十五年式小型乗用車カルス

CkEZ_M6WYAAyvhn.jpg
15th Year Type Light Vehicle Carrus


【概要】
十三年式偵察車ロリカを本体部分を流用した、4人乗りの小型乗用車である。
軽く、ある程度の悪路走破性もあり、更に安いことから、大量に生産され、前線で消費されている。
十一年式四輪自動貨車と共に、最も民主連邦軍で普及している車両であり、将兵に最も近い兵器の一つなのである。


【開発経緯】
十三年式偵察車の存在は、民主連邦陸軍に大変なるインパクトを与えた。
このよくできた兵器は、隣国であり同盟国でもあるアストメリア共和国からライセンス生産したものであったが、速く小回りが利き、生産コストも低いという化け物のように優秀さを誇っていた。
何よりも恐ろしい事はこれが共和国軍では半世紀以上前に使用され、博物館で置かれていた骨董品であったということであったが、それはともかくとしてこの優秀な車両を偵察車程度で留めておくのも勿体ない話である。
既にロリカを一部改造した弾薬車も配備されていたが、その使いやすさに将兵は更に絶賛した。
同車をより汎用的に使える乗用車にしよう!という声は日増しに高まっていったのである。

CgkU8c6UYAAb4vw.jpg
〈ロリカ弾薬車。重い弾薬の運搬に苦しめられていた将兵にとってありがたい存在だった。〉

将兵の声を無視する事に定評のある上層部としては珍しく、この要望に乗り気であった。
民主連邦の輸送能力は常にパンク気味であり、特に鉄道輸送後から末端へ物資が届くまでが壊滅的に滞った。
それはさながら血管が塞がり、末端の神経が死んでいくがごとしであった。
既に四輪自動貨車のほか、陸軍には十年式中型乗用車があったが、この車両の走破能力は低い。
乗用車が乗り付けられない低インフラの戦地へは、多くは馬匹、時には人力で輸送しており、さながらその光景は到底近現代の軍隊と言えないものであった。

C-5bYNfWsAAtFu1.jpg
〈前線の物資集積所。民主連邦の兵器が刷新されるほど、必要な物資は加速度的に増えた。〉

早速陸軍兵器局は、低調だが堅実な仕事ぶりに定評のある銀星重工に、十三年式偵察車を改造した汎用自動車を製作することを命じた。
銀星重工としても、楽な仕事であった。
主な仕事は弾薬輸送車の後部を改修して、座席を取り付ければよかっただけなのだから。
他にもオープントップにしたり、重機関銃用の銃架を取り付けたりしたが、基礎は殆ど変わっていない。
それほど初期設計が優秀だったのである。

銀星重工設計陣は、3ヶ月という驚異の開発速度で試作車を完成させた。
4人乗りという少ない搭載能力ながら、親譲りの走破性、そして生産性にいたく満足した兵器局は、早速生産を指示した。
こうして本車は劇的な生産速度で、瞬く間に部隊に普及したのである。


【性能】

CkEaWE5XEAE3LDa.jpg
乗員は4名。2名なら100km/hというかなりの速度を出すことが出来る。なお二輪駆動である。

CvcFk4lVIAA77YI.jpg
後部には十二年式重機関銃を乗っける銃架を装備。簡易的な偵察や追撃任務にも使用された。

CkEaK4iWsAA-wFE.jpg
発動機は前部のクランクを回してかける。他国軍では絶滅した、古式ゆかしき風景である。

CkEaHEIXIAIwi-2.jpg
後部には牽引器具が取り付けられている。数字は部隊番号だ。


本車両は他国と比較していろいろと原始的な車両だったが、それが幸いして全体的に堅牢な設計であり、またすぐ壊れてもすぐに修理することができた。
馬力が低く、そもそも発動機自体旧式であったが、そもそも民主連邦国内ではその程度の車両しか民間に普及していなかったため、哀しいことに特に問題はなかったと言える。
むしろ兵士にとって扱いやすい代物と言え、一部の一般歩兵でも直せたぐらいである。

CsjePlDUIAAjNFD.jpg
〈フィールドキッチンを牽引するカルス。まことに将兵に近い存在であった。〉 

4人しか乗れないことは確かにネックであったが、6人乗りの十年式中型乗用車が補完した。
歩兵連隊に一定程度割り当てられ、偵察や連絡、輸送に移動と様々な局面で酷使されたのである。
大量に生産されたカルス小型乗用車は、民主連邦軍の行くところ、戦地に大量に持ち込まれ、大量に酷使され、敗退して大量に放棄された。
またつつがなく兵役を務めた車両は民間に安価に払い下げられた。
その結果として、多くの本車両を民主連邦の街角で観ることができるのである。

DDf-rJaVoAAuxXb.jpg
〈歩兵連隊には必ず付属した。歩兵部隊だけではなく、海軍や内務軍でも用いられた。〉




【開発後記】
ポポさんに作っていただいた車体をそのまま流用し製作した民主連邦のジープです。
主な改良点はオープントップにして座席を付けたぐらい。本当に基礎設計が優秀ですね。
とても作りやすいので、たくさん製作しちゃいました。こういう車両は数があると、雰囲気が出ていいものです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れる歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。
コメントいただけると嬉しいです。
どうかよしなに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR