十四年式電源車ネロンガ

P1020317.jpg
14th Year Type Power Unit Neronga


【概要】
民主連邦防空軍が現在運用している電源車。まぁ特に変わっているところはない。
十四年式対空電探モチロンや各種照空灯を動かす電力を供給する防空部隊陰の立役者である。
この機械のおかげで電源の事を気にせず防空に従事することができるようになったのである。
野外で電気を使えるのは何かと便利なので陸軍部隊にも一部貸出されている。


【開発経緯】
内務軍の使用する防空兵器は基本的には電気を大食らいする物であった。
対空電探や照空灯は当然だし、各種の算定機も少しだが動力として電気が必要であった。
これらの兵器は野外で使用する状況を当然のこととして電池で動くようになっていた。

しかし電池が非力であり、何よりも要求する電力が多大だったため使える時間が大変短いのであった。
対空電探は3時間しか持たないし、照空灯も同じぐらいしか空を照らすことができなかった。
国内の、それも市街地ならば市井の電気をそのまま使用すればよかったが、地方部や外地だと不可能であった。
ましてやここ数年砂漠や寒冷地で軍事行動をするようになったため、電源を探すことは絶望に近かった。
携帯できるような電源がほしいという現場の声は高まっていたのである。

そこで内務軍を統括する内務省は電源車を製作することにした。
実は内務省が独自に兵器を発注するのはこれが初めてだったのである。
通例は軍が使っている兵器をそのまま防空軍内で使っていたためである。
製作依頼は民主連邦軍の兵器の大部分を開発・製作している銀星重工に委託された。

銀星重工側はそこまで電源車を作る意欲は無かったし、余裕も無かった。
その当時、デクタニア戦役が起きており、友邦であるアストメリア共和国を支援するために民主連邦軍も出動していた。
戦役の長期化に伴い弾薬の製造や破損車両の修理などで銀星重工の工廠はフル回転していたのである。
そこで修理に回された十二年式重装甲車リクトルのエンジンをそのまま電源車の動力部分として流用したのである。
リクトルのエンジン自体性能が高かったため結果的に割とまとまった電源車となったのであった。
本格的な兵器ではなかったため内務省の要求からわずか1ヶ月で試作型は完成したのであった。

試作型も特に問題ない出来であったため早速量産に移され完成次第順次現場に送られた。
リクトルのエンジンを流用しているため量産も簡易だったようである。
現場からも電源確保に奔走する手間が省けるため、大まか好評の声で迎えられたのであった。

P1020315.jpg
運搬が簡易なようにタイヤつきである。
牽引自動車の他、高機動車(ジープ)や四輪自動貨車(トラック)でも運ぶことができる。

BwXX0-FCcAAGnik.jpg
聴音機へ電気を供給するネロンガ。
バッテリー切れを心配する必要がなくなったのである。

P1010738.jpg
対空電探(レーダー)にも重宝された。
なお燃料はガソリンを使用している。




【開発後記】
至極シンプルな作品、電源車。
でもこれがあると重宝するだろうなぁと思って作ってみました。
あとウルトラマンは大好きです。
スポンサーサイト

機動十四年式防空電探モチロン

P1020309.jpg
14th Year Type Mobile Anti Aircraft Radar Motilon


【概要】
民主連邦内務軍防空部隊が誇る防空レーダー。ハイテク!
真空管とか精密素材をたくさん使っているので高級品である。
取り扱いは大切なので陸海軍には配備されず、専門集団の防空部隊が使っているのである。
本国要地に置いたり、適時軍の要請に応じて専門要員ごと派遣したりする。
「機動」とあり移動できるわけだが決して簡単に移動できるわけでは無かったりする。


【開発経緯】
民主連邦が防空に向けて割と真面目になったのはここ数年来の事である。
もっともそれ以前より航空攻撃に対する脆弱性は指摘されていた訳ではあるが。
膨大な人口を抱えた巨大都市をいくつも持ち、周りを海に囲まれている地勢は敵に空母等を持ち出されるとまずい。
また北方は大陸であるとはいえ長距離爆撃機による攻撃では対応が難しいというのであった。
しかし軍や政府は「国民の士気低下に繋がる」としてその報告書をまともに取り合わなかった。

ところがとある事件がこの甘い認識を吹っ飛ばした。
当時民主連邦と交戦中であったデクタニア国から亡命機が飛来して首都に降り立ったのである。
衝撃的だったのはこの時民主連邦軍の防空網は全くこの亡命機を探知できなかったことであった。
陸海軍の消極的な権限争い、そして情報の非共有が原因であった。
兵器もそうだがそもそも組織が駄目だったのだ。

もしこれが亡命機ではなくて攻撃の意思を持っていたら?
政府高官たちはさすがに防空を深刻に受け取り始めた。
自分の命が危なくなり始めたら人間やはり焦るものである。

まずは敵機を見つけなければ話にならない。
防空レーダーの配備は必須であった。しかし根本的に技術が全くなかった。
そこでエレクトロニクス部門の雄、同盟国のアストメリア共和国のStud System社(以下SS社)に開発を依頼したのである。
SS社も長年民主連邦へ兵器を開発してきた老舗軍需企業である。
最新鋭の兵器は民主連邦では見た目的に好まれない事を見越して旧式の対空レーダーを手直しして試作した。
ちなみにこの元のレーダーは対空警戒レーダー装置Mk.1(Anti Air Warning Radar Mk.1)と言う名称で数十年前にアストメリア国防軍で使用されていたものだったという。

型落ちだったがその形状、そして割といい性能だったことに満足した民主連邦兵器局は早速量産し配備したのであった。
こうして初のまともな防空レーダーが本国に次々と配置されていったのである。
前線兵士からは以前の見張りのみの防空と比べて格段の安心感を得たという。

しかし導入当初は目視できないのに探知できるか理解できない兵士が多く、最初は疑心暗鬼であったという。
しかし実際に200km先の飛行物体を探知し、それが正しかったのを知った兵士たちは感嘆し、次々と本レーダーの前で拝復していた…とSS社の社員は後に初導入時の様子を感慨深げに語っている。

P1010738.jpg
【要員:2名 探知距離:最大半径200km】

P1020311.jpg
レーダーは360度回転する。8本の八木アンテナを装備しており、実際威圧感を醸し出している。

P1020312.jpg
周波数帯がVHFなので探知精度は低い…らしいが十分使える性能であった。
ステルス機もすごく頑張れば探知することができる。

P1020310.jpg
内部は精密機械の集合体である。一台当たりの単価は結構痛い。
そのため専門員が附属し移動も大変丁寧に行われる。

P1010807.jpg
海岸沿いに置かれるモチロン防空レーダー。
本国の海岸や国境、離島に次々と配備されていった。

このモチロン防空レーダーにより民主連邦の防空能力は飛躍的に高まったと言える。
更に聴音機や監視網を複合した防空システムを内務軍は構築していくことになるのである。
もっとも見つけたからと言って撃ち落とせるかどうかが問題点なのではあるが…。
その点旧式の防空兵器しかない民主連邦には頭痛の種だったのである。




【開発後記】
設定に無理をしてちょっと古めのレーダーをアストメリア共和国さんに造っていただきました。感謝です!
この時代のレーダーの方が個人的に好きなんですよ…。
いいですよね八木アンテナ。なかなか迫力があって好きです。
プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR