撃Ⅰ型戦闘機グラディウス

CpP-BxAUMAAj45q.jpg
Type Ⅰ Interceptor Plane Gradius


【概要】
民主連邦陸軍航空隊の数的主力を務める単座単葉のレシプロ戦闘機である。
同国初の全金属製単葉戦闘機であり、設計から製造に至るまで友好国の航空機メーカーの手厚い支援を要した。
そのため本機が配備された際、その洗練されたデザインから、陸軍は国内外に最新鋭戦闘機として喧伝した経緯を持つ。
ちなみに名称の「撃」は要撃戦闘機として民主連邦陸軍で使われていることを示す。

1000馬力超えの大型空冷エンジンを装備する頑丈な機体であり、優速性と防弾性能に定評がある。
一方で格闘戦は苦手であり、また航続距離も平均して劣る。迎撃戦闘機としての性格が強い。
その無骨で寸胴な姿はまさしく民主連邦陸軍航空隊の象徴であり、現在でも多くの将兵に愛され、今日も連邦中の空を元気に飛び回っている。


【開発経緯】
硬直した組織、そして全般的な機械工学技術不足の結果、諸外国と比較して旧式兵器を運用することに不名誉な定評がある民主連邦軍。
その中でも著しい遅れが指摘されていたのが航空機分野であった。
民主連邦には陸海軍それぞれに航空隊が存在していたが、その何れも型落ちの複葉戦闘機を主力としており、以前から質的不足が指摘されていたのである。

保守的な運用思想にどっぷり染まっていた民主連邦軍上層部達も、さすがに自分の居場所や首都が爆撃に対して無防備である状態は危機感を持って受け入れられ、連邦内の有力軍需企業に新型戦闘機の要望書を送ったのであった。
陸軍は「十五年式試作戦闘機計画要求書」を提示し、各メーカーに協力を呼びかけたが、銀星重工のみの参加となった(当時民主連邦内で航空機が設計可能な会社は他に2社存在したが、海王社は海軍の戦闘機設計で忙しく、また弱小メーカーである赤星発動機は銀星重工による圧力で辞退していた)。

Cqm2HcXUkAACkiE.jpg
〈銀星重工開発部社員たち。青い制服は理工学エリートの証だ。〉

計画要求書では「全金属製」の「単座単葉」戦闘機であることが前提として求められた。
更にまだ影も形もない1000馬力空冷エンジンを搭載することまで指定されている。
いずれの条件も民主連邦ではほとんど未知の領域であり、独力での開発が困難と直感的に悟った銀星重工は海外の優秀な航空機メーカーと提携する方法を選んだ。
提携した海外メーカーもほぼ未開拓といえる民主連邦軍需は魅力的に映ったようであり、かなり前向きに協力した。
その結果製造機械を含む優秀な機材や技術者が民主連邦国内に流れ込み、連邦の航空技術は格段の改善を見せるようになったのである。

ほぼ他人任せとも言える開発チームの奮闘の結果、設計からモックアップ、試作まで極めてスムーズに進んだのであった。
試作機第1号は要求書提示のわずか半年後に姿を現した。
羽布織の複葉機に見慣れていた民主連邦の軍人達が全金属製単座単葉機を見てその近未来的な姿に驚嘆したのはある意味当たり前だったであろう。
ある航空将校は「試作機は光でキラキラと反射しており、その機体は未来を纏っているように見えた」と書き残している。

輝く全金属製であることから、ラテン語で短剣を意味する「グラディウス」と名付けられた本戦闘機は民主連邦航空技術の飛躍であり、マイルストーンとなった。
もっとも殆ど外国の技術を用いて(治具や製造機械も含めて!)造られたという点は民主連邦軍の後進性を示すことでもあったのである。

CpP9_1JVMAACyGb.jpg
〈横から見るとかなり寸胴で特徴的な機体である。右側面には必殺の13mm機関砲が装備されている。〉

CpP9_IKVIAAwb6o.jpg
〈空冷発動機「シリウスA型」は故障が少なく整備も楽なことから百姓エンジンと呼称された。〉


【性能】
本機は以前運用されていたいずれの戦闘機も凌駕する性能であり、また量産性も考慮されていることから、量産からいくばく経たずしてほとんどの一線級航空部隊で運用されることになった
。配備にあたって最優先されたのが首都の防空部隊であり(首脳陣にとって自分の身を守る事が何よりも重要であった)、その後火種を抱える北部の国境地帯へ次々と送られていった。
前線の兵士達はその先進性に驚き、多くは歓迎した。

配備時に戦闘機パイロットや航空参謀を巻き込んで議論されたのが「旧式の複葉機に格闘戦で勝てるのか」というものであった。旧型機を好む一部の軍人達は複葉機の方が旋回性能に秀でているため、格闘戦において本機は旧型機に劣ると主張したのである。
実際に模擬空戦が何度か行われ、その結果確かに複葉機の方が旋回性に優れているものの、格闘戦で決定的に不利になるような差はなく、一撃離脱戦法に徹すれば圧倒的にグラディウスの方に分があることが判明した。
この議論はその後爆撃機が高速化したこともあり、徐々に終息した。
この結果格闘戦主体であった航空戦術が一部見直されることとなった。本機の配備はドクトリンまでも変えたのである。

C0MvLdlUoAAkyCV.jpg
〈前線飛行場で待機するグラディウスの群れ。臙脂色の国籍カラーが映える。〉

C0MvMvIUkAAdhPh.jpg
〈出撃直前の様子。本機は民主連邦陸軍作戦戦闘機の大半を占め、どこの飛行場でも見れる〉

十六年式戦闘機の欠点としては航続距離と飛行時間の短さが上げられる。
小型の機体に大馬力エンジンを積んでいたため、開発時から脚が短くなる事は指摘されていたが、海軍と比べて陸上の飛行場がある陸軍は問題が少ないと考えたのであった。

しかしいざ配備してみると、爆撃機を直衛できない点や頻繁に着陸補給を要求される点に対する不満が随所から起こった。
これは民主連邦北部にある華南地域への干渉紛争が勃発した際、長距離爆撃機隊に本戦闘機がエスコートできず、爆撃機に被害が続出したことから更に不安が高まった。

兵器局はそれに対して燃料搭載量を増やした改良型増槽を泥縄式に開発・運用したが、重い増槽を付けた分燃費が悪化し、抜本的な対策にならなかったのである。
本機は迎撃機的な要素が強く、打って出るような戦闘機の必要性を認識した民主連邦軍は新たな戦闘機を開発することになる。

なお当初の十六年式戦闘機スパタの武装は機首に7.7mm機関銃を2挺装備したのみであった。
しかし運用を重ねるごとに敵爆撃機に対する迎撃が主目的となり、威力不足が指摘されたために、改良型には13mm機関砲が機首の片側に取り付けられている。
13mmには焼夷弾や炸裂弾を搭載することができたため、これにより大型機にも有効なダメージを与えることが可能となった。
その一方で機体の片側に大型の機関砲を載せたことから重量増大並びにバランスが崩れ、空力的にも悪化したことから少なからず速度が低下したのであった。
また13mm機関砲は中軸から少し外れた場所に取り付けざるを得なかったため、小型機に対する命中精度も微妙である。
しかし大型機やソフトスキン車両を屠れる能力を得たため、現地部隊からはおおむね好評であった。

現在戦闘機として民主連邦陸軍航空隊各部隊にて運用されているほか、頑丈な機体と馬力のある発動機を活かして戦闘爆撃機としても重宝されている。
なお搭載武装としては250kg爆弾を2発積むことができ、地上攻撃の際に一役買っているという。




【開発後記】
レシプロ戦闘機に回帰してから初めての作品。
といっても缶詰パスタさんからいただいた設計図を起こして作っています。
とにかく30年代後半の先進機体って雰囲気がかっこいいのです。ありがとうございます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

民主連邦らしいデザイン

前からこの戦闘機 気になっていてブログとかで探してました!ロマンが溢れ出ていますなwケーニッヒさんらしいデザインです。

No title

ありがとうございます。ようやく設定をかけてうれしいです。
設計図を他の人からいただいたものを起こしただけなので、ほの私の設計ではないのですがそれでもロマンに溢れたいい戦闘機になったと思います。
プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れる歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。
コメントいただけると嬉しいです。
どうかよしなに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR