十五年式軽戦車サギッタ

P1020120.jpg
15th Year Type Tankette Sagitta


【概要】
民主連邦陸軍自慢の軽戦車。
特筆すべきはその製造コストの安さ、車体の小ささ、そしてありとあらゆる武装・防御力の貧弱さである。
恐らく豆戦車を戦力として数えている国は民主連邦以外存在しないだろう。
既存の騎兵部隊を置き換える形で配備が進められている。
偵察や歩兵直協には便利ではある…便利ではあるんだけど。


【開発経緯】
民主連邦軍は大変旧式な軍隊であった。
その最たるものが騎兵であろう。
信じられないことだが、騎兵連隊が未だに軍の主力としての位置を占めていたのである。
一度決められた組織を無くすのは難しい。騎兵部隊こそ既得権益とコネの象徴であった。

しかしようやく民主連邦軍をもってしても騎兵は役に立たないのではないかと考え始めた。
後方偵察ならまだしも正面突撃や追撃にしても近代兵器の前では無力すぎた。
一部の軍上層部は「騎兵に機関銃を持たせれば機動性が高く便利なのでは」と主張した。
もっともそれも歩兵部隊が機関銃を揃え、自動車化が進んだことによってなかったことになったのである。

馬の大部分は輜重に回す(哀しいことに兵站のかなりの部分は未だ馬匹に依存していた)として問題は「騎兵旅団」という枠組みである。
これを無くそうという声も一部の先進的将校からあげられたが、騎兵科出身の将官等から大反対が起こったこと、そして今更新しい連隊を編成したり改変するのは極めて面倒であることから立ち行かなくなった。
そこで騎兵旅団という枠組みを残し、機甲化することで自動車化歩兵と機甲部隊の間をとろうとしたのである。
ある意味機械化歩兵ということもできないが、その内実はもっと旧式な何かであった。

問題は何を騎兵旅団に配備するかということである。
民主連邦の財政基盤上まとまった数の主力戦車は買えそうもなかった。
民主連邦の主力戦車は十三年式戦車であったが、大した性能でもないにもかかわらずかなりの高コストであった。
既存の戦車では大量の需要に応えられなかったのである。

そこで動いたのが民主連邦の大軍需企業、銀星重工である。
銀星重工側はこれまでの常識を超えた安価な戦車を作り上げると申し出たのである。
陸軍兵器局としてもこの問題には頭を悩ませていたので渡りに船とばかりの設計させることにした。
陸軍上層部としても自分達が使う訳ではないので性能低下に関しては大目に見たようである。

銀星重工は徹底したコストカットを図った。
まず車体は当時大々的に製造していた牽引自動車をそのまま流用した。
そして牽引自動車に合わせる形で(至極狭かった)武装や装甲を取り付けたのである。
当然設計は驚くほど短期間で終わった。申し出からわずか1ヶ月だったという。
こうして世界で最も安く、最も弱い「主力戦車」が出来上がったのである。

完成品を見た民主連邦陸軍の将兵達はその可愛さに胸を打たれた。
その小ささ、健気に走る感じはまさに萌えを感じさせるものだったのである。
騎兵旅団側も戦車というものをあんまりよくわかっていなかったためその設計に至極満足し、こうして「世界一安い戦車」は納入されることになったのである。
現場の戦車兵の苦労はそこから始まるのである。

P1020122.jpg
【武装:12.7mm機関砲*1 乗員:1名 最高速:時速20km】
ボンネットは元の設計とほとんど変わらない。エンジンがある分だけ前の方が若干防御力が高いかもしれない。
機銃部分はささやかな傾斜装甲になっているが本当にささやかなので機銃弾ぐらいなら防げる。
砲とかロケットとかで狙われたらどの部分に当たろうが綺麗に貫通するのだが。

P1020125.jpg
後部から。大型のハッチは乗員の出入り口である。
前方部分は元の牽引自動車が色濃く残っているが後部はかなり変更されている。

P1020126.jpg
視界を広げるために前方ハッチを開けることが可能である。
というか機関銃の弾薬部分により前が見えないという残念仕様である。
狙撃されたりすることもあるけどどのみち20mm以上の弾丸で撃たれたらあんまり安全じゃないから割り切ろう。

CDWn1G0UMAEJN2h.jpg
上陸演習の様子。
戦車上陸艇1隻に対し本戦車2台と兵士一式が乗り込めるのでかなり好評だったりする。


【実戦】
本車両は陸軍で普遍的に使用されたが、主な納入先は憲兵隊であった。
伝統的に騎兵が多く、治安維持程度の任務で駆り出されることが多かったためである。

そのためたびたび治安維持目的で本車両が前線で投入された。
小回りが利き、現地住民の反感をそんなに買わない見た目をしているからである。
もっともその撃たれ弱さからたびたび反撃され、残骸を晒している。

ちなみに民主連邦は「世界一安い戦車!」と題して海外輸出をもくろんで大々的に発表した。
しかし目の肥えた諸外国は値段以上の欠陥を重々感じ取り、全く売れなかったという。
民主連邦兵器のガラパゴス化は何もこれだけではないのであった。

CDWn31FUEAAjQmm.jpg
砂浜を上がる姿は実際可愛い。




【開発後記】
レゴ社の短いキャタピラ、小さすぎてどうにも使いづらい子だったので思い切って豆戦車の材料にしちゃいました。
豆戦車いいですよね!ロマンの塊ですよ。弱いですが。
レゴの戦車作品の中では製作コストはかなり安い方だと自負しているのですがどうでしょうか…!
人もちゃんと乗るようにするのが結構難しかったような気がします。
あ、ちなみにLego Digital Designerでこの豆戦車の設計図作っちゃったので興味がある方はお気軽に、どうぞ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR