十二年式観測回転翼機タケルー

12th Year Type Observation Helicopter Takeroo

【概要】
陸軍が導入した回転翼機…もとい小型ヘリ。
レゴシティ合衆国からのライセンス生産である。
本来の観測用途としてはあまり使われず、主に上官の送り迎えや地上支援に使われている。
チヅリウス重回転翼機の護衛をすることもある。


【開発経緯】

民主連邦は伝統的に空戦力の後進国である。
戦闘機だけは紆余曲折あったが外国からの技術輸入に数は何とか揃えることができた。
利権という高い代償があったが。
その技術発展は目覚ましく、程度が低いながらも国産の戦闘機を造るまでになっていた。

しかし「ヘリコプター」に対する技術は皆無だった。
数年前の政府高官たちはその存在すら知らなかったであろう。
しかし開国に当たり様々な知識が入ってきたことにより、その存在を知ったのである。
と同時に是が非でも配備したくなった。

今年度予算の制定で何とかめどが立ち、陸軍、海軍が双方ともにヘリコプターの予算案を提出した。
陸軍は砲の弾着観測用として、海軍は甲板に載せる偵察用ヘリとして。
ここからはもうお決まりの陸海軍の抗争である。

予算の決定機関である民主連邦最高議会は紛糾した。
両軍の族議員たちは丁々発止の議論を行ったからである。議会は停止してしまった。

しかし今回の陸軍は海軍より強気の処置をとった。
民主連邦軍を統括する参謀本部に働きかけ、ヘリコプター推進派の海軍将校たち数名を配置換えした。
本国から西太広洋領クラウディウス諸島へ、すなわち左遷である。
海軍は抗議したがもう後の祭りであった。こうして今回の仁義なき抗争は陸軍側が勝利したのである。

1か月にもわたる抗争の間、陸軍はヘリのライセンスを獲得せねばならなかった。
最終的にレゴシティ合衆国の小型ヘリ「UH-X」に決まった。決め手は安価なこと、そして使いやすいことである。
このヘリは合衆国では正式配備されていないが、設計図は完成していた。
陸軍兵器局は何とかして設計図を手に入れ、銀星重工に製造を命じたのである。

タケルー
【武装:20mm航空機関砲*1 13mm機関砲*1 乗員:3名(操縦手1、兵員2)】

こうして正式配備されたヘリはほぼオリジナルを踏襲していたが細かいところに違いがある。

1.搭載機銃を重機関銃から軽機関銃へと換装
2.前部に20mm航空機関砲を装備
3.後部タイヤをソリに変更

である。名前は「タケルー」と名付けられた。あと当然銀星クオリティのため航続距離や出力は3割減である。

国章マーキング
〈配備当初は将兵にヘリの知名度が低かったため同士討ちが生じた。そのため国章をつけて味方であることを示している。〉

タケルー武装
〈整備中のタケルー。13mm機関砲が外付けしていることがよくわかる。

観閲
〈移動に便利なため上官にも好まれた。写真はタケルーから降り立ち、閲兵する破陸軍大臣。〉

偵察
〈偵察に向かうタケルー。現在全機が華北帝国駐屯部隊に送られている。〉

現地に送られたタケルーだが観測ヘリとしての任務はなかった。駐屯部隊に大型砲はなかったからである。
結局偵察、輸送任務に使われた。



【開発後記】
LDD(レゴデジタルデザイナー)でレゴシティ合衆国さんからいただいたヘリの設計図を立ち上げたものです。
細かい差異はありますがほとんど変わりません。ちょっとした偵察、輸送に便利そうですね。
自分の設計したもの? そのうち作りますよ・・・
スポンサーサイト

十二年式連装高射機関砲

20mm Twin Barrels Anti-Aircraft Machine Cannon 12th Year Type

【開発経緯】
航空技術が遅れている民主連邦軍にとって、対航空機戦略は欠かすことのできないものである。他国と戦争状態に入ると同時に敵航空部隊が首都を爆撃、炎上、降伏という事態は何としても避けたい、閣僚一同がそう思っていた。

しかし民主連邦軍には旧式の地対空ミサイルしか存在していなかった。その兵器は即応性はまだしも、不発、暴発が多くまったく信頼性に欠けるものであった。将兵からは嫌がられた。

しかしそうそう新規開発できない状況があった。電子装備全般に疎い民主連邦の技術では対空兵器の頭脳ともいえるレーダーにおいて満足できるものができなかったのである。

そこで陸軍は世界屈指の電子機器を持つ隣国、アストメリア共和国に目を付けた。既にアストメリア共和国で退役していた対空兵器をライセンス生産することを提案したのである。

計画は滞りなく進み、2か月という速さで量産型が完成、さっそく国境に回されたのである。

十二年式連装対空砲
武装:30mm機関砲*2

退役した兵器にも関わらずその性能は目覚ましく、射程距離内なら敵機を寄せ付けない威力を見せてくれた。

「えっ・・・これで退役?」将兵たちは皆このようにいい、隣国の軍事力に思いをはせたのであった。

国境にての運用
国境に優先的に配備された。愛称は「ポポカノン」である。

射撃
射撃の様子。オリジナルである外付けのマガジンは10kgと重く、取り扱いが大変である。



【開発後記】
アストメリア共和国さんからいただいた設計図から立ち上げたものです。完全ライセンス…というわけでもなく、こちら側のパーツ的都合により一部変更させていただいてます。

しかしかっこいいですね。自分じゃ作れない・・・


プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR