華北帝国軍 Ic-3a 75mm平射狙撃砲

P1020749.jpg
North Mandarin Empire Ic-3a 75mm Snipe Infantry Canon


【概要】

華北帝国陸軍歩兵部隊が扱う軽量歩兵砲である。
「狙撃砲」とは聞きなれない言葉だが敵の機関銃陣地等を破壊するために用いる背が低い軽砲のことである。
その目的の通り通常の野砲と異なり車輪がなく、体高も低く造られている。
現代世界においてこのような古いコンセプトの方を採用している軍は世界広しと言えども華北帝国軍ぐらいであろう。
とはいっても歩兵部隊支援の為多用途に使われている。高射砲として使えなくもない。


【開発経緯】

敵の防御陣地は歩兵部隊にとって厄介な代物であることは疑いようのない事実である。
更にそれがべトンによって強化され、機関銃等が据えつけられると突破は困難になる。
王道の解決策としては砲火力を集中させるのが挙げられるが国力が貧しい華北帝国にとってそれは厳しいものであった。
戦時になった想定の場合砲弾の安定的な供給さえ臨めなかったのである。

帝国軍需省はその打開策としていわゆる「狙撃砲」というものを考案した。
歩兵部隊によって前線で運用され、命中率がよく、直接射撃で敵強化陣地を粉砕するというものである。
もっともその考えは実は相当古かったのだが当然誰も気づくことはなかった。
アイデア自体は軍内部でも好評であったため早速新式の砲を民主連邦の巨大軍需企業、銀星重工に発注することにした。
華北帝国では独自の近代火砲を作る技術がなかったためである。

狙撃砲の条件は以下の通りであった。
高初速であること。命中精度を高めるためである。そのため長砲身が求められた。
砲の体高が低いこと。なるべく目標に近づき、発見されにくくするためである。
軽量であること。歩兵部隊が運搬でき、配置転換も容易にすることで反撃を受けにくくするためであった。
他にも補給上の観点から既存の砲と共通する弾薬を使用できる党の条件が盛り込まれた。
帝国から外注を受けた銀星重工は半年の製作期間で無難にまとめあげたのであった。
銀星重工は相当数の対価も帝国より得たようである。

こうして新式の狙撃砲は華北帝国陸軍歩兵部隊に配備された。
帝国陸軍では大隊ごとに一門配備される「大隊砲」という扱いになっている。要は歩兵砲である。
ろくな火砲がない華北帝国軍にとっては有り難い代物であった。
設計思想自体はレトロなものであったがその軽便さ、万能さは十分使える物だったのである。

P1020752.jpg
【口径75mm 操作要員4名 最大射程2000m】

P1020751.jpg
一目でわかる通り車輪はついていない。
直接照準が基本であるため射程もあまり長くないが対戦車にも一定の効果がある。

P1020755.jpg
軽量のため歩兵で担いで運ぶことができる。
行軍時には分解して運搬するのである。

P1020754.jpg
擬装した本砲。
ちなみに俯角を大きくとれるのは高射砲としての運用も狙って作られたためである。
もっとも直接照準なので全く当たらない。示威程度にしか使えないのである。


【実戦】

実戦ではまだ使用されたことがない。
しかし帝国歩兵部隊の主力装備であり帝国軍のいるところどこでも見ることができる。
演習でも使用されているがそこまで目立った欠陥はないようである。
民主連邦軍では狙撃しなくても飽和攻撃できるという強気な理由で採用されなかった模様。



【開発後記】

かつて旧日本陸軍では狙撃砲というコンセプトの兵器がありました。思いっきりそれをモデルとしています。
本当はもう少し小さく低くしたかったんですが俯角とかつけるとどうしても背が高くなりますね…うーん。
ドロイドの脚とか今一つ使いどころが見つからないパーツを昇華させることができました。よかったよかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR