十四年式重対空自動貨車フェリクス

P1010668.jpg
14th Year Type Heavy Anti Aircraft Armoured Vehicle Felix

【概要】
民主連邦陸軍が対空戦闘専用のために製作した自動貨車。もといトラック。
対空兵器に乏しい陸軍にとって大変ありがたい存在である。
機銃ばかり配備していたため比較的高空を飛ぶ敵機には手も足も出なかったためである。
といっても搭載されている高射砲は人力で回すため絶妙に使えない。
一応装甲化もされているが機関銃弾を防げる程度なので過信しないように気を付けよう。


【開発経緯】
民主連邦陸軍の対空装備は乏しく、規模と比較して不十分であった。
多くの装甲車には自衛用の対空機銃は備え付けてあったが高空からの攻撃には無意味であったのである。
陸軍航空隊も数が少なかったため首都防衛に回さざるを得ず、野戦軍の防衛に回ることはできなかった。
民主連邦陸軍にとって航空攻撃は「アキレスの踵」だったのである。

そこで仕方なく航空機の保有数に余裕がある海軍航空隊を毎回要請していた。
しかし海軍はそのたびに陸軍に対価を要求し、陸海軍の協調は全く見込めない状況であった。
そこで陸軍兵器局は高空からの攻撃に対応できる兵器の開発を決断したのである。
海軍を見返してやりたいという一心で。

高射砲の開発自体は難しくなかった(対空ミサイルを開発しようという考えは全くなかった)が載せる車体が問題であった。
既存のトラック(十一年式四輪自動貨車)では高射砲が重すぎて載せることができなかったのである。
結局新たなトラックを製作することとなった。
そして総花的に要求が足された結果ある程度の装甲も施されることとなったのである。

こうして6月の軍事パレードにて初披露された本車両であった。
将兵からはある程度期待はされていたが前線に出ると様々な問題が噴出することとなったのである。

P1010670.jpg
【乗員:4名(操縦手1名 砲手2名 観測手1名) 75mm高射砲*1搭載(最大射程高度8000m)】


P1010671.jpg
観測、照準、装填、射撃すべてが人力である。
無線機は標準装備されており照空隊から敵機の位置を交信後射撃体勢に映る。
以上からわかる通りまず敵機には当たらない。
理論的には当たるから信じよう。


P1010667.jpg
陸軍省の前にて哨戒中の本装甲車。
高度8000mまで理論上当たるが有効射程距離はそれより低く、5000m程度である。


CjnPqf-UoAAtZ9C.jpg
2台で防空任務に従事している。
積んでいる無線機で頑張って情報を共有しよう。

Cj2zG42VAAACWXV.jpg
十一年式四輪自動貨車と進撃する本車両。よくみると30mm機関砲搭載型である。
機関砲搭載型はむしろ対人戦に対してえげつない性能を発揮した。

P1010672.jpg
国道沿いを走破するフェリクス。
前線からは高初速の為むしろ徹甲弾や榴弾を装填して地上目標に向けて発射したほうがいいと判断された。
名前のフェリクスはラテン語で「幸運」を意味する。当たればいいなという願いを込めている。



【開発後記】
ある方にトラック搭載高射砲を提案されて一気に作りあげてみた作品。
なかなかいい感じです。ボンネットの部分がなかなか重厚な構えとなって嬉しいな。
スポンサーサイト

その他民主連邦軍の小火器一覧

B_0IczrUgAA2GrD.jpg
List Of Democratic Union Army Small Arms


【民主連邦軍の小火器一覧】
民主連邦軍には陸海軍問わず様々な小火器が使用されている。
歩兵部隊を重視する民主連邦軍は、歩兵用装備の性能を上げてカバーしようとここ数年躍起になっている。
特にたびたび紛争を抱える北部防衛の要、華南共和国軍と海軍陸戦隊においてその傾向が著しい。

といっても他国と比べるとその装備は旧く、本国軍は特に旧い兵器を使うことから兵器の博物館と呼ばれている。
旧式兵器マニアにとって楽園ともいえる地である。
原因は新式の装備を嫌う保守的の上官たちの責任であった。
また工業力に乏しい民主連邦にとって、歩兵用装備を一気に更新できないという事情もある。


五年式連発短銃(5th Year Type Revolver)
P1010649.jpg
〈戦車兵の常用装備である五年式連発短銃。マーキング弾とか撃てる。〉

DSC00734.jpg
〈特別高等警察の手に握られる本銃。催涙弾とか撃てるので民主連邦警察では標準装備である〉

民主連邦軍でかつて使われていた連発短銃、つまりリボルバー銃。
口径15.4mmと大変大きく、通常弾から榴弾、果ては対戦車榴弾やらマーキング弾まで撃てる。
その便利さから採用されたが、如何せんピストルである意味がないため兵士からの人気はなかった。
肝心の短銃としての性能は微妙、なによりも射程距離が絶望的であるため現在は軍では使用されていない。
もっとも警察や憲兵隊ではその多機能性が暴徒鎮圧などに用いられるため現在も使われている。

十三年式連発短銃(13th Year Type Revolver)
WBJHGtVU.jpg
〈向かって左側の将校の手に握られる十三年式連発短銃。過酷な環境でも確実に動作したという。〉

不評だった五式連発拳銃の代替として採用された拳銃。
口径9mmと常識的な範囲に収まり、使いやすくなった。性能も回転式拳銃としては申し分がない。
特筆すべきはその単価の安さである。
プレス加工で大量生産に成功し、恐ろしい勢いで配備されるようになった。
陸軍将校の標準装備であり、密偵、諜報部員、戦車兵、パイロット等々の人々もたいていこれを装備している。
将軍の中には特注で装飾を加えたりしている。
それどころか余った本銃は海外に大量輸出され、テロリスト御用達の武器となってしまった。


九年式短機関銃(9th Year Type Machine Pistol)
CsnzdugUEAAijk9.jpg
〈正面右の下士官が本短機関銃を装備している。〉

近接支援に特化し、9mm弾をばら撒く短機関銃。特に市街地戦で威力を発揮した。
ボルトアクションライフルとピストルだけではどうしようもなかったためである。
取り回しがよく近距離戦闘では最適であったため、現在は全陸軍部隊の他、海軍陸戦隊でも採用される。
陸軍や海軍では、歩兵部隊下士官の標準装備となっている。
なおこの銃を採用するにあたって、弾薬の製造が間に合わなくなるという珍事が起こった。
民主連邦の哀しい懐事情を象徴するエピソードである。


七年式歩兵銃改二(7th Year Type improved Infantry Rifle)
DDgAm9rVoAAfeF-.jpg
〈本銃を構える陸軍歩兵。銃剣標準装備であり、その長い外見は威圧感を与える。〉

DDk9cXrUIAA_2F1.jpg
〈民主連邦軍が行くところ、常に七年式歩兵銃改二はともにあった。〉

民主連邦本国陸軍が正式採用しているボルトアクションライフル。
民主連邦陸軍の基本であり、また象徴ともいえる武器である。
詳しくは当該ページにて。いろいろと酷い。


九年式自動小銃(9th Year Type Automatic Rifle)
P1010653.jpg
〈海軍陸戦隊の標準装備である本銃。民主連邦軍の兵器としてはましである。〉

DI98YQcVwAAyiyA.jpg
〈特に密林や市街地など、近接戦闘が多発する場所において重宝された。火力は正義だ。〉

華南共和国軍や海軍陸戦隊にて愛用される自動小銃。
30発入り弾倉を持ち、他国軍装備に引けを取らない性能を持つ。
いいことづくめだが、本国陸軍にて採用される予定はしばらくのところないらしい。
全歩兵部隊にいきわたる試算をしたところ、3日で弾薬備蓄が切れることが判明したためである。
ということで弾薬の生産量を鑑みつつ、ちまちまと更新配備されているのである。


十四年式近接多発銃(14th Year Type Shotgun)
P1010654.jpg
〈海軍陸戦隊員が保有している。威力はあるが反動が激烈。〉

海軍にて使用されているいわゆるショットガン。
騎兵用に開発されたため軽量にできている。ただし近代戦に騎兵の出番はなかった模様。
そもそもショットガンは馬に乗りながら撃つような代物ではなかった。
仕方ないので陸戦隊に持たせたら普通に重宝されたので、そのまま配備された。


十四年式短機関銃(14th Year Type Machine Pistol)
P1010655.jpg
〈華南共和国陸軍歩兵が構える本銃。現代的な外観だ。〉

最新式の短機関銃。華南共和国軍や、一部戦車・装甲車にも装備されている。
九年式短機関銃を切り詰め、さらに短く取り回しがよくなった。
連射速度も申し分なく、広範囲に弾幕を張ることができる。
現行の短機関銃と拳銃の間みたいな存在である。


八年式携帯対戦車無反動砲(8th Year Type Anti Tank Recoiless Gun)
ファンツァーパウスト
〈本砲を抱える陸軍歩兵。かなり軽量だが、対戦車装備としては3世代ぐらい前のものである。〉

使い捨ての無反動砲。民主連邦軍対戦車兵器の唯一であり、基本である。
生産性が高く簡素な構造のため、いくらでも作れる。
これも当該ページにて詳しく解説。

七年式擲弾筒(7th Year Type Knee Mortar)
P1010658.jpg
〈山岳歩兵部隊に配備されている。携帯でき、割合火力が高い便利な兵器である。〉

他国ではなかなか見ない兵器。
専用手榴弾を遠くへ飛ばすための、携帯式の迫撃砲である。
歩兵一人で扱うことができ、簡易な火力支援としては最適。
現在山岳歩兵大隊にて一部使用されている。


十五年式携帯迫撃砲(15th Year Type Infantry Mortar)
DJC6uD3UwAESqpT.jpg
〈陸戦隊員によって扱われる携帯迫撃砲。手軽な兵器として大いに好まれた。〉

DJC60kpVAAEFPLz.jpg
〈畳めば歩兵1名で運ぶことができる。結構重いけど頑張れ。〉

陸戦隊や華南軍で、歩兵砲代わりに配備されている口径90mmの軽量迫撃砲である。
歩兵が持ち込める火力として重宝された。威力も十分にある。
一人で背負って運ぶことができるように設計されているが、長い時間背負うと肩が壊れるそうな。
もっとも歩兵砲が愛されている本国陸軍で、配備される予定はないらしい。




【開発後記】
実は民主連邦軍にもいろいろ小火器があるのですということで作ったページ。
大部分は製品のままですが設定があると好きですね。
基本的に武器のバリエーションが多い方面軍は最新鋭の部隊。
それにしても銃の名前をもう少し洗練したものにしたいなぁ。
プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れる歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。
コメントいただけると嬉しいです。
どうかよしなに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR