わが身は可愛い

【数か月前 民主連邦参謀本部にて】

参謀総長「やっぱ海軍って不要だよなァ!?陸軍大臣君?」

陸軍大臣「さすが参謀総長!慧眼ですね!」

大統領「おい大統領権限で馘首にするぞ!大体去年陸軍の方がちょっと予算が多かっただろうが金食い虫め!」

海軍大臣「そうだそうだ!海軍は貧乏なんだ予算をくれ!」

陸軍大臣「上等だ!脱げよ!」

エムデン大統領補佐官「…他の国の国防会議って多分取っ組み合いの喧嘩にならないですよね…多分。」

宣伝相「まぁそうだろうねぇ…。」

〈突然の爆音〉

大統領「ん!?なんだこの音は?航空機だな。」

陸軍大臣「全く…海軍の戦闘機は五月蠅いですなぁ。」

海軍大臣「陸軍の戦闘機はやかましいですなぁ。」

エムデン大統領補佐官「というか飛行場遠いのに何でこんな低空飛行するのかな?」

宣伝相「酷い飛行機だなぁ…パイロット何してるんだ…。」

(ドアを開けて)
ナッサウ陸軍少将「閣下!大変です!隣の中央広場に飛行機が着陸しました!」

参謀総長「海軍の爆撃機だろ?」

海軍大臣「陸軍の戦闘機だよな?責任問題だな!」

ナッサウ陸軍少将「えーと…近隣国、デクタニア国の戦闘機であります!どうやらパイロット亡命してきたようでして。」

大統領「というかデクタニアって我が国と交戦中じゃないか!?何で首都に着陸できるんだ?」

エムデン大統領補佐官「首都にたどり着くには領海とか領土とか通過しないといけないんですけど…。」

海軍大臣「海軍はちゃんと気づいていたぞ。約1時間前にアンパン諸島北方でデクタニア国籍の敵機発見の報告が入っている。そこで邀撃機をアンパン諸島上空へ向かわせていたんだが。」

陸軍大臣「おい陸軍は何も聞いてないぞ!」

海軍大臣「当然いう訳ないだろう?」

エムデン大統領補佐官(絶句)「陸軍は何をやってたんですか?」

参謀総長「約25分前にチューハノイ郊外で監視塔が国籍不明敵機の報告が入っている。当然戦闘機をスクランブル発進させたが…一瞬だけだったから邀撃できなかった。」

大統領「おいそれ聞いてないぞ!?知ってたらこっちの戦闘機がちゃんと追跡してたのに!」

陸軍大臣「いやいうわけないですし…そもそも海上で発見した時言えばちゃんとうちの戦闘機が邀撃してたぞ。」

エムデン大統領補佐官「えーとつまり陸海軍反目していたために敵機を見失って首都上空の広場に着陸されたんですね…。」

大統領「下手すりゃ我々が爆殺された訳か…(絶句)」

参謀総長「ちょっとこれは対策しないとやばいな…。」

エムデン大統領補佐官(さすがに自分の安全となるとこいつらも必死になるんだな)「しかし陸海軍で協力するか新しい組織作らないいけないですね…。」

陸軍大臣「じゃあこうしよう。防空専門の組織を作ろう。人員はそうだな…警察あたりを転用させよう。」



【後日】
大統領「やぁ警視総監君座りたまえ。」

P1010747.jpg「はぁ…大統領本日はどういったご用件ですか?」

大統領「明日から君たちは軍だ。防空軍として働いてもらう。」

P1010747.jpg「フアッ!?」



スポンサーサイト

内務軍の兵器一覧

民主連邦陸海軍から独立した、本国の防空・輸送・兵站・治安維持等を受け持つ3つ目の軍。
性質上本国の市民生活を制限できるまでの強い影響力を持つ。
陸海軍の対立ではどうにもならない業務をまとめた感じが強い。
喧嘩ばかりしていたら戦争できないからである。


【防空兵器】

十四年式三糎対空機関砲
Bzpbm0jCYAIYJ_P.jpg

十六年式対空誘導弾
CjnlWQgVAAAmUtD.jpg

十四年式重対空自動貨車フェリクス
P1010672.jpg

機動十四年式防空電探モチロン
P1020309.jpg

十四年式電源車ネロンガ
P1020317.jpg
プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR