新生華南軍による大規模軍事演習

10月に行われた選挙の結果新大統領となったマルクグラーフ・チトー少将のもと、華南軍は装備の改良が急激に進められており、戦力が格段に上がっている。

既に歩兵装備は更新され、連発式の小銃から最新鋭の自動小銃へと変わっている。他に対戦車ミサイル、地対空ミサイルなどの装備も先進的に華南軍に配備されており、他国の軍隊と比較しても勝るとも劣らない装備である。
また、120mm砲を装備した最新鋭の重装甲車「リクトル」など機甲師団も洗練されている。

ここまでの急激な装備改良はマルクグラーフ大統領の英断によるものである。
マルクグラーフ大統領は公約として「第一に北方の敵対軍閥の駆逐」「第二にインフラの拡張」「第三に本国依存からの脱却」を挙げ、そのためには「何よりも優先して華南軍の増強に取り組まないといけない」と強調した。結果的に95%の票を獲得して当選、華南軍強化は共和国人民の総意なのである。

その途中経過を華南国民に披露するため、本日、上杯郊外にて大軍事演習が行われた。この模様は国営放送によりテレビやラジオを通じて全共和国に配信された。

演習1
演習に備え準備する歩兵師団。張りつめた空気が伝わってくる。

演習2
閲兵するマルクグラーフ大統領と華南軍の指揮を執るクルフュルスト大佐。

演習3
一斉射撃を行うリクトル。華南軍第一機甲師団所属。

演習4
リクトルの支援のもとに進撃する華南軍歩兵。見てわかる通り装備が更新されている。

家に帰るまでが演習です
締めに大統領自ら演説を行った。

なお、行われた演習は本国軍が重視している砲兵と戦列歩兵を活用した戦術と全く異なっていた。記者が「戦列歩兵はどうしたのですか?」とクルフュルスト大佐に尋ねたところ、苦笑して何も言わなかった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れる歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。
コメントいただけると嬉しいです。
どうかよしなに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR