春のリクルート祭り

【某日 民主連邦海軍省前にて】
P1010533.jpg
(がやがや…)

P1010534.jpg
「一列に並んで!押さないでください!」「受け付けはこちらです!」

エムデン大統領補佐官「なにこれ…。凄まじい行列なんですけど…。」

ヘルゴランド海軍少将「中に入れないですね…また海軍大臣が何かやらかしたなぁ。これは」

海軍大臣「ふふふ。中に入りたまえ。今いいことをしているんだ。」

エムデン大統領補佐官「あ、海軍大臣…。これは何してるんですか。」

海軍大臣「とりま、中に入ってみればわかるから。」

P1010535.jpg
「はい 履歴書提出して―」

ヘルゴランド海軍少将「これは面接ですか、大臣殿。」

海軍大臣「そうだともチリ―君。この前新式の原子力潜水艦を作ったのは覚えてるだろう?」

ヘルゴランド海軍少将「あー あれ(無用の長物)ですか。」

海軍大臣「あれ作ったせいで乗員が足りなくなった。と言うか細かく調べたところ水兵と船の規定乗員数が足りてないことに気が付いた。」

エムデン大統領補佐官(えー…。)

海軍大臣「そこで新規の水兵を急きょ雇おうと国民に募集掛けているところだ。」



P1010539.jpg「元船員です!船関係なら大丈夫です!」
-「よし、採用!」



エムデン大統領補佐官「なるほど。船員経験者から募集をかけたんですか。」

ヘルゴランド海軍少将「確かに海運国だから船員経験者は大勢いますね。」



P1010538.jpg「あのー…前科一般で強盗犯なんですが…。」
-「よし、採用!」



海軍大臣「いや。ほぼ顔パスだな。人が集まればいいや。」

ヘルゴランド海軍少将(大丈夫なのだろうか…?)



P1010537.jpg「元軍人です!十分ご期待に添えると思います。」
-「軍ではどこに所属してた?」

P1010537.jpg「えーと陸軍第2師団第i」
-「帰れ!陸軍のスパイめ!不採用だ!」



海軍大臣「あと陸軍関係者は全員落とす。」

エムデン大統領補佐官(やはりだめか…。)

Bk_7sASCUAAKzqS.jpg
こうして船員がそろった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR