華北帝国軍 Ic-3a 75mm平射狙撃砲

P1020749.jpg
North Mandarin Empire Ic-3a 75mm Snipe Infantry Canon


【概要】

華北帝国陸軍歩兵部隊が扱う軽量歩兵砲である。
「狙撃砲」とは聞きなれない言葉だが敵の機関銃陣地等を破壊するために用いる背が低い軽砲のことである。
その目的の通り通常の野砲と異なり車輪がなく、体高も低く造られている。
現代世界においてこのような古いコンセプトの方を採用している軍は世界広しと言えども華北帝国軍ぐらいであろう。
とはいっても歩兵部隊支援の為多用途に使われている。高射砲として使えなくもない。


【開発経緯】

敵の防御陣地は歩兵部隊にとって厄介な代物であることは疑いようのない事実である。
更にそれがべトンによって強化され、機関銃等が据えつけられると突破は困難になる。
王道の解決策としては砲火力を集中させるのが挙げられるが国力が貧しい華北帝国にとってそれは厳しいものであった。
戦時になった想定の場合砲弾の安定的な供給さえ臨めなかったのである。

帝国軍需省はその打開策としていわゆる「狙撃砲」というものを考案した。
歩兵部隊によって前線で運用され、命中率がよく、直接射撃で敵強化陣地を粉砕するというものである。
もっともその考えは実は相当古かったのだが当然誰も気づくことはなかった。
アイデア自体は軍内部でも好評であったため早速新式の砲を民主連邦の巨大軍需企業、銀星重工に発注することにした。
華北帝国では独自の近代火砲を作る技術がなかったためである。

狙撃砲の条件は以下の通りであった。
高初速であること。命中精度を高めるためである。そのため長砲身が求められた。
砲の体高が低いこと。なるべく目標に近づき、発見されにくくするためである。
軽量であること。歩兵部隊が運搬でき、配置転換も容易にすることで反撃を受けにくくするためであった。
他にも補給上の観点から既存の砲と共通する弾薬を使用できる党の条件が盛り込まれた。
帝国から外注を受けた銀星重工は半年の製作期間で無難にまとめあげたのであった。
銀星重工は相当数の対価も帝国より得たようである。

こうして新式の狙撃砲は華北帝国陸軍歩兵部隊に配備された。
帝国陸軍では大隊ごとに一門配備される「大隊砲」という扱いになっている。要は歩兵砲である。
ろくな火砲がない華北帝国軍にとっては有り難い代物であった。
設計思想自体はレトロなものであったがその軽便さ、万能さは十分使える物だったのである。

P1020752.jpg
【口径75mm 操作要員4名 最大射程2000m】

P1020751.jpg
一目でわかる通り車輪はついていない。
直接照準が基本であるため射程もあまり長くないが対戦車にも一定の効果がある。

P1020755.jpg
軽量のため歩兵で担いで運ぶことができる。
行軍時には分解して運搬するのである。

P1020754.jpg
擬装した本砲。
ちなみに俯角を大きくとれるのは高射砲としての運用も狙って作られたためである。
もっとも直接照準なので全く当たらない。示威程度にしか使えないのである。


【実戦】

実戦ではまだ使用されたことがない。
しかし帝国歩兵部隊の主力装備であり帝国軍のいるところどこでも見ることができる。
演習でも使用されているがそこまで目立った欠陥はないようである。
民主連邦軍では狙撃しなくても飽和攻撃できるという強気な理由で採用されなかった模様。



【開発後記】

かつて旧日本陸軍では狙撃砲というコンセプトの兵器がありました。思いっきりそれをモデルとしています。
本当はもう少し小さく低くしたかったんですが俯角とかつけるとどうしても背が高くなりますね…うーん。
ドロイドの脚とか今一つ使いどころが見つからないパーツを昇華させることができました。よかったよかった。
スポンサーサイト

トリマルキオ級給糧艦/十五式特殊回転翼機ギトン

P1020728.jpg
Trimalchio Class Food Supply Ship
CJ71xknVAAAu-g2.jpg
Type 15 Autogyro Plane Giton


【概要】
民主連邦海軍待望の大型給糧艦。
一艦隊を維持するに十分な食事を提供することができる。海上のレストランである。
実際に温かくかつ美味しいご飯が食べることができると将兵には極めて好評であり、涙を流して喜ぶ者もいた。
艦付属の専用オートジャイロは偵察用というよりは遠隔地に料理を運ぶためのものである。
その証拠に後部にはピザ保温・調理窯が取り付けられている。
いずれにせよ民主連邦にしては有用な兵器を開発したと諸外国から評された。


【開発経緯】
世界中どの軍でも食事の美味しさと敢闘意欲は比例するものである。
その中でもレゴランド民主主義連邦はその最右翼といってもいいぐらい兵站に士気が左右された。
民主連邦将兵は厳しい状況でも質の良い糧食を求め、叶わないと士気が大幅に低下した。
例えば陸軍はどんなに水不足の状況でもパスタを茹で、ピザを食した。
また作戦行動中に食事が不足したら雪崩を打つように脱走兵が相次いだのである。

その事情は海軍でもさほど変わらなかった。
長期間の航海が必要な海軍は缶詰を糧食とすることが多かったが兵員の中には明らかに不満を表す者もいた。
ましてや食糧が足りなくなった場合叛乱さえ起こりかねないと想定されていたのである。
艦内の士気に大きく関わる為艦隊は定期的に寄港せざるを得なかったのであった。
食糧問題は艦隊司令官を常に悩ませ続けたのであった。

こうなると艦隊と同行する厨房…給糧艦が欲しくなるのも当然であった。
海軍は「航海中にて兵員の食糧を改善し、その士気を上げ、維持するため」という名目で大型給糧艦の導入を決意する。
一艦隊の食糧をまかない、かつ高品質の食事を提供するには巨大な厨房を持つ船舶が必要なのであった。
そしてその巨大な厨房を維持するために民主連邦内の各地から腕利きの料理人が集められたのである。
また船内には電熱式コンロやガス式の大窯、大型野菜カッターといった最新の調理器具が詰め込まれた。
他にも長期間の航海に耐えられるために冷凍室を作るなど、本気の造船で将兵の期待に挑んだのであった。
これは全て美味しいご飯が食べたいという海軍全兵員の強い意気込みがなせる技であった。

こうして発案からわずが3ヶ月と言う極めて迅速な速度で本艦…トリマルキオ級給糧艦は完成したのであった。
既存の船体(民間の貨物船を買い取った)とはいえ異常な早さで改装が終了し、タラント軍港に姿を現した。
工員も含めた将兵全員が全力を挙げて造船したため異次元の速度で進水までこぎつけたのである。
港にいた非番の水兵までもが全くのボランティアで建造を手伝ったという。
それだけ美味しいご飯に対する執着は凄かったわけである。

P1020730.jpg
【乗員:11名 武装:75mm軽砲*2 13mm機関砲*1 7.7mm機関銃*1 】

P1020743.jpg
技術の粋を集めた艦内厨房。最小限の人数で多数の料理を作れる設備が揃っている

P1020744.jpg
①:電子調理機。いわゆる電子レンジである。細かな調理をするときに適している。
②:電気焜炉。二口ある便利なコンロ。焼物に向いている。
③:大型電気釡。大人数の糧食にも対応可能な巨大釡。煮炊きはオールを使って撹拌する。

P1020745.jpg
④:冷温水貯蔵機。ウォーターディスペンサーである。熱湯も供給可能。
⑤:自動式野菜皮剥機。野菜を細かく自動で切り刻む。刃を変えればいろんな野菜に対応できる。
⑥:高火力ピザ窯。高い出力により極めて短時間で焼き立てピザが作れる。ピザは将兵に人気である。

P1020746.jpg
⑦:冷凍倉庫。長期航海でもある程度はバリエーション豊富な糧食を提供することができる。

P1020742.jpg
厨房は大変暑いので平時は側面装甲を開くことができる。防御力なんて当然ない

P1020731.jpg
給糧艦なので申し訳程度の武装しか持っていない。側面の75mm軽砲は陸軍の歩兵砲を無断コピーした

P1020734.jpg
上艦橋部分。視界が採れるように作られている

P1020741.jpg
艦橋内部。艦隊司令艦としての任務もこなせないこともない

P1020735.jpg
LEGO大国から輸入した最新鋭レーダー。敵をいち早く察知し安全な海域に避難することができる

P1020738.jpg
後部から。付属オートジャイロのためのヘリポートが設けられている

【運用】
トリマルキオ級給糧艦は海軍内の士気に革命をもたらした。
新鋭の調理システムから生み出される温かい食事は司令長官から一兵卒まで諸手を挙げて歓迎されたのである。
数ある民主連邦の兵器の中でも実際これが一番役に立つものであった。
「民主連邦の独自開発兵器の中で唯一見るべきもの」とある海外の軍事評論家は評している。

給糧艦が付随した艦隊の兵士たちはご飯の美味しさに感涙したという。
それはそうであろう。死ぬほど硬い乾パンと死ぬほど塩辛い塩漬け肉と缶詰から解放されたのだから。
軍諜報部が調査したところによると、給糧艦がある場合とない場合では将兵の勤務効率に平均3倍の差があったという。

上層部としても、貧弱な水上戦力しか持たないくせにやたらと外洋に出たがる民主連邦海軍にとって常に問題となる兵站をアシストしてくれるきわめて頼もしい船舶であった。
現在も階級を問わず、多くの将兵に愛される艦となっている。


〈十五式特殊回転翼機ギトン〉

無題

トリマルキオ級給糧艦で作られた食事は保温箱に入れられ他の艦艇にカッター等で搬入されることが当初から想定されていた。
しかし保温箱に入れているとはいえ船等で内陸の遠隔地等に温かい食事を届けることは困難である。
それに対して多くの高級将校が不満を示していた。彼等は前線でも贅沢な食事が楽しみたいのだ。
遠くの場所にも美味しいご飯を届けるためにわざわざ製作されたのが本機、十五式特殊回転翼機ギトンである。
他国ではまず見られない特殊な兵器であり、食事に執念をかける民主連邦軍らしい兵器といえるだろう。

a.png

ギトンはいわゆるオートジャイロであるが、特殊と銘打っている通り通常のオートジャイロと異なった特徴を持つ。
後部がピザ保温器となっているのである。一度に4枚のピザを運ぶことができる。
これによって遠隔地にも熱々のピザを提供することができるようになった。
また保温器は温度を上げるとピザ窯にもなるため、簡易的な野戦炊事としても活躍することができたのである。
内陸深く進攻した味方海軍部隊への補給を想定した仕様である。

CKQtlEPUMAAmiTg.jpg

勿論、艦備え付けヘリとして偵察・観測任務にも就くことができる。
しかしピザ保温器を後部に後ろに抱えた状態なので飛行性能は良くないし非武装である。
何よりも敵に撃墜されてしまった場合、温かい食事が頂けなくなると将兵の士気が大幅に下がる。
ということで戦闘や偵察任務につくことは皆無である。

この十五式特殊回転翼機ギトンはトリマルキオ級給糧艦のために設計されたので配備数は極めて少ない。


【実戦】
トリマルキオ級給糧艦が直接戦闘に参加したことは現在のところまだない(というかその状況はいろいろとまずい)。
ただし主力艦隊の航海の際にはほとんどといっていいほど随伴として派遣されている。
また災害時には人民へ食事を提供するために出動し、大きな成功をおさめた事例も存在している。
オートジャイロで着地さえできれば海岸沿いの奥地なら食料品を運ぶことができるためである。
民主連邦的な兵器の珍しい成功系と言えるであろう。

P1020747.jpg
海外植民地の港に停泊するトリマルキオ級。艦としてはかなり大型の部類に入る




【開発後記】
ミリタリーなレゴ作品で給糧艦ってみたことないな?と思いあまった既成船体で作ったものです。
この一体パーツの船体は内部が広くとれるのでいろいろと作り込めますねぇ。
何気なく作ってみたらツイッターでの反響が大きく驚いた作品です。
兵站とか糧食をあれこれ想像するのが結構好きですね。うん。
プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR