スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撃Ⅱ型戦闘機サウニオン

C6PONs9UYAEya8_.jpg
Type Ⅱ Interceptor Saunion


【概要】
民主連邦陸軍航空隊が誇る小型の要撃戦闘機。
撃Ⅰ型グラディウスと比較して、高速性と重武装に特化している。
特筆すべきは推進式という極めて野心的な機体を持つことである。
その機体形式は良くも悪くも(大体は悪くも)本機の尖った性能を生み出した。
価格や整備性の観点から、本機はごく一部の部隊にのみ配備されているが、その未来的な外観から人気は高く、陸軍航空隊に於いてたびたび人民に向けて喧伝されている。


【開発経緯】
民主連邦における航空技術にとって、撃Ⅰ型グラディウス戦闘機の成功は大きな変革をもたらした。
他国からのライセンス生産とはいえ、今後の規範・スタンダードとなったのである。
撃Ⅰ型は陸軍航空隊の中心を占め、あらゆる戦場で姿を現す戦闘機であった。

C0MvLdlUoAAkyCV.jpg
〈前線飛行場にて出撃を待つ撃Ⅰ型グラディウス戦闘機の様子。〉

そんなグラディウスは、軍需企業の最大大手である銀星重工が生産を司っていた。
その一方、民主連邦には他にも軍需企業が存在した。海王自動車と赤星発動機がその代表である。
両企業は戦闘機に関しては未経験であり、グラディウス製造の下請けをやっていたのみであった。
当然ながら両社はその状況を肯定せず、独自の軍用機を作る一心で機会を虎視眈々と狙っていたのである。

先に抜け出したのは海王自動車であった。
そもそも海王自動車はやたらと早くやたらと燃費の悪くてかっこいいスポーツカーを製造する自動車メーカーであったが、その無駄に高い技術力を生かして陸戦兵器を中心とした設計生産をおこなっていた。
その主任設計者フェルナンド・ポルッシェ博士は、精力的な独自交渉により天ノ川皇国の最新鋭空冷発動機(1200hp)のライセンス生産権を入手したのである。
その背景には航空技術の発展を狙った軍兵器局による甘めの裁量があったといわれる。
いずれにせよ銀星重工に対抗できる発動機を入手した海王自動車は独自の軍用機を試作することにした。
しかも野心的なポルッシェ博士の強い要望もあり、いきなり作るのは一線級の戦闘機からである。
海王自動車設計陣は撃Ⅰ型戦闘機にとって代わらんとする新型戦闘機を目指したのだ。

C6PutnmU0AE2rnm.jpg
〈天ノ川皇国からライセンス生産を果たした「アリエルA型」星型空冷発動機。極めて強力だった。〉

撃Ⅰ型は汎用性が高く優秀な戦闘機であったが、徐々に不足点も前線から指摘されていた。
主な問題点として挙げられていたのは航続距離の短さ、そして武装の貧弱さである。
それらの改善を踏まえ、海王自動車は特に高速性を重視した設計にすることにした。
スピードに拘るあたり、やはり彼等は生粋の走り屋であり、自動車会社であった。
ポルッシェ博士は「最高速度でグラディウスを100km/h以上凌駕する」と豪語。まさに野心の塊であった。
そんな海王自動車に対し、それなりに興味を抱いた民主連邦軍兵器局は、新型戦闘機の開発予算並びに試作機生産の補助金を珍しく気前よく与えたのであった。

稀代の天才設計者にして独創的思考の塊であったポルッシェ博士は、機体配置として何と推進式を採用した。
試作機生産の下命を出してから半年後、兵器局の高官達は海王自動車で木製モックアップを見学した。
そのあまりに特異な機体に驚愕し、何名かは失神し、残りの大部分はそもそも飛ぶのか懐疑的であったという。
喧々諤々の高官達に対して、ポルッシェ博士は推進式のメリットを滔々と述べた。
・洗練された胴体になるため、空気抵抗が少なく高速性を発揮できる
・コクピット周りが広くとることができ、特に前方視界が良好である
・機首に大口径機銃を配置することができ、重武装かつ命中率の向上が見込まれる
などであった。
理路整然とした説明に、兵器局の高官達もなんだかよくわからないけどまぁいっか!と開発続行を指示した。

そして更に半年後、ついに試作機は首都プノンペンネ近郊の飛行場にて姿を現した。
未来感溢れる銀色に輝いた推進式の機体は、見学しに来た軍高官達を唸らすものがあったという。
その期待は飛行場から飛び立ち、澄みゆく青空を飛翔しても裏切られることはなかった。

最高速度は撃Ⅰ型を優に100km/h超える600km/h以上を叩き出した。
上昇・加速性能も申し分なく、また武装も大口径機関砲(20mm相当)の搭載に成功していた。
まさにポルッシェ博士は当初の大言壮語を実現したのである。
それは海王自動車の技術力の高さを証明するものであった。

後に撃Ⅰ型戦闘機と比較検討し精査した所、旋回性能以外はほとんど勝っているとされた。
問題となったのは製造コスト(撃Ⅰ型の2倍程度だった)だったが、高性能ぶりに十分元は取れると判断された。
性能にいたく満足した陸軍航空隊は早速本機を正式採用、「撃Ⅱ型サウニオン戦闘機」の名称をつけ、海王自動車に逐次量産を命じたのであった。量産1号機は2カ月後に前線部隊に配備される。
前線部隊の将兵たちはその先進性と空想科学じみた本機の姿に民主連邦の未来を感じた。
もちろん、これでそのまま終わればよかったのだが、ここは駄作兵器が跳梁跋扈する民主連邦である。
当然配備されてすぐ後に様々な問題が噴出することになるのであった。


【性能】
推進式という野心的な機体選択は、ある程度の成功を収めたのは間違いない。
事実本機は当時民主連邦軍が保有するどの軍用機をも凌駕する速度であった。
ひたすらに速度を求めた自動車会社の面目躍如といったところである。
また武装も申し分なく、大型機に対する20mm翼内機関砲、そして機首の13mm機関砲は中心軸に沿っていたため命中率が良く、パイロットの多くから好評を得たのである。
他にも一体型曲面キャノピー、改良された照準装置や無線機等、様々な新機軸が盛り込まれていた。

C6PNtC6U8AIcFri.jpg
〈連邦の空を飛ぶサウニオン戦闘機。流線形を基調とした美しいラインがそこにはある。〉

C7W2QWfUwAAxHb0.jpg
〈広々としたコクピット内部。操作機器周りはかなり洗練されていた。〉

C6PNt16U8AEsNhZ.jpg
〈横からの様子。ライセンス元ではもともと爆撃機用の発動機だったため、かなり大型である。〉

本機はその高性能を鑑み、まずは首都の最精鋭防空部隊から配備されることが決定された。
もっとも、やたらと高価でやたらと複雑であり、また海王自動車の生産体制が不満足な規模であったため、量産当初の予定と比較して遅々として進まなかった。
それでも「アリエルA型」星型発動機を銀星重工や赤星発動機に生産を一部肩代わりしてもらう等して、どうにか量産体制は軌道に乗ったのである。
まとまった数が供給できるようになったのは試作機量産が半年後である。

C7W1BweV4AAjV2T.jpg
〈溌溂と空を飛ぶ撃Ⅱ型サウニオン。翼内には必殺の20mm機関砲が搭載されている。〉

栄光に輝いたサウニオンの名声。しかしその一方異変は着実に前線部隊にて起こり始めていた。
配備されてからしばらく後、衝撃的な報告が陸軍航空隊司令並びに兵器局へ舞い込んだ。
一か月で配備されたサウニオン戦闘機のおよそ半分が事故で損耗していたのである。
更に残り半数の機体も整備にてこずり、現在飛行可能な機体はわずか30%に過ぎなかった。
幾人かの将校が失神し休職する中、兵器局は前線部隊の将兵たちに聞き取りを開始した。

操縦員達は異口同音にその操縦の不安定さを口にした。
推進式の機体はいきなり失速するという厄介極まりない状況を引き起こしていたのだ。
わけもわからないまま失速する上、脱出しようとすると後ろのプロペラに巻き込まれる事故が多発していた。
既にパイロットの間では「全自動挽肉生産機」という極めて有り難くない名前が冠されていた。
後にこの問題は修正され、脱出時は火薬カートリッジにより発動機ごと後方に脱落させる方式が採用された。

地上作業員達は発動機の信頼性が絶望的であることを次々と兵器局に伝えた。
機体の後ろにあるため、発動機の冷却が不完全であり、最悪の場合文字通り「止まる」代物だったのだ。
それを防ぐためには頻繁な整備点検が必要であり、その信頼性の無さは24時間に1回の整備が前線飛行場にて義務付けられるほどであった。
もちろん、それは発動機自体のせいではなく(ライセンス元の天ノ川皇国軍では、むしろ故障が少ないと称されるぐらいだった)、根本的な機体構造の欠陥にあったのだ。

海王自動車は極めてデリケートなチューニングに優秀な作業員を擁していたため、噴出する問題に気が付かなかった。
後に以上の問題点を踏まえた改良型が現在の生産機になっているものの、根本的な問題は推進式の機体構造にあるのだから、あまり状況は変わっていないといえる。
ある海外の軍事評論家は「レースカーの理論をそのまま持ち込んでしまった失敗兵器」と評している。

【運用】
操縦や整備に重篤に問題がある本機ではあるが、カタログデータ上ではかなりのスペックであるため、一応正式な迎撃戦闘機ということで今日も民主連邦の空を元気に飛び回っている。
しかしそもそも調達費用が高価であり、またパイロットに高度な技術が要求されること、整備保守要員が多くとられることから一部の航空部隊(首都をはじめとする重要拠点等)にのみ配備されている。
配備数はグラディウスと比較して、極めて限定的である。
また、本機の数ある欠点の一つに、機体バランスの異常からやたらと降着装置が破損するというものがあり、整備された上位の飛行場にしか発着陸できず、更に配備先を狭めているのであった。

C6POOptVMAAy_sU.jpg
〈問題の降着装置。僅かな振動で根元から折れ胴体着陸を余儀なくさせるお茶目な代物である。〉

C7W1BJPUwAEXdVW.jpg
〈多発する離着陸事故。もはや見慣れた風景であった。〉

それでも現在のところ民主連邦陸軍航空隊で最も能力が高い戦闘機であることには変わりがない。
慣熟した操縦手が一撃必殺を念頭に扱えば撃Ⅰ型グラディウスより強力な迎撃力を有するのである。
撃Ⅰ型とⅡ型はいわば民主連邦でのハイローミックスと言えることもできるだろう。
もっともその半分は欠陥機で構成されているのだが。

C7W1AY0VAAAHXJz.jpg
〈飛行場にて並ぶ撃Ⅰ型とⅡ型。大体同じ大きさだ。〉




【開発後記】
天ノ川皇国のぬぬつきさんからいただいた発動機があまりにも雰囲気が良かったため、発動機剥き出しの推進式戦闘機を作ってみました。
推進式の戦闘機はかっこいい発動機が映えるのです。
モデルはSaab21とか閃電とかXP54とかいろいろな推進式戦闘機を参照しつつ楽しく作りました。
理想は高いけど、現実に打ちのめされる設定こそ、推進式戦闘機が醸し出す試作機感にふさわしいと思うのです。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。