スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十三年式偵察車/弾薬輸送車ロリカ

CgkU-tpUgAAJm5Y.jpg
13th Year Type Scout Car/Ammo Carrier Lorica

【概要】
アストメリア共和国(以下AMR)からいただいたライセンスをおこし配備された期待の新鋭偵察車。
実はアストメリア本国では大戦中に使われた骨董品…だったようである。
ロマンあふれる外見、レトロなエンジン音に民主連邦上層部は大喜びである。
といっても意外と使えるあたりAMRの技術力の高さを物語っている。


【開発経緯】
民主連邦はいいお客様もといカモである。
各国の死の商人たちはこう評していた。
ライセンス料も気前よく払ってくれるし、配備するため継続して料金を取ることができる。
民主連邦自体は中継貿易等の利益で大変裕福だったからである。

しかしそう一筋縄ではいかないのはどの業界でも同じである。
民主連邦では兵器性能がいくら高かろうが上層部が魅力を感じなければ興味を示さないのだ。
「ロマンがない」その一言で兵器性能の高低はひっくり返った。
各国の死の商人たちはどういった兵器が売り込めるだろうかと頭をひねった。

そんな中効果的な売り込みを続けていたのがアストメリア共和国である。
共和国はとっくの昔に軍事博物館に展示されていた数々の兵器を引っ張り出して民主連邦に売り込んだ。
商談は大成功し、かなりの利益が同共和国に流れ込んだと言われる。
今回紹介する偵察車もその一つである。

この偵察車はもともと大戦中、すなわち約80年前に開発されたものである。
それにある程度近代化改修を行ったものではあるがオリジナルは80年前の骨董品である。
民主連邦はそれを喜んで買ったのである。

1AMR偵察車
【AMRが売り込んだ時の車両イメージ図 ロマンが溢れている】

ライセンス生産は安定と格式の銀星重工が行い、オリジナルとほとんど形を変えずに完成した。
80年前の骨董品は最新鋭偵察車として生きる屍がごとく蘇った。性能は3割引だったが。

ロリカ・セグメンタタ
【乗員:2名 武装:7.7mm軽機関銃*1 最大時速100km】

名称である「ロリカ」とは古代ローマの鎧を指す言葉である。
しかし名前が長いし偵察車そのものの小ささから将兵は「ロリ」と呼んでいる。

背面
〈背面から。荷物用ラックが見える。バンパーには所属部隊が表示される〉

中身
〈中の様子。狭いためやたらシンプルである。7.7mm軽機関銃は民主連邦が独自に設置したものである〉

破壊
〈お察しの通り装甲防御力は皆無である。扉はレトロ感あふれる木製。37mm砲で撃たれてもこうなる〉

信じられない光景
〈信じられないことだがこれは21世紀の写真である〉


【性能】
骨董品(アストメリア共和国基準)ではあったが民主連邦では恐ろしいことに重宝された。
故障が起きないという定評であり、過酷な気候である現場部隊ではかなり歓迎されたのであった。
これは共和国の技術力(特に発動機周り)の賜物といえよう。

もっとも偵察車としては絶望の撃たれ弱さがあったため、あまり積極的な任務には使われなかった。
本車両は観測や現地部隊間の連絡、そして将校の足として頻繁に使用された。
そのため現地で不要として備え付けの7.7mm軽機関銃を取り外す例もよく見られたという。

ちなみに荷物ラックを全面的に拡大し、弾薬輸送車に設計変更した仕様も存在する。
それだけ基本設計が優秀であったのである。
これもまた機関銃弾や歩兵砲弾等、前線部隊に不可欠だがやたら重いものを運ぶのに大変重宝された。

CgkU39ZUoAECOnQ.jpg

CgkU6aoUcAAdHlH.jpg
後部の防御力と荷物ラックを全面撤去し、より大きなペイロードを確保したのがロリカ弾薬輸送車である。
機関銃や砲弾を運ぶのに使用される木箱をそのまま載せることができると大変良好な評判であった。
改造前と比較して更に飛躍的に防御力が減少したけど、致し方ない問題である。
ちなみに後部に銃砲弾が直撃すると木端微塵に破裂し跡形も残らないという。

CgkU8c6UYAAb4vw.jpg
〈弾薬輸送車に積み下ろしする風景。民主連邦軍ではよく見られる車両だ〉




【開発後記】
アストメリア共和国のポポさんから頂いたライセンス。
いやぁどうしてこんなツボにはまる兵器が作れるんだろう。
偵察車は作る予定がなかったのですが作っちゃいました。恐ろしい。
お気に入りだったのでバリエーションも増やしちゃいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいですねぇ
こういうレトロな車とか好きですw

No title

僕もAMRのポポさんの技術力に驚きです…。
砲もまた雰囲気が出てます。公開を楽しみに?待っててください!

No title

安定の開発経緯
性能三割引でこれならAMRの元の設計の優秀さが分かりますね。

DULはしっかりライセンスを独自技術に昇華させるので見てて安心できます。
プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。