十五年式装甲兵員輸送車スクトゥム

APC1
15th Year Type Armoured Personnel Carrier Scutum


【概要】
民主連邦陸軍初のAPC。ようやく近代的軍隊ぽくなってきた?
しかしその内実はもっと旧時代から呼ばれた何かであった。
欲張って大砲やら機銃やら載せた結果本来のAPCとしては中途半端な出来になってしまった。

ちなみにブリック共和国のゲリュオンI主力戦車のシャーシを使っている。(参照
当然ながら元の性能を驚くほど下回る出来であり、そもそも主力戦車ですらないのである。


【開発経緯】
ゲリュオン。それはブリック共和国軍の主力戦車である。
その量産と性能のバランス性は各国で規範となり、様々な軍隊で運用されている名戦車である(参照
実は共和国と同盟関係にある民主連邦としても再三導入が検討されていた。
民主連邦も大国としてふさわしい現代的な機甲部隊を持たなくてはならない!と考える極一部の軍人達がいたのだ。

しかしその話はコネと佞臣とロマンと旧式兵器が支配する民主連邦軍に通るわけがなかった。
最大の要因としては上層部が戦車を歩兵支援・直協用として戦車と言う存在をとらえていたからである。
戦車は歩兵を支援するものであり大口径榴弾砲が必須!速度があっても歩兵が追いつけなくては意味がないではないか!と。
結局時代錯誤も甚だしい十三年式主力戦車「バリスタ」も完成・量産によってゲリュオンのラ国は立ち消えになったのであった。

そうして消えかけたゲリュオン国産化計画に再び光を照らそうとしたのが民主連邦の傀儡国家、華南共和国政府であった。
共和国大統領マルクグラーフ陸軍大将以下政府首脳は軍の精鋭化・近代化を必死に模索していたためである。
彼等はポンコツ揃いの民主連邦本国政府高官達と異なり現実が良く見えていたのであった。

華南共和国軍は独自にゲリュオン主力戦車を運用しようと決心したのである。
早速ブリック共和国の総合商社と話を付けたのであった。
共和国側としても本国でぽしゃったゲリュオンの輸出ができるという好条件であったため話は見事に決まったのであった。
華南共和国版ゲリュオンは政府隷下の企業「華南資源開発公司」によって本国の許可なく試作されたのである。
この戦車は「試十四式主力戦車」と命名された。

BulQ__lCAAAlnmV.jpg
〈華南共和国によって試作されたゲリュオンⅠ〉

試作型ゲリュオンの性能は良好であった。
技術がおぼつかないため元と比較すると特に射撃精度において劣ったが、それでもこれまで民主連邦が保有していたすべての戦車を凌駕する性能であった。
マルクグラーフ大統領は性能にいたく満足し、早速量産を命じたのであった。
工場の生産ラインは稼働し始め、車体部分が続々と納入されていた。
砲塔に関しては電子部品をより改良するため生産は後回しにされていたようである。

しかし思わぬ事件がマルクグラーフ大統領の目算を破綻されてしまう。
彼の右腕であり、共和国軍の近代化に勤しんでいたクルフュルスト大佐が事故死を遂げてしまったのである。
共和国軍の強大化を良く思わない本国政府高官の一部による犯行という説もあるが定かではない。
それはともあれ共和国軍が一時期混乱したのは事実であり、それに伴いゲリュオン量産計画も闇に葬られたのである。
先行量産されたゲリュオンの車体部分はどさくさまぎれに本国政府に運ばれたのであった。

しかし近代兵器に疎い民主連邦では日の目を見ることもなく、埠頭の倉庫に埃を被ったまま放置される始末。
誰もその意味がよくわからなかったのである。
1年後、たまたま倉庫の検品をしていたところこの車体が「再発見」された。
車体はスクラップにすることも検討されたが、捨てるには惜しいと思った民主連邦軍はこれを利用することを考えた。
車内容積が広い事に目を付けた兵器局は装甲兵員輸送車、APCにしようと考えたのである。

当時陸軍はAPCの不足を痛感していた。
歩兵は歩くものであり、足りない部分は四輪貨車を使えばいいと確信していた軍は、華南共和国にて発生する匪賊に大変手を焼いていたのである。
匪賊の繰り出すゲリラ戦術に、装甲化されていないトラックは脆く、生身の歩兵は更に脆かった。

兵器局の「ゲリュオンの車体を使ってAPCにしろ」という指示を受けたのは毎度おなじみ銀星重工である。
銀星重工はAPCなるものがよくわからなかったが、兵器局の「歩兵が載れる戦車のようなもの」という言葉を精いっぱい解釈して、思うがままに設計したのであった。
側面に機銃を付けたのは銀星重工が開発した主力戦車「バリスタ」の流れを受けたものと想定される。
こうしてゲリュオンⅠの導入から足掛け数年を経て姿を現したAPCの「ようなもの」、それこそが本車両である。


【性能】
本車はAPCというよりむしろ旧世代の突撃砲に近い。
もっとも突撃砲としても側面に機銃座があったりと最早なんだかよくわからない代物である。
武装は主砲75mm歩兵砲、側面に13mm機銃2挺を装備している。
ゲリュオンⅠの生みの親、ブリック共和国のある文官はこの車両を見て、達観したように「むしろDUL的にはまともな方だと思う」とつぶやいたという。

APC2.png
〈側面には威風堂々と13mm機銃が装備されている。〉

APC4.jpg
〈すし詰めのように狭い車内。装甲化した窮屈で安全な車内か、オープントップで清々しくも危険な車外か選べる。〉

乗員は操縦・砲手1名、車長1名。歩兵は内部で6人乗る。
車外にも手摺を設けたので外ならば更に4名程度は載ることが可能である。
ただし外では身の安全の保障はできない。
ちなみに申し訳程度の煙幕発射機が側面端についている。役に立ったことはないという。

他国からは「いつもの民主連邦」と片付けられる程度によろしくない出来の本車であったが、将兵からは意外に好評であった。
付け足しの戦闘室部分はともかく、車体はゲリュオンⅠ譲りの丈夫さだったからである。
また足回りの丈夫さ、そして機動力もさすがゲリュオンというべき走破性だったという。

APC3.png
APC6.jpg
兵員は後部から外に出ることができる。
当然ながら後部が一番の弱点だ。

APC5.jpg
内部の様子。兵員を下せば高性能の無線機も積むことができる。




【開発後記】
ブリック共和国のスコウさんごめんなさい。という感じが前面に出たAPC。数年前の作品を改めて公開です。
作ってみたら33B突撃砲に近い感じになってしまった気がします。
当初は真面目にゲリュオンを作ろうと思っていたのにどうしてこうなったのか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れる歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。
コメントいただけると嬉しいです。
どうかよしなに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR