉大な指導者…のはずだがまぁお察しください。
政務はエムデン大統領補佐官、そしてローリズ副大統領に任せている。
彼はその代り何をしているのか?何もしていない。

セサル=ローリズ副大統領
新副大統領
前副大統領の急死により新副大統領となった。その手腕は優秀、特に内政面においては連邦で最も有能な人材。
「子どもが笑顔で暮らせる国」をモットーとしている。軍事関係について今勉強中。
なおロリコンであることは言うまでもない。

エムデン=チヌール大統領補佐官
大統領補佐官
その名の通り大統領を補佐する人。民主連邦では大統領の権限が強いため補佐官の権限も大変に強い。
この国では恐らく最も有能な人物の一人にはいる。無能な大統領に日々振り回されている…。
といったところだが何故かULNでは暗黒キャラである。陸海軍にも影響力があるからであろう。
彼の性癖は不明である。



〈某日 タラントの海軍飛行場にて〉

BR補佐官「わざわざDULまで来たわけだが…。しかしこの国の技術力でニューニまともに製造したんだろうか。銀星重工だからなぁ…。あぁでもピザは美味しかったな。」

BR補佐官「しかし事前のパンフレット見ると『双発戦闘機』とか書いてあるんだけど…。これは誤植だな。きっとそうだろうそうであってほしい。」

大統領補佐官「民主連邦にようこそ。スコウ大統領第一秘書殿。」

BR補佐官「あ 初めまして。あなたが(性格が悪いという噂の)エムデン大統領補佐官ですね。」

大統領補佐官「我々はどうあれニューニ偵察機のライセンスに成功しました。早速ですが飛行場に置いてありますので見に行きましょうか。あとBRの代表に向けて事前に言っておきます。本当にごめんなさい。」

BR補佐官(えぇー…)

大統領「あ 君がスコウ君か。ふふふ。BRの代表として悪いが我々は君の国のオリジナルより遥かに素晴らしい双発機に仕立て上げた。お披露目するのが楽しみだなぁ。」

BR補佐官(うわぁフラグだ)

新副大統領「副大統領のローリズです。ニューニは流線形ですごくかっこいいですよね。ぺったんこですし。」

BR補佐官(うわぁロリコンだ)

大統領「お 目当てのものが飛行場に到着したようだな。早速見てもらおう。これだ!」

ベリサリウス双発戦闘機
BLS-1ベリサリウス双発戦闘機 乗員:1名 武装:20mm航空機関砲*3 中距離AAM「ゲソール」*4 1000kg爆弾*2

ベリサリウス前面

大統領「どうだこの重火力!STL-10よりも武装が多い。しかも爆弾まで搭載できるんだぜ。」

BR補佐官「おぉ…てか何で戦闘機になってるの!?これ双発機だし!プロペラだし!え まじかよパンフレットの誤植じゃないのか…。」

大統領補佐官「え…と。それに関しては私の方から補足します。」

大統領補佐官「ニューニの設計図はつつがなく民主連邦に届きました。初めは偵察機として採用する予定だったんですが…。」

大統領『これ戦闘機にしようぜ!いっぱい武装乗っけたら強いだろ!』

大統領補佐官「運悪くその時大統領が火力病を患っていまして。鶴の一声により双発戦闘機となりました。」

BR補佐官(さすがDUL…)

大統領補佐官「そしたら次に海軍大臣がこんなことを言い出しまして。」

海軍大臣『陸軍省を一発で吹き飛ばせるぐらいの爆弾搭載できるようにしようぜ。』

大統領補佐官「この意見により胴体に1000kg爆弾が2発格納されております。」

1000kg爆弾
〈胴体内爆弾槽の様子〉

BR補佐官「いやいやいやいや…!レシプロ双発機の上に爆弾2発も抱えてて空戦できるわけないじゃないですか…!」

新副大統領「そのことについては私が。制空権任務はSTL-10にもう任せます。爆撃機として運用していく予定なのでご心配なく。」

大統領補佐官(小声)「まぁ戦闘機という名目で運用しないと大統領が予算出してくれなかったんですよ…。察してください。はい。」

BR補佐官(小声)「そっちも大変ですね…。」

大統領「どうだねスコウ君!あ 昼ごはんはピザを奢ろう。献金たくさんあるし。」

BR補佐官(またピザか…)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR