ある科学者の悲劇

9時。海王の主任技術者であるポルッシェ博士は会社に出勤した。
いつもの変わらない生活が始まるはずであった…。

日課
ポ「よし 今日も仕事がんばるぞー。とりあえずロケットエンジンを推力にした戦車を作ろう。」

しかし運命はそれを許さなかった。

工事
作業員「最近この液体タンクガタが悪いなぁ…よし そっちもっといてくれ」

悲劇
作業員「あっ!!」

悲劇
社員「はかせー!!ポルッシェ博士ー!!!」

ポルッシェ博士は液体タンクごと中に入っていた薬品を頭からもろにかぶった。
奇跡はこの時に起こった。
ポルッシェ博士は後にこう語る。
「あの時私は死にかけていたのがわかった。その時何者かが声をかけてくれたのだ。確かにあれは幼女であった…。」

奇跡
社員「博士!生きてますか―…!?!?!?」


【陸軍省にて】
陸軍省にて

陸軍大臣「おいエムデン。ポルッシェ博士重傷らしいけど本当か?今日会談する予定なんだが。」

大統領補佐官「液体タンクの下敷きになったそうです。心配ですね…。」

新副大統領「一応ここに向かっているそうでs…(ピキーン)この気配は…!!」

ケーニッヒ少将「あ、ポルッシェ博士が来ました!通します!」

再会

はかせ「やぁ陸軍大臣。久しぶり。」

新副大統領「幼女だ…!!」

陸軍大臣「ほら、お母さん心配してるから早くおうちに戻らないとねー」

はかせ「いやいやいや。だからポルッシェだって。でそれで今回の新規設計兵器だが…。」

大統領補佐官「ちょ そのまま進めないでください!何があったのか全く理解できないんですけど!?」

はかせ「あれだよ イメチェンだよ。」

新副大統領「素敵なイメチェンですね。」

大統領補佐官(えぇー…。)

陸軍大臣「で 何があったのかな博士。」

はかせ「なんか薬品頭から浴びたらこうなったんだよね…あ、中身はおっさんだぞ副大統領。」

大統領補佐官(そうじゃん中身幼女じゃないじゃん…)

はかせ「それはともかく研究予算がほしいから伺ったんだが…。」

陸軍大臣「あ 全部採用。異議なし?」

新副大統領「異議なしですね。」

大統領補佐官(だから中身おっさんなんだって…)



【どーでもいい人物紹介】

フェルナンド・ポルッシェはかせ
はかせ
海王モーターズの主任技術者にして社長。
天才だけどいろいろおかしいためいろいろとおかしい兵器を作る。
モットーは「ナンバーワンよりオンリーワン」
諸事情により幼女となった。
尚筆者はロリコンではない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

事実上初登場回なのに博士がはかせになっちゃったw(困惑
いい再現ですね。よく特徴捉えていると思います。
そして副大統領w

話は変わりますが、自分がブログでやっている「D中隊活動報告記録」という物語仕立ての記事で今度オフ会であったパンコク内戦をベースにした話を作ろうと考えています。
そこで主役の部隊が敵側となったDUL海軍陸戦隊の侵攻を足止めするために戦うという場面を2~4話程度で書こうかと思っているのですが、尽きましてはケーニッヒさんがそれで使う画像を撮っていただいて、それを使わせていただきたいと思っているのですがどうでしょうか?

いい返事を待っています。

No title

お ありがとうございます!
テキトーにはかせ作ったんですが思いのほかかわいかったので本採用となりました。
そして副大統領には謎の直観があるようですね。さすがロリコンの鏡。

依頼なんですが喜んで承諾したいと思います。
どういう写真を撮るのかはWCOもしくはブログに書いてくれればうれしいです。
合作ですか、楽しみですね!
プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR