スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十一年式五〇一型高機動車

大統領ご一行
11th Year Type 501 High Mobility Vehicle


【開発経緯】

騎兵
かつて民主連邦軍は騎馬を愛用していた。
乗馬は将校にとって必要不可欠な能力だったのである。
しかし、列強の仲間入りがしたい民主連邦にとって、機械化という名の軍の近代化は不可欠であった。
兵器局はまだ駆け出しであった銀星重工に国民車となりうる軍用車の開発を命じたのである。

甲型高機動車
残念ジープ
こうしてできたのが甲型高機動車である。
見てわかるとおり一人乗りでいろいろ残念な出来であった。
唯一利点をあげるなら輸送しやすい、ということだけである。
将校はかっこ悪いため乗りたがらなかった。将兵はその完成度から本車を「残念ジープ」と呼んだ。
勿論、国民車とはならなかった。

そんな中、民主連邦軍の近代化に一筋の光明が差した。
レゴソウル国が汎用小型軍用車のライセンスを売り出したのである。
好機とばかりに民主連邦政府はライセンスをもとめた。
どういう方法にせよ、とにかくライセンスは手に入った。

十一年式五〇一型高機動車
五〇一型高機動車
元の名前は「XS501汎用小型軍用車」である。
民主連邦軍が正式採用する中で、名前を「五〇一型高機動車」と変更したのであった。
生産は銀星重工が行った。もともとの性能は時速160kmだったが、工業力の差なのか100kmまで下がっている。

華南進撃の様子
安価な生産費と高性能により、瞬く間に大量に配備されるようになった。
華南事変の際には、偵察、進撃などさまざまな任務をこなした。
そのため将兵たちからの信頼も高い。
しかし、前線へいきわたっているとはあまり言えないのに、中央から査察に来た高官の送り迎えにはすぐ使われることに、民主連邦軍の将兵は多少不満に思っている。

警察仕様
警察のパトカーにも採用された。その能力で日々市民を怖がらせている。



【製作後記】

レゴソウル国が公開してくださった小型軍用車のライセンスをそのまま流用してるので自分の作品とはいえませんね・・・フロントの一部だけオリジナルに変更しています。すごい人が乗ります。自分が作ったトラックより人が乗りますw
あとライセンスはレゴ国際連合のサイトで見ることができます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。