大義なき戦争

〈プノンペンネ 大統領府にて〉
大統領「えーこれから陸海合同会議をはじめる。主にLNF内戦関係だ」

大統領補佐官「山本海軍大臣は現在当地で指揮を執っていますので私が代わりに報告します。」

陸軍大臣「海軍だけで戦争できるのか?いつでも陸軍が(からかいに)駆けつけるぜ。」

参謀総長「そうだ。陸軍は電話一本(と多額の利権)で駆けつけるぜ。」

大統領補佐官(頼りたくないねぇ…)「国内世論はどうなんですか?」

宣伝相「先日国内主要20都市で世論調査を行ったところ次のようになった。」

世論

宣伝相「我が国の英明なる国民は内戦介入の必要性を痛感しているようだ。素晴らしい!」

大統領補佐官(ひでぇぇぇ)

参謀総長「戦費気にせず心置きなく戦争できるな!やったねたえちゃん!」

大統領「あー で戦況はどうなったか報告頼む。」

大統領補佐官「わ わかりました。ほぼ無傷でLNF領の反政府組織を駆逐せんと陸戦隊が上陸いたしました。陸戦隊の練度の高さと機甲師団の力でほぼ抵抗なく解放は進んでおります。ですが…。」

宣伝相「ですが?」

大統領補佐官「突如現れた国籍不明の巨大戦車1台によって装甲車数台が芋刺しにされました。幸い死傷者は出てませんが…。それ以降ほぼ全地域で戦略的撤退が始まっております。」

大統領「国籍不明?叛乱軍じゃないんだな?」

大統領補佐官「ち…違うみたいです。(原因早くばらしたいんだがな)某国の援軍のようで。(早く気づけよ)」

陸軍大臣「メシウマwwwあ じゃなかったご愁傷様ですwww」

参謀総長「やっぱ海軍じゃ無理なんじゃないですかwww陸軍がww今ならww手伝いますよwww」

陸軍大臣「そうだなww国家予算から陸軍予算を更に5%増やしたら考えんでもないなwww」

大統領「ぐぬぬ…。誰かどうにかならんもんかね…?」

新副大統領「うむ 私が行きましょうか 大統領。」

大統領「君で大丈夫なのか?内政は誰に任すのだ?」

新副大統領「エムデン補佐官がやってくれるでしょう。小さいものが大きいものより優秀なところを見せてやりますよ。」

大統領補佐官(うーむ やっぱり引っかかるなぁ…)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れる歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。
コメントいただけると嬉しいです。
どうかよしなに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR