八年式携帯対戦車無反動砲

ファンツァーパウスト
8th Year Type Mobile Anti Tank Projector FantherPaust


【概要】
民主連邦陸軍がやっつけで作った使い捨ての対戦車無反動砲。
圧倒的な安さを誇るが、相手に肉薄しないと使えないという代物。
ちゃんとした対戦車兵器がない民主連邦ならではの代物である。
しかしとにかく安いので大量に配備され、更には様々な国に輸出された。


【開発経緯】
必要性のなさから長らく装甲車がなかった民主連邦軍。
当然装甲車の対策も立ち遅れていた。兵士の武装は小銃、軽機関銃、そして拳銃だけであった。

しかし初の国産戦車、八年式が生産軸に乗った頃、当然対戦車兵器の要望が出てくるのも当然のことである。
乗り気じゃなかった兵器局は「竹やりに地雷を付けたもの」を対戦車兵器として使うことを前線に通達したが、将兵たちが暴動を起こし、使用をボイコットしたため仕方なく新たな対戦車兵器を作ることにしたのである。

生産は銀星重工に委託した。
条件は値段を抑えること、この一点である。
陸軍はこんなことに予算を使いたくはなかった。それよりも戦闘機が作りたかった。

困ったのは銀星重工である。
限りなく厳しい予算であったため対戦車ミサイルなんて到底開発、装備できるものではなかった。
そこで銀星は閃いた。使い捨ての携帯無反動砲にすることを。

これならば生産は容易である。
というか下請けの町工場でも作ることができた。
先端部分は銀星が作れば、鉄製の筒ぐらいならば軍事ノウハウがない民間でもなんとかなったからである。
こうして初の対戦車兵器は大量に前線に届いた。その対戦車兵器は「ファンツァーパウスト」と名付けられた。
理由は語呂がいいからである。

真価を見せたのは華南事変においてである。
軍閥側が繰り出す装甲車に対抗できる兵器はこれしかなかった。
性能がよかったとは言えない。
射程距離はせいぜい100m、威力は軽装甲車やソフトスキンは一撃で葬れるが重戦車は何発も当てないといけなかった。将兵たちは危険な近接戦闘を行わなければならなかった。だが、これしかなかった。

なお、一部では威力不足を解消するため弾頭の大型化もすすめられた。

前線への支援

安い兵器だったため華南事変の際には大量に前線に送られた。
写真は戦車の支援を要請したのにファンツァーパウストが司令部から大量に送られた時の様子。

ファンツァーパウスト強化版
〈射程距離150m、弾薬量2倍の強化版。その代り相当重くなった。華南軍で主に使われている。〉




【開発後記】
これもわずか2パーツの作品・・・手抜きですね。でもパンツァーファウスト大好きです。
ネタ切れというわけではないのでご安心をw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして通尊国のつまようじです。

通尊国でもファンツァーパウストを少し改良した上で生産したいのですが
ライセンスの許可いただけませんでしょうか。

No title

レゴランド民主主義連邦のケーニッヒです。はじめまして。

勿論ライセンスどうぞ。 造り方は大丈夫・・・ですよね?w

あとですね 相互リンクどうでしょうか。そちらのブログもとても面白かったので・・・

No title

ありがとうございます。

相互リンク大歓迎ですww これからもよろしくお願いします。
プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR