陰謀渦巻く半島

〈首都プノンペンネ某料亭にて〉

陸軍大臣「海軍のヤロー陸軍を省きやがって…。内戦も単独でやるつもりだ。」

参謀総長「内戦に介入することで経験値と実績を得るつもりだろう。このままだと陸軍の権益が失われてしまうぞ。」

大統領補佐官(なんで僕ここにいるんだろ…)「しかし陸軍には船がないですよ。内戦にどう介入するのです?」

陸軍大臣「そうだなぁ。どうやって反政府側を支援してやろうか…。」

大統領補佐官(えぇぇぇぇ)「し…しかしそれはいろいろと問題になるんじゃ…。」

陸軍大臣「義勇軍ということにしておけばいいだろう。何も関係ない感じでいこう。」

大統領補佐官(そういうことだけは頭回るんだよなぁ…。)

参謀総長「船の話だが我々には唯一航行可能な兵器があっただろ。あれを使おうじゃないか。」

プラエトリアニ
↑十一年式重戦車プラエトリアニ

大統領補佐官
「いやいやいや これ確かに水陸両用ですけど…大洋を超えることができるんですか!?地球の反対側なんですけど…」

参謀総長「島嶼や同盟国に食料や燃料をもらいつついくしかないな。まぁ沈んでも我が軍には関係ない感じの態度でいこう。とりあえずルート考えてみた」

義勇軍

参謀総長「まずスコーンタヤから出航してそのまま大南洋を突っ切る。海軍はほとんど内戦に兵力を集中しているから無傷でソバリアにたどり着くはずだ。そしてソバリアからは一部開通しているアフィリア横断鉄道を使って通尊民主主義人民共和国に入国。通尊は反乱軍支援だから問題ないはず。そしてそこから出港して大西洋を超えてパマナ運河を超えて義勇軍として介入する。」

大統領補佐官(戦車兵まじ涙目だな。)

陸軍大臣「一番危険なのはパマナを超えて到着間近の時だ。海軍の艦艇に見つかる可能性がある。幸い小さ目の艦艇ならむしろプラエトリアニが沈めるはずだが駆逐艦クラスとなると…。」

参謀総長「やってみる価値はあるだろう。よし早速用意しよう。」

〈数日後、プノンペンネ陸軍総司令部にて〉

戦車兵「ふふふ…わざわざ陸軍大臣からよびだされるとは。出世かな!ついに佐官になれるかも…。給与も上がるかなぁ」(ワクワク)

陸軍大臣「あぁ。君がアーバスノット・クリスティ大尉だね?」

戦車兵「そうですそうです!でそれで何の用でしょう?」

陸軍大臣「君は明日からプラエトリアニで太南洋までいってもらうからよろしく。」

戦車兵「え?ちょっと言ってる意味が」

陸軍大臣「反政府軍を支援してこい。あ、、ちなみに途中で沈んだりしても我が軍は関知しないからそのつもりで。」

戦車兵(やりたくねぇ…)



〈どうでもいい人物紹介〉

エムデン大統領補佐官
大統領補佐官
結局出世しなかった大統領補佐官。何故か海軍側にも陸軍側にも信頼されている模様。そのため実はこの人が一番内幕を知っていたりする。あと陰謀家なのかもしれない。あんまり性格はよくない。

アーバスノット・クリスティ大尉
戦車兵
たたき上げの戦車長。機甲師団の中では二番目に偉い。プラエトリアニの操縦には一応習熟している。生まれつきのギャンブラー。好きなものは麻雀。そのためお金に執着している。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR