民主連邦における政治機構と重要人物

【民主連邦における政治組織】

民主連邦政治組織
(民主連邦政治機構概略図)

レゴランド民主主義連邦には上記のような省庁から成り立っている。
一応民主主義国家であり、大統領と内閣の代表(首相)が権力を相互に監視する体制…のはずだった。
とはいっても民主政治なんて一度も行われたことはない。
この中でも特に陸軍省と海軍省の権力が強く、気に入らない他省の大臣のクビを吹っ飛ばすことができるぐらいである。
基本的には寡頭政をとる軍主導による政治と言って差し支えないと思う。


A.大統領府…民主連邦最高の権力組織
 もちろん大統領によって統括される。国軍の指揮、予算案の実行、総督の任命、外交等その権力は絶大である。
 それゆえ4年に一度国民投票によって選出されるはず…なのだが当然機能していなく、選挙は長らく絶えている。
 独裁者並の権力を持つが陸海軍の高官たちにも配慮しないといけないのが難しい所である。
 民主連邦では権力は銃口から生まれているからである。
 なお憲兵隊を直接指揮することができる。

B.内閣…文官組の最高峰
 首相が代表である。民主連邦最高議会から任命される。
 大統領に対しては不信任を表明することができ、大統領の権力濫用を防止する役目であった。
 しかし現在の首相は幼女が務めており、その点全く機能していないと言わざるを得ない。
 そもそも憲法上大統領は首相に優越すると規定しているのである。 
 主な役目は予算案の作成、議会への出席、そして外交である。

C.民主連邦最高議会…国権の最高機関だったもの
 憲法上国権の最高機関だったのだが現在は完全に骨抜きにされている。
 議員は退役軍人や勲功者によって占められているからである。
 議員になると様々な特権を享受することができ、憧れの職業である。
 なお2年に1度改選される。

D.陸軍省・海軍省…軍の政治組織

陸軍省にて
(陸軍省)

海軍省
(海軍省)

 他省と比較して圧倒的な権威を持つ省。そりゃあ武力を持っているから当然である。
 なお陸軍・海軍大臣になるためには現役武官ではないといけない決まりとなっている。
 主に軍政について扱い、補給や軍事予算の作成・提出等々の平時任務を行っている巨大なお役所である。
 議員が迂闊に非難したり反対したりすると議員を罷免されたり、左遷されたり行方不明になったりする。
 ちなみに作戦方面についてはそれぞれ参謀本部と軍令部がある。
  
E.内務省…広大な権力を持つ文官組織
 陸海軍省からみたらさすがに劣るが、他の省から見れば優越した権力を持つ組織である。
 主に内政担当。特に治安維持を扱うため警察組織を配下に置く。
 更に防空軍発足後は市民生活により強力な介入ができるようになった。
 当然内務大臣には有力な議員が配置される。

F.外務省…外交を主に受け持つはずだった組織
 国家間外交の推進や調整を行う政治組織である。
 といっても大統領府や有力軍人が勝手に外交しに行ってしまうためあんまり出番はない。
 その後のアフターフォローや調整役である。

G.工部省・農商務省…産業一般を受け持つ
 特に商業が発達している民主連邦産業の保護発展を推進する省。
 統制経済を目指しているがなかなかうまくいかなかったりする。

H.鉄道省…鉄道の他通信やインフラ構築を担当
 鉄道のみではなく道路等のインフラ、果ては通信網まで整備する省。
 もっとも軍事的に極めて大事な鉄道を重視している事は明白である。
 今日も国営鉄道は本国・属国問わず元気に走り続けている。

I.宣伝省…国内啓蒙と国外宣伝の要
 自由と民主主義をさりげなく抑圧する民主連邦には欠かせない組織。
 伝えたいある事ない事を膨らまし、伝えたくない真実をなかったことにできる。
 独自の武力組織はないが、宣伝の力は偉大であり、他文官省と比較すると恵まれた位置にある。

J.財務省…予算案の作成、予算の管理等々
 普通の国は大抵財布を握っている組織が強いが民主連邦に於いてはその限りではない。
 財務省の役目はいかに多くの軍事予算を負担や不満がかからない形で引き出せるかという事である。
 年々巨額になる軍事予算に頭を悩ませている。拒否すると大臣のクビが飛ぶ。


【民主連邦における主要人物】

A残念な.政権中枢部

日虎 地破綻(ひとら ちはたん)大統領
大統領
民主連邦本国北部の中核都市、チューハノイ出身。海軍元帥にして民主連邦の最高権力者。
先代の大統領から権力を受け継いだ、いわば二世大統領である。
ただ先代大統領ほどの力量も手腕も才能もなかったりする。
世界征服を夢見ているが、いまだ果たせないでいる。
自称アイデアマンで、兵器局が開発したさまざまな新兵器に奇想天外なアイデアを提案して技術者たちを困らせている。ローマ帝国マニアで民主連邦のあちらこちらにローマ大国の地名人名が出てくるのは大統領が命名しているからである。
あこがれるあまり一時期帝政にしようかと考えたが、政府高官たちに止められた。好物はピザとアイス。


日村 破五反(ひむら はごたん)前副大統領
副大統領
日虎大統領と同じくチューハノイ出身。海軍出身。民主連邦の古老。
政権内で唯一民主連邦建国以来の生き残りである。
大いなる経験を持っている彼の意見を政府高官たちは敬意を持って聞いている。
しかし実は民主連邦建国の時、将軍でもなんでもなく前線基地でひたすらジャガイモを剥いてたことは誰も知らない。
ジャガイモを剥き続けて50年、ついに副大統領の地位まで上り詰めた不世出の人物である。
2013年、老衰により死去し引退。全国民が哀しむ悲劇であった。

セサル=ローリズ副大統領
副大統領
前ビールマ州総督。前任の副大統領が急逝したため副大統領となった。かなりの大抜擢であった。
ジャガルタ近郊の町出身。難関プノンペンネ国立大学を首席で卒業後、官僚となった。
「南部出身者は官僚にはなれない」という慣習を打ち破って出世し、各州の総督・副総督を歴任した。
その後ビールマ州にての反政府活動を抑止した働きを認められ、現在の地位となる。
性格は温厚。地方分権主義者である。モットーは「子どもたちが笑顔で暮らせる国を目指す。」
インフラや教育の充実に力を尽くしており、民主連邦の内政はこの男によって支えられている。
あとロリコンである。

エムデン=チヌール大統領首席補佐官
大統領補佐官
大統領の頭のあんまりよくない命令を改変して対処する役目。文官である。
補佐官自体は役職的にそんなに偉くはないが内実は莫大な権力を持っていたりするのはそのため。
首都プノンペンネ近郊出身である。文官のエリートコースを登りつめここまで来た。
能力自体は極めて高く、優秀な官僚である。
こんなに滅茶苦茶なトップでも民主連邦が運営できているのはこの人物が寄与するところが極めて大きい。
ただあまり性格はよくない。

メアリ=ヘイスティングス首相
首相
弱冠8歳にして議員最高の地位、首相にまで上り詰めた幼女。うわようじょつよい。
勿論実力と言う訳ではなく幼女を信奉している宗教を土台にした党、外祖党が政権与党となったため起こってしまった。
でも可愛いから国民から高い支持を受けている。可愛いは正義なのである。
そもそも大統領一強となった今首相の権限はあまりないのでこれでなんとかなったりする。
好きなものはピザとアイスとロマン兵器である。

論 眼瑠(ろん める)参謀総長
参謀総長
南部の大商業都市シンガボーロ出身。この国唯一の陸軍元帥。
自称民主連邦の若き策士。民主連邦軍の指揮、作戦を一手に背負う。
初代大統領の時にひたすら追従とおべっかを繰り返し遂にこの地位に登りつめた。
陸軍のトップであり、作戦面を網羅する参謀本部の代表である参謀総長を務める。
とはいっても海軍には命令が出せないことを苦々しく思っている。
今日も論参謀総長は破陸軍大臣とタッグを組んで陸軍の充実と海軍の縮小に邁進している。

破 印津(は いんつ)陸軍大臣
陸軍大臣
シンガボーロ出身。陸軍大将。
試験秀才で、学科の成績だけでここまで上り詰めた。
さまざまな理由をつけて陸軍予算を拡大し、その抜群の手腕から「たかり屋ハインツ」と呼ばれている。
ちなみに兵隊を率いたことはないらしく、現場の事はあんまりよくわからない。
彼が関心がある事は国家予算からどこまで陸軍に回してもらえるか、そしてどうすれば海軍を廃止できるかについてのみである。
そういう点では軍政について主に扱う陸軍省のトップはまさにうってつけだったと言える。

山本 九十九(やまもと つくも)海軍大臣
海軍大臣
南部の大軍港、タラント出身。海軍大将。
弁が立つため陸軍との予算交渉で珍重され、現在の地位まで上り詰めた。
大艦巨砲主義の信奉者であり、その野望を実現するために全身全霊を賭けて海軍予算の拡張を目指している。
ロマン主義者、熱血漢であり、質問した議員へ「ばかやろう」と一括して、問題になった話は有名である。
ちなみに船に弱く、酔い止めがないと乗船できない。

余 是布(よ ぜふ)宣伝大臣
宣伝大臣
現華南共和国の首都上杯出身。
民主連邦の高官にしては珍しく本国出身ではない外国人である。
もともと掃除機のセールスマンだったが、その弁舌の才が認められめでたく宣伝省に入省、そのまま出世して大臣となった。
民主連邦の重要な情報は大抵この者の口から伝えられる。
巧みな語り口で民衆の不満を抑えることに関しては、他に右に出るものはない。
洞察力も鋭く、民主連邦の残念な現状をもっともよく見ている人間でもあるが自分から動こうという気は特にないらしい。

B.取り巻きの軍高官たち

グロースプリンツ=ローリズ陸軍大将
グロースプリンツ=ローリズ大将
本国陸軍の最高司令官。前線に出ている将官の中では一番位が高い。
長らく軍事教官を勤めており、戦列歩兵を用いた戦術の大家であった。
その能力から同盟国のカトラス民主主義連邦共和国に招聘され、教官を務めたこともある
しかし近年勃発した近代戦の惨禍を目にして戦列歩兵は時代遅れだと実感、総力戦体制の構築こそ急務だと路線転換したのである。
そのため現在彼は民主連邦が戦時に総力を発揮できるような経済を構築しようと様々な方針を考えている。
ちなみにセサル=ローリズ副大統領の叔父であり、グロースプリンツ=ローリズ大将もロリコンである。

トーマス=ケニー海軍中将
司令長官
現在本国艦隊の総指揮をとっており、海軍の現場組の中では最も権限が大きい。
彼は出自が変わっており、元カトラス民主主義連邦共和国の海軍大臣である。
亡命したり遭難したりした結果民主連邦に流れ着いてしまった。
この外国人がなぜか海軍中将になってしまうあたり民主連邦海軍の人材難がよくわかるであろう。
ケニー中将自体は民主連邦をかなり気に入っているようである。

ケーニッヒ=チーハー陸軍少将
ケーニッヒ少将
現華北帝国駐留軍の総司令官にして華北帝国軍の軍事顧問である。
それ以前は西部ソバリア州の総督を務めたり陸軍省でひたすら書類整理をしていた。
いわば雑用係である。本人は本国に帰りたいがそんなわけにはいっていない。
ちなみに管理人のシグフィグである。カーキ色の服はなかなかないので哀しい。

サイズ=ボーモント海軍少将
陸戦隊司令官
民主連邦海軍陸戦隊の指揮を執る。上陸戦のスペシャリストである。
彼の経緯は変わっており元々民主連邦と敵対する北方の共産主義勢力に与していた。
その卓絶した指揮は民主連邦陸軍を苦戦させたのである。
そして捕虜となった後陸軍を苦戦させた腕前を買い海軍将官となった訳である。
これほどまでに海軍は陸軍の事を嫌いなわけである。

クルトン=マイヤー陸軍大佐
クルトン陸軍大佐
本国陸軍唯一の戦車連隊の総指揮を任されている陸軍軍人。
それ以前は戦車は歩兵に付属するものであり、旅団の扱いを受けていたのだがマイヤー大佐の進言により変わった。
彼自身は機甲戦について関心があり、戦車や装甲車の強化、輸送能力の向上は必須と考えている。
せめて他国と同等の戦車はほしいが、残念ながら民主連邦の戦車は旧式極まりない代物である。
というか兵器開発の思想があまりにも旧式なので彼にとって胃薬は手放せない。

ヘルゴランド=チリ―海軍大佐
ヘルゴランド海軍少将
海軍軍令部の軍令部次長。作戦や戦時補給について考えるお仕事である。
元新鋭駆逐艦『ユリアヌス』の艦長も務めたことがある。
ロマンを夢見る政府高官たちと異なり、現実派なのでろくな兵器がない事を哀しく思っている。
空母がほしいが国力的にそれは厳しい。

C.野心的な華南共和国の高官たち

マルクグラーフ=ケヌン大統領
華南大統領
民主連邦の傀儡国家、華南共和国初代大統領にして華南共和国軍の総司令官を務める。
元民主連邦陸軍中将である。華南共和国という傀儡をコントロールされるために派遣された。
共和国成立時に民主連邦陸軍機甲部隊を率い自ら国の誕生に重要な役割を果たした経緯がある。
巨大な傀儡国家、華南共和国の誕生を巡る一連の華南事変勃発の中心的な人物である。
現在は大統領自ら共和国の富国強兵を務めており、華南共和国軍はさながら彼の私兵と化した感がある。
その武器兵器共に最新かつ精鋭であり、華南共和国は本国の頸木から脱却しようと邁進しているのである。

ポンメルン=ケトルス副大統領
華南副大統領
華南共和国の副大統領。元民主連邦陸軍大佐である。共和国陸軍中将でもある。
民主連邦陸軍勤務時代は参謀本部に配属されており北部方面課の作戦課長であった。
マルクグラーフ大統領の華南軍私兵化に恐れをなした本国高官達が監視役として急遽ケトルス大佐を副大統領にしたのである。
彼の任務は適度に共和国の内政をする事、そして共和国の状況を本国に逐一通達する事である。
華南共和国自体まだまだ力が弱く本国に従属せざるを得ないためケトルスは今日も副大統領の座にとどまっている。


クルフュルスト=チヌール共和国陸軍大佐
DSC01206.jpg
誕生期の華南共和国陸軍の総指揮を務めていた。現場組のトップである。
マルクグラーフ大統領と一致団結して華南軍の機械化・近代化に取り組んでいたのである。
その成果は目覚ましく華南軍は民主連邦勢力で随一の精鋭部隊と化した。
ところがそれに刺激された本国政府のお目付け役であるケトルス副大統領が赴任後、彼は突如として事故死する。
急に車に轢かれたのである。ちなみにその犯人は捕まっていない。
チヌール大佐の急死後華南軍の独立性は著しく阻害された。

D.牧歌的な華北帝国の高官たち

チャールズ=エドワード=ノートン2世
華北皇帝
由緒正しき華北帝国の皇帝。帝都東安出身。
近年勢力を増してきた隣国の共産主義国家に対抗するため民主連邦の庇護に入る決断を下す。
もっともそれは帝国の独立を守るための選択であり民主連邦シンパと言う訳では無かったりする。
遅れた技術の帝国の産業を何としても振興し、独力で国を守るようにするのが彼の目標である。


会議の様子
民主連邦最高会議の様子。会議にピザとアイスはつきものである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR