スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下司令部

CJiMdtvUMAAxTzN.jpg
Democratic Union Army Underground Headquarters

【概要】
民主連邦陸海軍が備えた奥深くにある地下壕である。
有事の際はここに陸海軍の首脳達が集い、戦争計画を練る。
その重要性と機密性のため、首都プノンペンネの何処かにあるという以外、ごく一部の将兵以外には知らされていない。
内部はとても入り組んでおり、網の目のように部屋や通路が連なっていると言われている。
その入り口出口は首都全体に渡っていると噂されるぐらい広大な施設である。


【開発経緯】
民主連邦軍の高官達にとって、最も重要な論題は身の安全であった。
もちろん蓄財もそれなりに最大の関心を持たれていたが、命あっての金である。
彼等は贅沢もそこそこに、何よりも死なない事を重要視していた。

そんな陸海軍のエリート達にとって、従来の陸海軍省は安全性が保障できないと考えていた。
いずれの建物も荘厳な作りであったが、とてもテロや爆撃に耐えられるとは思えなかった。
もちろん平時の際は市民に威厳を示せるからそれでいい。
しかし有事の際に最高の軍首脳達がそこに籠って戦争計画を立案するのは、リスクが高い。
テロや爆撃に晒される危険性があった。
そこでより安全で、より秘密な施設を作るべきではないかと考えたのである。

P1010533.jpg
〈海軍省外観。贅沢な建物であった〉

P1010297.jpg
〈陸軍省内観、陸軍大臣室。贅沢な作りであった〉

末端の兵士や人民のことはあんまり気にかけない大統領以下高官達も、自らの安全のためならカネと手間を惜しまなかった。
ということで早速首都プノンペンネの地下を土竜のように開削する作業がひっそりと、しかし大々的に始まったのである。
まさに土建国家万歳的な政策は、数年に渡る建設期間と莫大な費用をかけて行われた。
予算は非民主主義的国家らしく、誤魔化しと粉飾がなされ計上がなされなかったので総額は不明である。

また時間がやたらとかかったのは、機密性を重視するため主な作業を夜間に極秘で行っていたためである。
そのため一時期のプノンペンネでは、夜中に地面に聞き耳を立てると、明らかに振動していたと言われる。
疑問を持たれるのを嫌がった政府は、夜間に憲兵を彼方此方に配置して、暇そうにしている人間を片っ端から取り締まった。
昼間にやむを得ず作業する場合は、下水道や電話線の工事と粉飾をかけてなされた。

涙ぐましい努力を以て機密性を保ちつつ、何とか使用可能な状態に持っていったと思った政府並びに軍であったが、諸外国の諜報機関はかなり正確にその計画を捉えていたと言われている。
何しろ首都プノンペンネの複数場所から、尋常じゃない量の排土が目撃されたためである。
また大々的な工事だったため、将兵を大規模に動かした事も、ばれる要因に繋がった。
政府や軍がポンコツである民主連邦では仕方のないことなのであった。

そういった状況のため、機密を保全しようと現在も新しい通路や部屋を付けたし作られ続けているようである。
しかし新しい施設を作り、結局その様相が露見し、その対策にまた新しい施設を改築するといういわばいたちごっこのような状況に陥っている。
この地下司令部は今も労力と費用を底なし沼のように飲み込んでいるのだ。


【性能】
ごくたまに政府が発表する報道写真では、作戦指令室/大会議室の様子が写っている。
この部屋は見た目から頑丈であり、驚異の強靭性と耐久性を備えている。
地下数十メートルに位置するため、爆弾の直撃を受けてもびくともしない。
また別室には発電室を複数設けており、空気も自己生産できるようになっている。
有事の際や定例合同会議の際はここに大統領や陸海軍首脳部が集う。
ちなみに文官はその存在を知らないものがほとんどである。

CJiKDE2VAAA7pp1.jpg
〈立体地図を用意して作戦を討議する高官たち。部屋に入ることができる人間は極めて限られる〉

DSC_0403.jpg
〈同盟国の首脳会談もここで行われる。写真は民主連邦大統領とアストメリア共和国首相〉

階級配列
〈同盟国との合同作戦会議でもここが使用される。民主連邦軍だけでは不安なのである〉

ちなみに官僚主義に凝り固まった民主連邦軍らしく、陸海軍で勝手に別個で増築している状況である。
両軍の区画は分かれており、一方から一方に移る時は事前連絡と身分証明が必要だという。

CJiOMUuUsAA2iC3.jpg
〈大統領自ら行う布告もここでなされることがある。威厳があるように見えるからいい施設である〉

スプロール現象的に広がっていく地下司令部は、制御不可能な規模になっている。
例えば水道工事の際に、間違えて地下通路に穴を開けてしまう事故は年10件を下らない。
おそらく行政側もどこに何があるのかそろそろ把握できない状況になっているといえよう。




【開発後記】
兵器というよりはジオラマに近い作品です。32*16のジオラマです。
黄色ブロックが余ったので作ってみました。
これで作戦会議シーンとか撮ると雰囲気出るんですよね。
こういうドラマ性を持たせる小道具、なかなか作ってて楽しいです



スポンサーサイト

十五年式軽装甲車ウェリテス

C69zotyU4AALX1h.jpg
15th Year Type Light Vehicle Velites


【概要】
民主連邦陸軍にて運用されている軽装甲車。
安価で量産性も高いことから、多く配備されており、機甲部隊の数的主力を担っている。
その頼りない見た目から期待される通り、絶妙な打たれ弱さと攻撃力不足が特徴である。
小銃弾程度なら跳ね返すことができるが、重機関銃まで行くと少し怪しい程度の防御力を持つ。
当然ながら将兵たちからは車輪がついた棺桶呼ばわりされている。

しかし後方警備や治安維持ではそれなりに使え、一応は装甲車両なのでそれなりに重宝されている。
本車両は民主連邦陸軍が行く処どこでも見られ、戦い、そして戦場に骸を晒しているのである。


【開発経緯】
民主連邦陸軍ほど機械化に無関心であった軍隊は世界広しと言えどもなかなか無かったであろう。
陸軍上層部は歩兵こそ戦場の主役と信じていたし、その充活こそが勝利の鍵であると疑わなかった。
結果として歩兵火力が異常に高く、砲兵火力はまぁまぁ、そして機甲戦力は皆無という歪な組織となっていた。
彼等は妄想の戦場を想定し、卓上の戦略と立てていた訳である。

その代償はたっぷりと払う事となった。
勢いと虚勢だけはあった民主連邦はたびたび権益拡張のため侵略行動を繰り返したが、哀れ大抵の場合遠征軍は現地で袋叩きにされて帰ってきた。
歩兵部隊だけでは近代戦争を遂行するにはあまりにも脆弱で、あまりにも遅かったのである。
別に直接血を流しているわけではない本国の陸軍高官達もその現実に気付いたのであった。

戦訓を分析した結果、問題の一つとして機甲戦力の不足があることが指摘された。
当時機甲戦力の中心は、鉄の棺桶と名高い十三年式主力戦車であったが、脆弱な割にコストがかかったため前線に十分な数が行き渡っていなかった。
その穴埋めとなるべく開発されていた十二年式重装甲車も戦車の代替という性格が強く、決して安価なわけではなかった。
もっと安く、手軽に運用でき、歩兵部隊を掩護する装甲車が求められたのである。

そこで、陸戦兵器の開発を一手に担っていた軍需企業、銀星重工に早速開発指示が出された。
要求仕様書は例のごとく分厚かったが、主な点は以下の通りであった。
・小型かつ軽量にして良好な機動力を有する装輪車両とする事
・敵歩兵もしくは敵陣地を制圧するために回転式砲塔を有し、武装を軽砲もしくは機銃とする事
・生産性を重視した簡便な構造とすること

銀星重工は以前から有象無象の駄作陸戦兵器をいろいろと開発製造していたため、手慣れたものであった。
要求仕様書をそつなくこなし、試作車は開発指示から半年後に早くも姿を現したのであった。
高官達が集った試験場でも、試作装甲車は問題なく動作し、大過なく生産されることになった。
ただし試作型は機銃搭載型と軽砲搭載型が存在したが、後者は排煙が酷く、一発撃つごとに乗員が酸欠で死にそうになったので、機銃搭載型のみ採用されることとなったのであった。

銀星重工は製造設備も充実していたため、生産指示が出されて早急に諸部隊に納入された。
前線部隊には大量の本車が送られることとなり、すぐに機甲部隊の中軸となったのである。
その真価が試される時は予想以上に早く、早速紛争耐えない華南地域に送られることとなった。


【性能】
本車両の最大の特徴は生産性の向上のためにいろいろと割り切った構造であろう。
銀星重工は慣れた手つきで無慈悲にもかなり徹底した機能の縮小化を行った。
例えば、従来全ての装甲車両に搭載されていた無線機は本兵器には搭載されていない。
他にも発動機周りを当時生産していた民生用自動車と同一のものにする等、なるべく楽に作れるようにしていた。
そのため、この哀れな車両は始動する時、前面のハンドルを回さなければならなかったのである。
ちなみに発動機の馬力はわずか50hpであった。

CikvDdOVAAAr1Se.jpg
〈搭載されている発動機。馬力が弱く時代遅れであったが、とにかく頑丈で簡易な構造だった。〉

CwNqnTIUsAAbTty.jpg
〈まさかの手動スターター。クランク棒は本装甲車で標準装備されている。〉

既にあった十二年式重装甲車リクトルと比較して重量が半分程度であったため、本車両は「十五年式軽装甲車ウェリテス」という正式名称を賜ったのであった。ウェリテスは共和政ローマ期の軽装歩兵である。
「装甲車」という名前だが、装甲は脆く、ありとあらゆる対戦車兵器に太刀打ちできなかった。
対戦車兵器どころか、口径13mm以上の重機関銃に撃たれても場合により貫通したぐらいである。
特に旋回式銃塔部分はコンパクトにしたため限りなく装甲を削っており、最も脆弱であった。
それでも小銃弾は弾くので、生身の肉体よりは安全である。

CwNqmzfVMAABYkL.jpg
〈後部には乗り降り用の大きなハッチが存在する。当然ながらここも弱点だ。〉

十五年式軽装甲車の唯一の武装である13mm機関砲は全周旋回できる銃塔に載せられていた。
内部は激烈に狭く、また車長が銃手を兼任するので、なかなか大変な仕様である。
車長は足元にあるフットペダルを用いて銃塔を回転させるというなかなか面白い方式である。
なお13mm機関砲自体は敵歩兵や軟目標に対し効果的であり、割と好評であった。

C69z4XCV4AEQIGT.jpg
〈銃塔装甲部分は外すことができる。如何に狭いかが一目でわかる。〉

CikvBC1UgAAi17_.jpg
〈13mm機関砲。歩兵部隊が用いる7.7mm機関銃は威力不足であったため、重宝された。〉

CwNqmW5UMAA1O2q.jpg
〈予備弾倉ラックは側面スペアタイヤの下に備え付けてある。ここを狙って撃つと爆ぜる。〉

防御上数えきれないぐらいの問題点があったが、高い量産性がそれを誤魔化し、一線級部隊から後方治安維持部隊まで様々な陸軍部隊、地域、役割で運用されることとなった。
民主連邦の将兵たちはこの車両と苦楽を共にし、時には死を分かち合ったのである。


【運用】
従来民主連邦軍においてそれなりに装甲車は貴重であったため、車長は下士官もしくは将校が務めていた。
しかし本車両の高い生産性と2人乗りというコンパクト性は、下士官以下ですら車長になった。
また、実戦力はともかくとして数的には大幅に保有車両数は増加したため、今まで難しかった機甲戦力の集中運用が可能となったのである。

C69zni4U8AENsSp.jpg
〈基地にて待機する十五年式軽装甲車群。民主連邦では多く見られる光景だ。〉

最前線においても十五年式軽装甲車は多用されたが、やはりその装甲の薄さは致命的であった。
敵対軍閥が用いる対戦車ライフルや速射砲によって、どの角度からも大体はボコボコにされた。
当初は兵士達も対応に苦慮し、脆弱箇所に装甲板を張り付ける等して対処していたが、そのうちどの方向からも大体撃ち抜かれることが判明したため、乗員達はもがくのをやめお札やお守りを車内に持ち込むぐらいしかやることがなくなった。

3oZmDXLi.jpg
〈市街地にて歩兵部隊と共闘する様子。歩兵達にとって最も身近な装甲車だった。〉

CwNqnwgUkAAmkYn.jpg
〈十三年式主力戦車改との比較。一回り小さいが、どちらも弱いことには変わりはない。〉

しかしどれだけ酷使されても動く高い耐久性や簡便な構造は、前線部隊にありがたがられている。
日々不条理にもがく民主連邦兵達は、感謝と侮蔑の矛盾した思いを抱きながら本車両に対し、「車輪の付いた棺桶」と愛着を持ちながら呼称しているのである。

C69z27TU8AAzd6K.jpg
〈前線に赴くウェリテス。後ろからの様子はロマンに満ち溢れている。〉




【開発後記】
1920年代の装甲車を念頭に置きつつ、作ってみたやつです。
そこはかとなく漂う頼りなさとブリキ感を狙ってみました。
人や機関砲が乗りつつコンパクトな回転式銃塔を製作するのは初めてでしたが、なかなかうまくいって満足です。
これもお気に入りの作品ですね。





撃Ⅱ型戦闘機サウニオン

C6PONs9UYAEya8_.jpg
Type Ⅱ Interceptor Saunion


【概要】
民主連邦陸軍航空隊が誇る小型の要撃戦闘機。
撃Ⅰ型グラディウスと比較して、高速性と重武装に特化している。
特筆すべきは推進式という極めて野心的な機体を持つことである。
その機体形式は良くも悪くも(大体は悪くも)本機の尖った性能を生み出した。
価格や整備性の観点から、本機はごく一部の部隊にのみ配備されているが、その未来的な外観から人気は高く、陸軍航空隊に於いてたびたび人民に向けて喧伝されている。


【開発経緯】
民主連邦における航空技術にとって、撃Ⅰ型グラディウス戦闘機の成功は大きな変革をもたらした。
他国からのライセンス生産とはいえ、今後の規範・スタンダードとなったのである。
撃Ⅰ型は陸軍航空隊の中心を占め、あらゆる戦場で姿を現す戦闘機であった。

C0MvLdlUoAAkyCV.jpg
〈前線飛行場にて出撃を待つ撃Ⅰ型グラディウス戦闘機の様子。〉

そんなグラディウスは、軍需企業の最大大手である銀星重工が生産を司っていた。
その一方、民主連邦には他にも軍需企業が存在した。海王自動車と赤星発動機がその代表である。
両企業は戦闘機に関しては未経験であり、グラディウス製造の下請けをやっていたのみであった。
当然ながら両社はその状況を肯定せず、独自の軍用機を作る一心で機会を虎視眈々と狙っていたのである。

先に抜け出したのは海王自動車であった。
そもそも海王自動車はやたらと早くやたらと燃費の悪くてかっこいいスポーツカーを製造する自動車メーカーであったが、その無駄に高い技術力を生かして陸戦兵器を中心とした設計生産をおこなっていた。
その主任設計者フェルナンド・ポルッシェ博士は、精力的な独自交渉により天ノ川皇国の最新鋭空冷発動機(1200hp)のライセンス生産権を入手したのである。
その背景には航空技術の発展を狙った軍兵器局による甘めの裁量があったといわれる。
いずれにせよ銀星重工に対抗できる発動機を入手した海王自動車は独自の軍用機を試作することにした。
しかも野心的なポルッシェ博士の強い要望もあり、いきなり作るのは一線級の戦闘機からである。
海王自動車設計陣は撃Ⅰ型戦闘機にとって代わらんとする新型戦闘機を目指したのだ。

C6PutnmU0AE2rnm.jpg
〈天ノ川皇国からライセンス生産を果たした「アリエルA型」星型空冷発動機。極めて強力だった。〉

撃Ⅰ型は汎用性が高く優秀な戦闘機であったが、徐々に不足点も前線から指摘されていた。
主な問題点として挙げられていたのは航続距離の短さ、そして武装の貧弱さである。
それらの改善を踏まえ、海王自動車は特に高速性を重視した設計にすることにした。
スピードに拘るあたり、やはり彼等は生粋の走り屋であり、自動車会社であった。
ポルッシェ博士は「最高速度でグラディウスを100km/h以上凌駕する」と豪語。まさに野心の塊であった。
そんな海王自動車に対し、それなりに興味を抱いた民主連邦軍兵器局は、新型戦闘機の開発予算並びに試作機生産の補助金を珍しく気前よく与えたのであった。

稀代の天才設計者にして独創的思考の塊であったポルッシェ博士は、機体配置として何と推進式を採用した。
試作機生産の下命を出してから半年後、兵器局の高官達は海王自動車で木製モックアップを見学した。
そのあまりに特異な機体に驚愕し、何名かは失神し、残りの大部分はそもそも飛ぶのか懐疑的であったという。
喧々諤々の高官達に対して、ポルッシェ博士は推進式のメリットを滔々と述べた。
・洗練された胴体になるため、空気抵抗が少なく高速性を発揮できる
・コクピット周りが広くとることができ、特に前方視界が良好である
・機首に大口径機銃を配置することができ、重武装かつ命中率の向上が見込まれる
などであった。
理路整然とした説明に、兵器局の高官達もなんだかよくわからないけどまぁいっか!と開発続行を指示した。

そして更に半年後、ついに試作機は首都プノンペンネ近郊の飛行場にて姿を現した。
未来感溢れる銀色に輝いた推進式の機体は、見学しに来た軍高官達を唸らすものがあったという。
その期待は飛行場から飛び立ち、澄みゆく青空を飛翔しても裏切られることはなかった。

最高速度は撃Ⅰ型を優に100km/h超える600km/h以上を叩き出した。
上昇・加速性能も申し分なく、また武装も大口径機関砲(20mm相当)の搭載に成功していた。
まさにポルッシェ博士は当初の大言壮語を実現したのである。
それは海王自動車の技術力の高さを証明するものであった。

後に撃Ⅰ型戦闘機と比較検討し精査した所、旋回性能以外はほとんど勝っているとされた。
問題となったのは製造コスト(撃Ⅰ型の2倍程度だった)だったが、高性能ぶりに十分元は取れると判断された。
性能にいたく満足した陸軍航空隊は早速本機を正式採用、「撃Ⅱ型サウニオン戦闘機」の名称をつけ、海王自動車に逐次量産を命じたのであった。量産1号機は2カ月後に前線部隊に配備される。
前線部隊の将兵たちはその先進性と空想科学じみた本機の姿に民主連邦の未来を感じた。
もちろん、これでそのまま終わればよかったのだが、ここは駄作兵器が跳梁跋扈する民主連邦である。
当然配備されてすぐ後に様々な問題が噴出することになるのであった。


【性能】
推進式という野心的な機体選択は、ある程度の成功を収めたのは間違いない。
事実本機は当時民主連邦軍が保有するどの軍用機をも凌駕する速度であった。
ひたすらに速度を求めた自動車会社の面目躍如といったところである。
また武装も申し分なく、大型機に対する20mm翼内機関砲、そして機首の13mm機関砲は中心軸に沿っていたため命中率が良く、パイロットの多くから好評を得たのである。
他にも一体型曲面キャノピー、改良された照準装置や無線機等、様々な新機軸が盛り込まれていた。

C6PNtC6U8AIcFri.jpg
〈連邦の空を飛ぶサウニオン戦闘機。流線形を基調とした美しいラインがそこにはある。〉

C7W2QWfUwAAxHb0.jpg
〈広々としたコクピット内部。操作機器周りはかなり洗練されていた。〉

C6PNt16U8AEsNhZ.jpg
〈横からの様子。ライセンス元ではもともと爆撃機用の発動機だったため、かなり大型である。〉

本機はその高性能を鑑み、まずは首都の最精鋭防空部隊から配備されることが決定された。
もっとも、やたらと高価でやたらと複雑であり、また海王自動車の生産体制が不満足な規模であったため、量産当初の予定と比較して遅々として進まなかった。
それでも「アリエルA型」星型発動機を銀星重工や赤星発動機に生産を一部肩代わりしてもらう等して、どうにか量産体制は軌道に乗ったのである。
まとまった数が供給できるようになったのは試作機量産が半年後である。

C7W1BweV4AAjV2T.jpg
〈溌溂と空を飛ぶ撃Ⅱ型サウニオン。翼内には必殺の20mm機関砲が搭載されている。〉

栄光に輝いたサウニオンの名声。しかしその一方異変は着実に前線部隊にて起こり始めていた。
配備されてからしばらく後、衝撃的な報告が陸軍航空隊司令並びに兵器局へ舞い込んだ。
一か月で配備されたサウニオン戦闘機のおよそ半分が事故で損耗していたのである。
更に残り半数の機体も整備にてこずり、現在飛行可能な機体はわずか30%に過ぎなかった。
幾人かの将校が失神し休職する中、兵器局は前線部隊の将兵たちに聞き取りを開始した。

操縦員達は異口同音にその操縦の不安定さを口にした。
推進式の機体はいきなり失速するという厄介極まりない状況を引き起こしていたのだ。
わけもわからないまま失速する上、脱出しようとすると後ろのプロペラに巻き込まれる事故が多発していた。
既にパイロットの間では「全自動挽肉生産機」という極めて有り難くない名前が冠されていた。
後にこの問題は修正され、脱出時は火薬カートリッジにより発動機ごと後方に脱落させる方式が採用された。

地上作業員達は発動機の信頼性が絶望的であることを次々と兵器局に伝えた。
機体の後ろにあるため、発動機の冷却が不完全であり、最悪の場合文字通り「止まる」代物だったのだ。
それを防ぐためには頻繁な整備点検が必要であり、その信頼性の無さは24時間に1回の整備が前線飛行場にて義務付けられるほどであった。
もちろん、それは発動機自体のせいではなく(ライセンス元の天ノ川皇国軍では、むしろ故障が少ないと称されるぐらいだった)、根本的な機体構造の欠陥にあったのだ。

海王自動車は極めてデリケートなチューニングに優秀な作業員を擁していたため、噴出する問題に気が付かなかった。
後に以上の問題点を踏まえた改良型が現在の生産機になっているものの、根本的な問題は推進式の機体構造にあるのだから、あまり状況は変わっていないといえる。
ある海外の軍事評論家は「レースカーの理論をそのまま持ち込んでしまった失敗兵器」と評している。

【運用】
操縦や整備に重篤に問題がある本機ではあるが、カタログデータ上ではかなりのスペックであるため、一応正式な迎撃戦闘機ということで今日も民主連邦の空を元気に飛び回っている。
しかしそもそも調達費用が高価であり、またパイロットに高度な技術が要求されること、整備保守要員が多くとられることから一部の航空部隊(首都をはじめとする重要拠点等)にのみ配備されている。
配備数はグラディウスと比較して、極めて限定的である。
また、本機の数ある欠点の一つに、機体バランスの異常からやたらと降着装置が破損するというものがあり、整備された上位の飛行場にしか発着陸できず、更に配備先を狭めているのであった。

C6POOptVMAAy_sU.jpg
〈問題の降着装置。僅かな振動で根元から折れ胴体着陸を余儀なくさせるお茶目な代物である。〉

C7W1BJPUwAEXdVW.jpg
〈多発する離着陸事故。もはや見慣れた風景であった。〉

それでも現在のところ民主連邦陸軍航空隊で最も能力が高い戦闘機であることには変わりがない。
慣熟した操縦手が一撃必殺を念頭に扱えば撃Ⅰ型グラディウスより強力な迎撃力を有するのである。
撃Ⅰ型とⅡ型はいわば民主連邦でのハイローミックスと言えることもできるだろう。
もっともその半分は欠陥機で構成されているのだが。

C7W1AY0VAAAHXJz.jpg
〈飛行場にて並ぶ撃Ⅰ型とⅡ型。大体同じ大きさだ。〉




【開発後記】
天ノ川皇国のぬぬつきさんからいただいた発動機があまりにも雰囲気が良かったため、発動機剥き出しの推進式戦闘機を作ってみました。
推進式の戦闘機はかっこいい発動機が映えるのです。
モデルはSaab21とか閃電とかXP54とかいろいろな推進式戦闘機を参照しつつ楽しく作りました。
理想は高いけど、現実に打ちのめされる設定こそ、推進式戦闘機が醸し出す試作機感にふさわしいと思うのです。














十六年式特殊弾頭迫撃砲

C02KEd1UkAAgiNT.jpg
16th Year Type Tactical Nuclear Recoiless Gun

【概要】
民主連邦陸軍が少数配備・運用する大型の無反動砲。
極めて特殊な弾頭…すなわち核弾頭を歩兵部隊が発射するために作られた。
とどのつまりは核兵器なのである。
ある意味民主連邦軍の無神経さを最も端的に表した兵器と言えるだろう。
一応は通常弾頭を使用し、普通の重迫撃砲としても運用はできる。


【開発経緯】
世界各国の軍隊の中でも民主連邦軍ほど倫理観にかけた軍隊はないであろう。
この恥知らずの軍隊は、化学兵器を堂々と保有していたし、そのことを公言すらしていた。
国軍にとって最優先は戦闘を少しでも有利に進めることであり、また民主主義国家でもないため体面を繕う必要すらなかったのである。

そんな国が頂点にして究極的な兵器である核兵器に手を出すのは無理もない問題であった。
既に民主連邦海軍では核兵器を運用しており、陸軍が運用するのも時間の問題であった。
どうしようもない基礎技術力の低さは、隣国であり同盟国であるアストメリア共和国の高水準な技術力によって非公式に支えられ、民主連邦は核技術に関しては先進的に特化した歪な軍隊であったのである。

民主連邦陸軍は慢性的な火力不足を自覚しており、その対処法として手っ取り早く核兵器を運用することを考え付いた。
歩兵部隊や砲兵部隊は、機械化の遅れから軽量な砲を中心としてせざるを得ず、不徹底な砲撃から甚大な損害が突撃部隊に出ていることが従来から指摘されていたためである。
そこで陸軍兵器局は敵前線に大穴を開ける程度の戦術核兵器の配備を思いついたのであった。
歩兵部隊が運用できるような、軽量で簡易な核兵器が欲しかったのである。
当然ながら、そんな極小サイズの核兵器の開発なんて民主連邦では土台不可能であったため、いつもの通りにアストメリア共和国の最先端軍需企業、STUD SYSTEMS(以下SS社)に非公式で依頼することになったのであった。

野砲
〈陸軍で平均的な火砲である75mm歩兵砲。当然ながら低威力であった。〉

誉れ高いSS社開発陣は恐ろしい技術力を見せつけ、わずか半年で核兵器の小型化とその発射装置の試作に成功した。
試作兵器は民主連邦に持ち帰られ、核弾頭の使用も含めた実験が行われたが、それは凄まじい威力だった。
ただし民主連邦軍の末端兵士は核兵器なんて知る由もなく、実験に参加した多くの兵士が過剰に被爆したという。
いずれにせよ、この実験結果に狂喜した民主連邦高官達は早速量産を指示したのであった。

C02GrCgVIAA9PhH.jpg
〈試験場にてその破壊的な威力に呆然とする兵士達。ガイガーカウンターは鳴りっぱなし。〉


【性能】
核弾頭は炸裂した地点から半径300mの人員を即死させる威力を誇る。
この限定的な高殺傷力により、敵の塹壕含める防御地点を一挙に無力化させるのが目的であった。
ちなみに核弾頭はすべて輸入により手に入れており、その保管施設までもSS社によって構築されたという。
なお前線部隊に配備したところ、末端の兵士達が木箱に本弾頭を入れて保管し、放射能漏れするケースが幾たびもあったため、現在はその保管用の箱までもが特注で輸入されている。
唾棄すべき極めて特殊な弾頭を使用する以外は、少々大きな無反動砲といったところである。

C02KFMEUAAEx0So.jpg
〈発射地点に就く兵士達。彼らの多くは既に汚染されている。〉

C02NG2DUUAAlQZf.jpg
〈核弾頭が納入される様子。末端の兵士は放射能に関する知識を持ち合わせていなかった。〉


【運用】
歩兵部隊が使う一方、弾頭の保管や調達が難しいため、一部の部隊しか保有していない兵器である。
調子に乗った民主連邦陸軍は一人用の戦術核弾頭発射機までも試作したが、射手の安全上数百メートルもの遠距離に飛ばさないといけない機構を持たないといけないため、とても重くなってしまいあまりにも実用的ではなかった。
また放射能漏れも酷く、非人道的なことに定評のある民主連邦ですら試作兵器どまりで終わったのであった。

C02KMbwUQAAK0MO.jpg
〈試製個人用核兵器。重すぎて射手がよろめき、自爆しかけたので中止となった。〉

流石の民主連邦陸軍も未だにこれを戦場で用いたことはない。国際的非難は必至だからである。
ただし本国が侵略される等、危急存亡の事態には容赦なく用いられるであろうと考えられる。
そうなった場合、敵も味方も苦しむことは必至であろう。




【開発後記】
アストメリア共和国のポポさんに作っていただいたデイビークロケット的な戦術核兵器です。
省略されたパーツで大変かっこいいですね。
1950年代後半から60年代前半の核兵器をとにかく多用するロマンと滅亡間近あふれる世界が大好きです。
個人用核兵器は露骨にフォールアウト4の影響とか受けています。

十二年式重機関銃

CgkR2o9UgAAbfhl.jpg
12th Year Type Heavy Machine Gun


【概要】
民主連邦軍が配備する制式重機関銃。誉れある国産兵器である。
口径は7.7mm。既に配備されていた七年式歩兵銃改と同じ弾薬を使用する特徴を持つ。
歩兵部隊の頼れる相棒であり、万年火力が足りない軍を支える存在である。
ただしとてもとても重い。弾薬も含めると更に重い。


【開発経緯】
民主連邦軍の根幹を通底する思想は精神主義、そして銃剣主義であった。
例えどのような防御陣地であろうと、精兵による鋭い銃剣による突撃は万難を排すと考えられていたのである。
諸外国から見れば顧みられもしない遅れた発想であったが、当の本人達は極めて真面目であった。
勿論そこには末端の一兵士の居場所は存在しないのであった。

しかし数度に渡る華南共和国内での戦闘は理想を打ち砕き、19世紀的ロマンを粉砕した。
そこは現実が支配する戦場であったのである。
劣った戦略を持つ民主連邦派遣兵達は泥の中にのたうち、銃弾になぎ倒され、骸を晒した。

敵対する軍閥勢力の中で最も猛威を振るったのは機関銃であった。
特に口径12mm相当の西方の国から輸入された重機関銃は破壊的な性能を持ち、唸る作動音を聞くだけで民主連邦兵を震え上がらせた。
この恐ろしい重機関銃は歩兵突撃を粉砕するだけでなく、貫徹力の高さにより装甲車両さえ葬ることができたのである。

P1010627.jpg
〈重機関銃により破壊された民主連邦陸軍装甲車両。背面ならば十分に撃破することができた。〉

以上の散々たる結果を鑑み、民主連邦兵器局は歩兵部隊が使用する機関銃の配備を大慌てで決定することにした。
そして早急に大量に数が要り、恒久的な整備が必要なことから、国産にすることも併せて決められたのである。
いつものように陸戦兵器に定評のある銀星重工に出された「新型機関銃」の要望書の大枠は次のようであった。

・補給上の観点から歩兵銃と同様の弾薬を使用すること
・銃身の長寿命化を狙い水冷式にすること
・安定した射撃を可能とするため三脚式にすること
・2~5名の歩兵で運用できるよう三脚を折り畳み式にし、重量を抑えること

この要望は特に精密技術に劣る民主連邦工業力ではなかなかに野心的なものであった。
つまりはコンパクトな機関銃が出来ない訳であったため、必然的に重機関銃となった。
そして工作精度も全体的にあまりよくなかったので、量産しても不良が出にくいように余裕を持たせて設計し、更に重くなったのであった。
様々な他国の様々な機関銃を参考にし、場合によってはパクリつつ、銀星重工開発部は何とか半年後に試作品を兵器局に提出したのであった。
兵器局は満足し正式に量産を開始、兵士の受難はここから始まったのである。


【性能】
本機関銃は量産性と整備性に振り切って設計されたため、信頼性は極めて高かった。
本国の熱帯雨林、華南共和国の峻険な山岳地帯や極寒の戦場、どのような場所に運び据え付け射撃しても滅多に故障しなかったという。もちろん他の兵器は頻繁に故障したが。
前線の兵士達はその無故障性に喜び、「唯一の友人」「戦友が動かなくなってもこれだけは動く」等と絶賛された。
また、歩兵銃の弾薬を使用する設計も好評であり、兵站上の問題を劇的に解決した。

CgkR6J0U0AAx7w7.jpg
〈射撃を敢行する民主連邦兵。本機関銃は2名ないし3名で運用された。〉

十二年式機関銃最大の問題はやたらと重量過多なことであった。
重量の主な要因は銃身であった。巨大な外筒が纏わりついていたためである。
外筒には銃身を冷やすために水がたっぷり入っており、それがさらに取り回しを低下させた。
民主連邦の未熟な工業力は熱に耐える特殊鋼の量産もままならなかったのである。
結果としてなるべく負担を与えないように外筒が巨大化したのであった。

CgkR73LU4AAtf1D.jpg
〈3名で運搬することができた。どのパーツも30kg程度あって足腰を効率よく痛めることができる。〉

CgkR4dvUYAAhv1z.jpg
〈射撃状態の様子。本機関銃はベルト式給弾が主であった。〉

他にも射撃手が照準で狙うと左手で引き金を操作せざるを得なくなる、でかくて目立つ等細かい欠点はたくさんあった。
初の国産機関銃上いろいろと致し方ないことであったのである。


【運用】
十二年式機関銃は急ピッチで量産され、歩兵20名につき1挺という割合で配備された。
これにより、民主連邦陸軍歩兵は飛躍的に火力が高まったといえよう。
歩兵火力だけはやたらと高い軍隊だったのである。

一個大隊
〈歩兵20名で重機関銃が1挺配備された。この数が民主連邦陸軍の基本単位である。〉

一方で派生型は多くなく、ほとんどが歩兵部隊によって使用された。
装甲車や飛行機の防御機銃にする案もあったが、とにかく重く取り回しが良くなかったので敬遠されたのである。
ただし、即席でたびたび本機関銃が輸送車両や貨車に取り付けられている例はしばしばみられる光景である。

CkEazIqWkAE4mHe.jpg
〈四輪自動車に備え付けられた十二年式機関銃の例。取り回しは凄く悪いはずである。〉




【開発後記】
たった数パーツだと製作したとは微妙ですが重機関銃です。
兵員に一定割り当てる感じがいいです。やはり近代軍隊の基本ですからね!



プロフィール

けーにっひ

Author:けーにっひ
駄作兵器と失敗兵器と旧兵器が大好きな人。
ロマン溢れるいろいろと歪んだ兵器をレゴで作るのが趣味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。